IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「四季折々」の意味を解説|語源や類語のほか知っておくと便利な言葉も紹介

更新日:2022年08月31日

言葉の意味・例文

四季それぞれの特色を紹介できる言葉に悩んだことはありませんか?この記事では「四季折々」という言葉の意味や語源、それと同じように季節を表現できる言葉や、季節と入った言葉を紹介しています。季節を伝える語彙を増やしたいという方におすすめです。

「四季折々」の意味を解説|語源や類語のほか知っておくと便利な言葉も紹介

日本で生活するうえで切っても切り離せない四季。1年を期待させる暖かな春、スポーツに夢中になれる夏、芸術に力が入る秋、寒い中での楽しさがある冬。それぞれに素敵な特色があります。そんな四季を紹介するために、まとまった四季の表現を辞書を開いて探したことはありませんか? この記事では「四季折々」という言葉について紹介します。「四季折々」の意味や語源のほかにも四季に関連する言葉もいくつかピックアップして紹介しています。 海外からいらした方に対して、日本の風流な面を紹介する際に季節の話は欠かせないでしょう。文章中でもより美しく四季について伝える機会があるかもしれません。そんな時に「四季折々」という言葉やほかの四季を表現する言葉の意味を数多く知っていると役に立つでしょう。 四季の美しさを改めて見つめ直す機会に、記事を参考にしてみてください。

四季折々の意味

「四季折々」の読み方は「しきおりおり」で、その意味は「春夏秋冬のその時その時」です。春なら春、夏なら夏、とその季節ひとつひとつを指しています。

  • 四季折々の旬の食材

と表現した場合は、「春の旬の食材、夏の旬の食材、秋の旬の食材、冬の旬の食材」という意味になります。

  • 四季折々の楽しみ方をご紹介します。

という使い方をした場合は「春の楽しみ方、夏の楽しみ方、秋の楽しみ方、冬の楽しみ方」という意味になります。 「四季折々」という言葉ひとつで春夏秋冬すべてを含んだ表現ができます。文章がよりまとまり、すっきりとした印象を相手に与えられます。

四季折々の語源

「四季折々」は「四季」と「折々」の2つの言葉が合わさってひとつの言葉になっています。それぞれの意味を理解することで、その成り立ちをより深く理解することができます。

四季と折々のそれぞれの意味

「四季折々」の語源は「四季」と「折々」の2つの単語に分けて考えます。 「四季」は「春・夏・秋・冬」の日本の気候変化によって生まれる4つの季節を意味します。海外にも四季の違いがある地域はもちろんあるのですが、日本は温湿度だけでなく、気候の変化も四季と呼ぶ文化が生まれました。 「折々」は「その都度、その時その時」という意味があります。「徐々に、次第に」と物事の経過を持つ意味もありますが、その表現は副詞の時にあるものです。名詞としての「折々」は「その時その時」の意味として使うことができます。 上述の「四季」と「折々」の2つの言葉をつなげて「四季折々」という言葉、「春夏秋冬のその時その時」という意味になります。

四季折々の類語

上述のように「四季折々」には「春夏秋冬のその時その時」という意味があります。四季ごとの素晴らしさを伝えることができる表現ですが、そのほかにも四季に関する表現ができる言葉は数多くあります。 今回紹介する類語は「四季折々」と同じ使い方で文章中に組み込むことができます。「四季折々」の類語を知り語彙を増やすことで、四季の素晴らしさをより文面や会話などで素敵に表現できるようになるでしょう。

季節季節に(きせつきせつに)

  • 季節季節に見ごたえがある観光地。
  • 季節季節に行われるスポーツがこの街の特色です。

上述の例文のように「季節季節に」は「四季折々」と同じように使うことができます。 四季それぞれを意味する言葉として適切ではありますが、手紙の文中などに用いられる表現や普段使いには「四季折々」の方が広く浸透しているので適しています。

季節ごと(きせつごと)

次のページ:四季が付く言葉
初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング