IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「口説く」の意味と使い方とは|例文や類語・英語表現についても解説

更新日:2022年08月31日

言葉の意味・例文

普段何気なく使っている「口説く」という言葉は、「くどくど」「くどい」が由来だとご存知でしょうか。本記事では「口説く」の本来の意味について、様々な角度から紹介します。本記事を参考に正しい意味を知り、大切な場面で相手を「口説く」参考にしてみてはいかがでしょうか。

女性を口説いたことありますか?または営業先のお客様を徹底的に口説いたことはありますか?また反対の立場になって口説かれたことはありますか? これまで何気なく「口説く」という言葉を用いて表現して来たのではないでしょうか?「口説く」って、どういう意味合いが含まれているのでしょう? 本記事では、「口説く」の基本的な言葉の意味や使い方、例文や類義語、さらに英語での表現や、いわゆる口説き文句、フレーズをご紹介します。この記事を読むことで、これまでよりも踏み込んで「口説く」を理解できます。 これからはきっと「口説く」場面での考え方や想い入れの度合いが変わるはずです。背後に隠された大切な意味をくみ取り、熱い想いを相手に伝えてみましょう。是非とも相手から本物の「降参」を獲得してみませんか?

口説くの意味・読み方

口説くの意味・読み方

日常生活で「口説く」という言葉を使う機会は少ないでしょうが、シチュエーションによっては、意外に聞くことが多い言葉でもあります。 たとえば、男性が女性を口説く場合や、仕事に関して協力を求める場合などに「口説く」という表現を用いる人は多いのではないでしょうか。 ここでは、「口説く」の正しい意味や由来について詳しく紹介します。以下の内容を参考に、自分が適切に使えているかどうかチェックしてみましょう。

口説くの正しい意味

「口説く」の主な意味は以下の通りです。

  • こちらの気持ちや考えを説明し、承知して受け入れてもらうこと
  • 熱心に言い寄り、寄り添い説明すること
  • しきりに説得すること、懇願すること

口説くの漢字・読み方

「口説く」の読み方は「くどく」です。 「口説く」の歴史は、古く平安時代まで遡り、もともとは「執拗さ」を表す擬態語の「くどくど」や形容詞の「くどい」だったものが、動詞化されて「くどく」になったと言われています。 この「口説く」が、異性への求愛を目的とした言い寄りに用いられたのは室町時代からのようです。 なお、「口説く」の漢字には「説」が使われていますが、「説明する」の意味は含まれていないことに注意しましょう。

口説くの使い方

「口説く」が用いられるのは、恋愛にまつわることだけではありません。先に触れた意味に加え、「真摯さ」や「誠実さ」が必要な場面で使われることが多いと言えるでしょう。 ここでは、「恋愛にまつわる使い方」と「仕事の場面での使い方」2つの例を紹介します。

恋愛感情を抱く女性に対して使う場合

「口説く」という男性の心理面では、本命一人に絞って相手の女性に注ぐ情熱も時間も全力で費やしている状態といえます。 女性の立場からは「口説かれちゃった」という言葉をよく耳にします。これは男性から熱心に言い寄られ、男性側のペースで誘われ、いわゆる男性に丸め込まれた状態を意味しているのです。女性としては納得の上で承知し受け入れたということになります。 男性の立場からは「口説き落した」ということになります。相手となる女性が観念するまで納得するまで、承知するまで、降参するまで、あの手この手で熱心に説得する時に、この「口説く」という言葉を用いています。

次のページ:口説くを使用した例文
初回公開日:2022年08月12日

記載されている内容は2022年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング