IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「加筆修正」の語句の意味は?使い方と例文そして類語も紹介

更新日:2022年07月21日

言葉の意味・例文

ビジネスシーンで多用される「加筆修正」という言葉をご存じですか。本記事では「加筆修正」の意味や使い方、その例文や類語などを詳しく解説します。この記事を読むと「加筆修正」を正しく使いこなせるようになるでしょう。ぜひ記事を読んでみてください。

ここからは「加筆修正」の類語を紹介します。少しずつ意味が異なりますので、そちらに着目して言葉を使い分けるのがおすすめです。

「校正」

「校正」は「文書の誤字や脱字、表記ずれなどのあらゆる誤りを正すこと」を意味します。「加筆修正」のように文章を追加することはなく、文書の中の文字を確認する作業のことを指します。

「清書」

「清書」は「原稿など、文書をきれいに書き直すこと、または書き直したものそのもの」を意味します。「清書」では「加筆修正」のように文章を追加したり修正したりすることはありません。文書の最後の仕上げ作業を指す言葉です。

「校閲」

「校閲」は「文書の内容を確認し、その誤りを正すこと」を意味します。文書の内容とは固有名詞やデータなどのことで、それらに誤りがあれば修正するという作業です。そのため「加筆修正」のように文章を追加することはありません。 「校正」と混同されることが多い言葉ですが、「校正」は文字メイン、「校閲」は内容メインで文書を確認するという違いがあります。

「ブラッシュアップ」

「ブラッシュアップ」は「磨き上げてより良いものにすること」を意味します。そのため文書をより良いものにする必要がある場合に使われる言葉です。 「加筆修正」のように文章の追加が必ずしも発生するわけではありませんが、文書をより良いものにするという点においては似た意味を持つ言葉になります。

「加筆訂正」との違い

「加筆訂正」と「加筆修正」の言葉の意味は大きく変わりません。両方とも「文章を書き足したり、わかりづらい表現や間違っている文章を正しい言葉に直したりすること」を意味します。 一般的に多く使われているのは「加筆修正」の方ですが、言葉が違うだけですので、どちらを使っても問題ありません。

「加筆修正」の語句の意味を知って正しく使いましょう

いかがでしたでしょうか。記事を最後まで読んでいただいた人は、「加筆修正」を使いこなせるようになったのではないでしょうか。 この言葉はビジネスシーンで活躍する言葉ですので、ぜひ活用してください。これからも言葉を使いこなして、周りの人と円滑なコミュニケーションをとり、ビジネスライフを豊かなものにしていきましょう。

初回公開日:2022年07月21日

記載されている内容は2022年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング