IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「今までありがとう」の言葉が持つ力とは|復縁につなげる方法も紹介

更新日:2022年07月27日

コミュニケーション

「今までありがとう」という言葉には力があることをご存知でしょうか。この記事では「今までありがとう」という言葉が持つ力や復縁につなげる方法などについて解説します。復縁を希望している人や、「今までありがとう」の言葉の意味に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

「今までありがとうという言葉には、不思議な力があるって本当?」 「復縁したい相手に今までありがとうって伝えたいけれど、どのタイミングで伝えるのが良い?」 「今までありがとうって言われると相手はどのように感じる?」 今までありがとうという言葉には、不思議な力があるという話を聞いたことがある人もいるでしょう。 本記事では「今までありがとう」という言葉が持つ力や、復縁したい相手に伝えるタイミング、言われた時の相手の心理状況などについて詳しく解説しています。 記事を読むことで、「今までありがとう」という言葉にどのような力があるのか、どのようなタイミングで伝えると復縁に効果があるのかなどを知ることができるでしょう。 「今までありがとう」という言葉が持つ力について詳しく知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

今までありがとうと感じるのはなぜ?

今までありがとうと伝えたくなって、なぜそのように感じたのかその心境の変化が自分でも分からないということもあるでしょう。 「ありがとう」という言葉は、人から何かをしてもらった時などに自然と出てくる言葉で、人間関係をスムーズにするためにも大切な言葉と言えます。 しかし「今までありがとう」という言葉は「ありがとう」とは違った意味があり、仲の良かった友達と離れる時や、大切な人と別れる時に感じることが多いでしょう。 相手とのこれまでの関係を思い出し、相手に感謝したいという気持ちから「今までありがとう」と感じるのです。

「今までありがとう」の言葉が持つ力とは

大切な人との別れの時に使われることも多い「今までありがとう」という言葉には、さまざまな力があります。ここでは、「今までありがとう」の言葉が持つ力について詳しく見ていきましょう。

嫌な思い出さえも良い思い出に変換できる

恋人と別れる時には付き合い始めた頃のドキドキするような気持ちはありません。お互いに納得した上で別れることになった場合でも、大好きだった人との繋がりを切ることになるため、気まずさを感じることが多いでしょう。 別れの時には、これまでのことを思い出しがちです。二人で楽しく過ごした思い出や、ケンカをしたこと、考え方の違いにイライラしたことなど、良い思いでもあれば嫌な思い出もあったでしょう。 しかし最後に感謝の気持ちを伝えることで、嫌な思い出さえも良い思い出に変換でき、全ては価値のあることだったと思えるようになるのです。

人の心を動かす波動性がある

感謝を伝える「ありがとう」という言葉は波動が高い言葉であり、人の心を動かす波動性があります。この波動とは、エネルギーやパワーに満ち溢れている状態です。 別れはマイナスのイメージが強いですが、「ありがとう」という言葉を口にすると、その言葉が持つ波動でそのマイナスの雰囲気が一掃されます。 「ありがとう」という言葉の波動は、人の心に共鳴して穏やかで幸せにする力があると言えるでしょう。

別れの悲しさ・辛さを感じさせない

大切な人との別れは、悲しさや辛さを伴うものです。別れを切り出した側も「この人と別れたら、ここまで自分のことを大切に想ってくれる人は現れないかもしれない」と別れを切り出した罪悪感から、自分を過小評価してしまうこともあるでしょう。 そのような時に「今までありがとう」と言われると、「こんな自分でも良いところがあった」と、心が温かくなります。 そのため、別れの悲しさや辛さを感じることなく前向きな気持ちになれるでしょう。

相手が別れの選択に疑問を持つようになる

次のページ:「今までありがとう」と伝える心理状況
初回公開日:2022年07月27日

記載されている内容は2022年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング