IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「伝手」の意味や読み方は?使い方や類語・英語表現もあわせて紹介

更新日:2022年07月19日

言葉の意味・例文

就職活動やビジネスで、「伝手」という言葉を聞いたことはありませんか。本記事では、「伝手」の読み方と使い方、類語や英語での表現方法などを紹介しています。聞いたことはあるけれど意味や使い方がわからないという方は、ぜひチェックしてみてください。

「人脈」は、「コネ」と同じく「人と人との繋がり」のことです。卒業校や業界などで繋がりがあり、主張や利害が一致している社会的な人間関係のことを指します。 利益や目的があってこその関係のため、プライベートや友人同士などではあまり使わないでしょう。

縁故

「縁故」とは、血縁などによる深い繋がり、またはその人物のことをいいます。 その他に、「人と人との特別なかかわり」といった意味があり、「伝手」の頼りにできそうな人物と近い意味だと言えるでしょう。

手づる

「手づる」は、頼りにすることのできる特別な関係、または物事を解決する糸口を意味します。 例えば、「この会社に就職したいので、手づるを求めて飛び回っています」などのように使われます。

「伝手」の英語表現

続いて、「伝手」は英語でどのように表現するのか見て行きましょう。 ここからは、「連絡を取る方法」、「希望を叶えるための手段」という意味の英語表現を3種類紹介します。先述の「コネ」の語源とされている英語も紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

messenger

「messenger」は、使いの者、配達人などの意味がある単語です。伝言を預かるような場面で英語を使う場合は、「messenger」を使うといいでしょう。 例えば、「express messenger(急報の使者)」や「have a message(伝言を預かる)」といった表現ができます。

connection

「connection」には、「連結すること、人と人との間柄、関係」といった意味があります。 先に「伝手」の類語として紹介した「コネ」は、英語の「connection」を短くした言い方です。 「she had a good connections for job‐changing(彼女は転職にあたり、いい伝手を持っていた)」のような表現ができます。

contact tool

「contact tool」は、問い合わせる手段といった意味になります。 「伝手」と同じように英語で表現する場合は、「tool for quickly making a contact(素早く連絡を取るためのツール)」という表現方法があるでしょう。

次のページ:「伝手」の意味について理解を深めよう
初回公開日:2022年07月19日

記載されている内容は2022年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング