IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

イヤリングとピアスの違いは?それぞれのメリット・デメリットも紹介

更新日:2022年08月09日

服装・髪型

ピアスとイヤリングで、どちらが良いのか迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。この記事ではピアスとイヤリングの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。ピアスとイヤリングどちらが良いか迷っている人は是非参考にしてみてください。

「ピアスとイヤリングの違いって何?」 「ノンホールピアスとイヤリングに違いはあるの?」 「ピアスとイヤリング、どちらの方がおすすめ?」 耳元のおしゃれを楽しみつつ顔周りを華やかにしてくれるピアスやイヤリングですが、その違いについて、詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。 本記事ではピアスとイヤリングの違いについて、それぞれの特徴や種類も踏まえて詳しく解説します。 この記事を読むことでピアスとイヤリングにはどのような違いがあるのか、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのかを知ることができるでしょう。 ピアスやイヤリングについてもっと詳しく知りたい人や、ピアスとイヤリングどちらが良いか迷っている人は是非参考にしてみてください。

ピアスとイヤリングの違いとは?

耳元をおしゃれに見せて顔周りを華やかにしてくれるファッションアイテムとして、ピアスやイヤリングは欠かせない存在です。 ピアスとイヤリングは同じ耳飾りですが、それぞれの特徴は異なります。ここではピアスとイヤリングの違いについて詳しく解説するため、それぞれの特徴の違いを理解した上で、自分に合った耳飾りを選ぶ参考にしてみてください。

つける場所の違い

ピアスとイヤリングの違いとして、まずつける場所の違いが挙げられます。イヤリングは耳たぶや耳の縁を挟んでつけるため、耳にしかつけることができません。 一方でピアスは、穴をあけてその穴に金具の針や樹脂のフックなどを刺してつけるため、耳たぶのほかにも軟骨など耳のさまざまな部分につけることができます。また、おへそや舌など体のさまざまな部分につけることができるのが特徴です。 このように、イヤリングが耳にしかつけられないのに対し、ピアスは耳だけでなく体のさまざまな部分につけることができるという違いがあります。

価格の違い

イヤリングは耳たぶを挟んでつけるため、耳たぶを挟むパーツであるイヤリングポストを付ける必要があります。 そのためイヤリングを作る際はイヤリングの装飾部分だけでなく、イヤリングポストもつける必要があり、ピアスと比べて製作するのにコストがかさむと言えるでしょう。 一方でピアスは、装飾部分に金具の針や樹脂のフックをつけるだけで完成するため、イヤリングと比べて少ない製作費用で作ることができます。 使用するパーツなどにもよりますが、ピアスと比較してイヤリングの方が使用する素材が多く、ピアスよりもイヤリングの方が高い価格で販売されていることが多いでしょう。

つけられる対象年齢の違い

ピアスとイヤリングの違いとして、つけられる対象年齢の違いも挙げられます。 大人のおしゃれを楽しみたくなる小学生や中学生、高校生がピアスをつけたいと思っても、ピアスの着用が校則で禁じられていることが多く、子供がピアスをつけるのは難しいと言えます。 そのため、大人になってからピアスホールを開けて、ピアスでおしゃれを楽しむ人が多いでしょう。 一方でイヤリングは穴をあける必要がなく、耳たぶに挟むだけでつけることができるため、子供でもつけることができます。

リスクの違い

ピアスは、ピアスをつけたい部分にピアスホールという穴を開ける必要があります。 ピアスホールを開ける際には痛みが伴い、さらに化膿するリスクもあります。そのためピアスの穴を開けた後には、しっかりアフターケアをすることが重要です。 また、アフターケアをしっかりしなければ化膿するリスクがあるだけでなく、金属アレルギーの原因になる可能性もあります。 一方でイヤリングは耳たぶに挟むだけのため、リスクもなく安心してつけることができるでしょう。これらも、ピアスとイヤリングの違いとして挙げられるでしょう。

デザインの幅の違い

次のページ:ピアスの特徴と種類
初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング