IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ドンキホーテのピアッサーは種類が豊富|選び方や使い方について説明

更新日:2022年07月27日

暮らしの知恵

ピアスの穴を開けたいけれどピアッサーを選ぶ基準が分からない方も多いでしょう。この記事では、ドンキホーテのピアッサーを選ぶ時のポイントや、ファーストピアスにありがちなトラブルとケア方法などを紹介しています。ピアスの穴を開けたいと考えている方は参考にしてください。

「ピアッサーってどこで買うのがいいんだろう?」 「ピアッサーに書いてある数字の意味が分からない。」 「ピアッサーで自分で上手に穴を開けられるか不安。」 初めてピアスの穴を開ける方の中には、このような疑問をお持ちの方もいるでしょう。 この記事ではドンキホーテで売られているピアッサーの魅力や自分に合ったサイズの選び方、ピアッシングの手順からピアスホールが完成するまでのケアについて幅広く紹介しています。 この記事を読むことで、ファーストピアスを安全に開けられるだけでなく、ケアに対する知識も同時に身につけられるでしょう。 これからピアスを開ける予定のある方や、ピアッサーの違いがよく分からないという方はぜひ読んでみてください。

ドンキホーテのピアッサーを使ってみよう

ピアスの穴を開けたいと思ったとき、どこでピアッサーを購入するかと聞かれると、ほとんどの人がまずドラッグストアを思い浮かべるのではないでしょうか。 実はドラッグストアではなくドンキホーテも、ピアッサー選びには最適な場所です。ドンキホーテに売られているピアッサーは種類が豊富なため、かわいいものやかっこいいものなど、自分の好みに合ったものをじっくり探せるでしょう。 また、ドンキホーテには様々な商品が売られているため、他の買い物のついでにピアッサーを購入できるのも良い点と言えます。

ピアッサーはドンキホーテのどの売り場にある?

ドンキホーテに行き慣れている人は、迷わずにピアッサーを見つけられますが、ドンキホーテに行き慣れていない人は、化粧品やネイルコーナーに置かれていると思ってしまうことが多いでしょう。 ピアッサーは、美容家電やコンタクト、香水などが置かれているコーナの一角にあります。迷った際は、アクセサリー売り場の付近を探すと良いでしょう。 アクセサリーは高価なものも多いため、比較的店内の奥まったところにあるケースがほとんどです。迷わずにピアッサーを見つけるには、店舗の奥の方を探してみると見つかる可能性が高いでしょう。

ドンキホーテで売っているピアッサーの値段は?

日本で販売されているピアッサーは、そのほとんどが一度しかピアッシングできない使い捨てです。 ピアッサーは片耳につき1つずつ必要なため、高価なピアッサーは出費がかさんでしまいます。安全性はもちろん重視したいところですが、なるべく費用を抑えたい人も多いでしょう。 ドンキホーテのピアッサーは種類が豊富ながら、おおよそ800円〜1000円弱の手頃な価格で売られています。医療機器なのでガラスケースに入れられていたり、ロックがかけられていることがほとんどです。購入時は店員さんに声をかけましょう。 ファーストピアスは勇気の要るものですが、ピアッサーが手頃に手に入れられることで挑戦しやすくなるメリットもあります。

ドンキホーテのピアッサーを選ぶ時のポイント【太さ】

ピアッサーで開けられる穴の大きさは一律ではなく、ピアッサーごとに違いがあります。穴の大きさは「G」(ゲージ)で表されており、数字が大きいほど穴が小さく、数字が小さくなるにつれて大きな穴が空くようになっています。 ドンキホーテでよく売られているのは14G〜19Gの大きさですが、Gの大きさだけで判断するのは初心者には難しいでしょう。 ここから先は、ピアッサーの太さを選ぶポイントについて説明していきます。自分の目的に合ったものを選ぶ参考にしてみてください。

耳たぶに一般的なサイズのピアスの穴を開けるなら「16G」

ピアッサーの中でも一番ベーシックなサイズが16Gとされています。耳たぶにピアッシングをする場合で、どの大きさの穴を開けるか迷ったときには16Gのピアッサーを選ぶのがおすすめです。 アクセサリー店などで売られている一般的なピアスのほとんどは、18G〜20Gと言われています。16Gのピアスホールが空いていれば、ピアスの太さにばらつきがあったとしてもスムーズに着用できるでしょう。 16Gは痛みもそれほど強くないとされているため、初心者でも挑戦しやすいサイズと言えます。

軟骨やボディピアスの場合は少し太めの「14G」

トラガスやヘリックスと呼ばれる軟骨ピアスや、へそや鼻などに開けるボディピアスの場合は14Gのピアッサーを選ぶのが良いでしょう。 軟骨やボディは耳たぶよりも皮膚が硬かったり分厚かったりするため、その分針が太くてパワーの強いピアッサーを使うことが大切です。 ベーシックな16Gのピアッサーと比較すると多少痛みを感じますが、ピアスホールは開けた穴が大きければ大きいほど、完成するまでの時間が短くなるとされています。 また、開けた穴が大きければその分塞がりにくくなるため、いつの間にか塞がってしまったというトラブルも起こりにくくなるでしょう。

痛みが怖くて小さい穴にしたいなら「18G・19G」

痛みに特に弱いという人や皮膚が弱い人、ピアスを開けるのが初めてで恐怖心が強いという人は18G・19Gのピアッサーがおすすめです。 18G・19Gのピアッサーは極細ピアッサーとも称され、数あるピアッサーの中でも開ける穴が小さく、皮膚にかかる負担が少ないのが特徴です。開ける穴が小さい分、痛みも感じにくいとされています。 針の太さは一般的に売られているピアスと同じくらいのため、見た目的にも恐怖を感じにくく、ピアッシングをした後の痛みが長引かないことが大きなメリットです。

次のページ:ドンキホーテのピアッサーを選ぶ時のポイント【材質】
初回公開日:2022年07月27日

記載されている内容は2022年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング