IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

盛り上がるトークテーマ例|テーマ選びに活用できるツールも紹介

更新日:2022年08月04日

コミュニケーション

場をトークで盛り上げたいときに、避けた方が良いトークテーマや参考になるアプリはご存知でしょうか。この記事では、場が盛り上がるトークテーマの基礎知識から、トークテーマ選びに活用できるツールについて紹介します。疑問や興味があれば、ぜひチェックしてみて下さい。

「場が盛り上がる話し方のコツが知りたい」 「盛り上がるトークテーマにはどんなものがあるの?」 このように、場が盛り上がるトークテーマや話し方のコツについて知りたい方には、たくさんの疑問があるのではないでしょうか。 この記事では、場が盛り上がるトークテーマの決め方や話し方のコツに加え、仕事の失敗談や最近起こった面白い話など、盛り上がるトークテーマの例を紹介します。 この記事を読むことで、場を盛り上げたいときに必要なトークテーマの決め方や話し方のコツが把握できます。その知識をもとに状況に合ったトークテーマを選択して話せるようになるため、トーク術に不安を抱えている方でも自信を持って話せるようになるでしょう。 場が盛り上がるトークテーマの決め方や話し方のコツを知りたいと思っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

場が盛り上がるトークテーマの決め方・話し方のコツ

身の回りに「この人がいると場が盛り上がる」「楽しくおしゃべりできる」という存在の方はいないでしょうか。いつも人の中心にいて場を盛り上げている人は、もともとの魅力だけではなく周囲を惹きつける話し方のコツがあります。 会話が盛り上がる人の共通点には、笑顔が自然で会話や雰囲気を楽しんでいることがわかりやすく、リアクションが適度に豊かなところも挙げられるでしょう。 また、話すことが苦手でも、相手の話を深掘りして広げたり、質問して盛り上げたりといった方法で参加できるため、主役でなくても場を盛り上げる方法は色々あります。 ここでは、場が盛り上がるトークテーマの決め方・話し方のコツについて紹介します。

  • 場の空気に合わせて話す
  • テーマを深掘りする
  • ストーリー風に話す
  • 話の流れを潰さない
  • 話が広がらない質問はしない
  • 得意分野を気持ちよく話してもらう
  • 自分の話にすり替えたり自慢話ばかりしない
  • 話す人・聞く人を傷つけない

場の空気に合わせて話す

場の雰囲気がどんなものかもわからないまま、突然ハイテンションに話し始めてもノリについて行けず、引かれてしまう可能性があります。そのように失敗しないためにも、場の空気に合わせたトークテーマを選択することが重要です。 挨拶をしたら、いきなりトップギアで話し始めるのではなく、相手の気分や様子を確かめるためにも無難な内容の会話から始めましょう。 おすすめの内容には、天気、近況、ニュース、地域、趣味などがあり、どれも当たり障りのない話題なので、そういったものをきっかけに会話を始めると良いでしょう。健康や仕事についても悪くありませんが、人によっては嫌がる場合もあることを覚えておきましょう。

テーマを深掘りする

一つのトークテーマについて上手に深掘りできると場が盛り上がるため、トークの引き出しを多く持っていると面白い人、楽しい人と思ってもらえます。 トークの引き出しを増やすためには、会社の人や友達とのコミュニケーションを普段から積極的に取ることがポイントです。そうすることで盛り上がる話し方が身につくだけでなく、面白いエピソードが生まれることもあるでしょう。 また、トークテーマの引き出しが多い人は好奇心が強く、何にでも興味や関心を持つ特徴があります。日常生活の中で「どうしてなんだろう」「なぜなんだろう」と思ったことは、すぐに検索する習慣をつけると盛り上がるトークテーマの参考になるでしょう。

ストーリー風に話す

会話するうえで事実を伝えることはもちろん重要ですが、事実にストーリーを乗せることで演出に彩りが加わり、魅力的な表現ができるようになります。 例えば、「雰囲気の良い喫茶店でとても美味しいコーヒーを飲んだ」より、「コーヒーを好き過ぎるマスターが、こだわりの味を出すために勤めていた会社を辞めてまでオープンした喫茶店で飲んだコーヒーがとても美味しかった」の方が魅力的に聞こえるのではないでしょうか。 原則として嘘はいけませんが、例のようにエピソードをストーリー風にすることで、実際に店に行きたくなったり、注文して飲みたくなったりして場が盛り上がるだけでなく、興味も持ってもらえるでしょう。

話の流れを潰さない

相手に気持ちよく存分に話してもらうためには、黙って聞いているだけではいけません。話題を引き出しながら、適度な相槌や突っ込んで質問することも場が盛り上がるポイントです。 会話中には気づかなくても、後になってから「今日はずいぶんしゃべったな」と思ってもらえるように話の流れを潰さないことを意識しましょう。難しそうに思えますが、テクニックを身につけられれば盛り上がる会話ができるようになります。 会社の飲み会や友達との会話が盛り上がるのは、聞き上手な人よりも、喋らせ上手な人の方が向いていると言えます。たとえ会話のセンスがなかったり、人見知りだったりしても効果的な相槌や会話を楽しんでいる表情で盛り上げましょう。

話が広がらない質問はしない

シンプルな質問は答えやすいですが、「はい」や「いいえ」だけで答えられてしまう質問は盛り上がるトークテーマにつながりにくいため避けましょう。 しかし、一言で答えられる質問でも、そこから盛り上がるトークテーマに発展させられれば話のクッションとして有効なので、必ずしもシンプルな質問がダメということではなく、使いどころを見極めることが重要です。 ポイントは「なぜ」「どうして」「どうやって」という聞き方をして、相手にいくらかでも話してもらえるようにすることです。そこからエピソードを枝分かれさせていくことで、本人が伝えきれなかった秘蔵話へ話を展開させていける場合もあるでしょう。

次のページ:盛り上がるトークテーマ例
初回公開日:2022年08月04日

記載されている内容は2022年08月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング