IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ずから始まる食べ物は何がある?ずで終わる食べ物もあわせて紹介

更新日:2022年11月21日

言葉の意味・例文

ずで始まる食べ物にはどんなものがあるのか、疑問に思っている人はいませんか。この記事では、ずで始まる食べ物やずで終わる食べ物について紹介します。しりとりで勝てるようにしたい、ずで始まる言葉を覚えたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「ずから始まる食べ物ってどんなものがあるの?」 「ずで終わる食べ物も教えてほしい」 このように、食べ物の名前についてちょっとした興味や疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 本記事では、ずから始まる食べ物やずで終わる食べ物について、メジャーなものからマイナーなものまで紹介します。日本国内で食べられているものだけではなく、世界各国で食べられている珍しい食べ物も紹介しています。 この記事を読むことで、ずから始まるまたは終わる食べ物について、どんなものがあるのか理解することができます。その知識をもとに、それぞれの食べ物を理解した上でしりとりで活用したりレシピの参考にできるでしょう。 食べ物の名前に興味を持っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

ずから始まる食べ物は?

しりとりなどをする際に、ずがついている言葉は少ないので考えるのが難しいという人もいるのではないでしょうか。逆に言えば、ずがついている言葉を多く知っていればしりとりでの勝率を上げることができます。 ここからは、ずから始まる言葉の中でも食べ物をテーマにして紹介します。中には海外の料理も含まれているので、ちょっとしたレシピ探しとしても活用してみて下さい。

ズッキーニ

ずから始まる食べ物としてまず思いつきやすいのが、ズッキーニです。一見するとキュウリの仲間のように思われがちですが、実際にはかぼちゃの仲間で、野菜の分類になっています。 そんなズッキーニは夏野菜の代名詞として調理されることが増えてきていて、油との相性がいいことから炒め物や揚げ物として食べられることが多いです。また、カレーやラタトゥイユに用いられる野菜としても定番になっています。

髄菜

髄菜(ずいな)は端菜とも書く植物で、希少糖の木と呼ばれています。春になると小さく可愛らしい花を咲かせることで知られており、呼称の由来ともなっている希少糖D-プシコースという糖を含んでいるところが特徴です。 ちなみに髄菜は若葉が食用としておひたしや和え物に用いられているようで、枝の芯はランプや行灯の芯として昔使われていました。知名度は低いですが、ずから始まる食べ物としてしりとりで使うことは可能です。

ズバイモモ

ズバイモモ(ネクタリン)は桃の一種で、ツバキモモやアブラモモとも呼ばれています。一般的な桃と比較すると果肉がしっかりいているので身崩れがしにくく、酸味がしっかりついた甘酸っぱい味が特徴です。 スモモに似ていますが味はしっかり桃なので、甘酸っぱい味を求める人におすすめとなっています。ネクタリンの方だとしりとりで負けてしまうので、注意が必要です。

ずいき

ずいきは芋茎、芋がらとも呼ばれている食べ物で、八ツ頭や里芋、葉柄専用に作られたハス芋の葉柄(葉と茎の間)を指しています。野菜として分類されていて、どの芋の葉柄を使用しているかで名称や含まれている栄養素が異なるところがポイントです。 主に煮物やきんぴらとして調理されることが多く、生のまま使うものをずいき、乾燥させたものを芋がらと呼びます。

ズワイガニ

ずから始まる食べ物で思いつきやすいものとして挙げられやすいのが、ズワイガニです。ずから始まる食べ物の定番のひとつで、冬の日本海で獲れるカニの一種として知られています。 ちなみに水揚げされる場所によって名称が異なり、越前ガニや松葉ガニ、コッペなどと呼ばれることもあります。食べる際には刺身として食べられるのはもちろん、鍋やてんぷら、焼きガニなどがおすすめです。

ズグエイ

次のページ:ずり
初回公開日:2022年08月15日

記載されている内容は2022年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング