IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「伝手」の意味や読み方は?使い方や類語・英語表現もあわせて紹介

更新日:2022年07月19日

言葉の意味

就職活動やビジネスで、「伝手」という言葉を聞いたことはありませんか。本記事では、「伝手」の読み方と使い方、類語や英語での表現方法などを紹介しています。聞いたことはあるけれど意味や使い方がわからないという方は、ぜひチェックしてみてください。

「伝手の読み方がわからない…なんて読むのかな?」 「上司に伝手を頼ってみたらと言われたけど、どういう意味なんだろう?」 「英語で伝手を持っているってどう表現するのかな?」 このように、本来の意味を知らずに使っていたり、人から聞いたりする言葉というのは、案外多いのではないでしょうか。 本記事では、「伝手」の意味や使い方、類語や英語の表現方法を紹介しています。 この記事を読むことで、「伝手」という言葉の意味や使い方を正しく理解できるため、自信を持って会話で使えるようになるでしょう。 会話の中で「伝手」の意味や使い方が気になった方や、「伝手」の読み方を調べてみたことがある方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

「伝手」の意味・読み方

「伝手」は「つて」と読み、「伝」とも表記されます。物事を進めるにあたって頼りにできそうな人物という意味があり、希望を叶えるための手段や縁故、連絡を取る方法といった意味のある言葉です。 親族や知人などの中で、願いを叶えるために手助けしてくれる人物のこと、もしくは、交信したり伝言を預かったりしてくれる人物を指します。

「伝手」の使い方

ここでは、「伝手」という言葉の2通りの使い方を見て行きましょう。 「希望を叶えるための手段」と「連絡を取る方法」という意味の使い方について、それぞれいくつかの例文を挙げますので、ぜひ参考にしてください。 今までに、「人から聞いたり自分で使ったりしたことのある文章かどうか」という観点で見てみるのも面白いでしょう。

「希望を叶えるための手段」という意味の場合

希望を叶えるための手段という意味の「伝手」の使い方は以下のようになります。 ・それなら、私に伝手があるので準備するよ ・先輩の伝手を頼って、アルバイトが決まった ・伝手があるからといって、油断してはいけない

「連絡を取る方法」という意味の場合

次に、連絡を取る方法という意味の「伝手」の場合の使い方です。 ・今回は直接会えなかったが、他にも伝手はある ・連絡する伝手が誰にもない ・手紙を届けるため、母に伝手を頼んだ

「伝手」の類語

「伝手」は、「人脈」や「コネ」といった言葉に言い換えられる言葉です。「伝手」は使わないけれど、上記の言葉なら使ったことがあるという方もいるのではないでしょうか。 ここでは、「伝手」の類語を4つ紹介していきます。

コネ

「コネ」は、人間関係の繋がりを意味します。進学や就職などを有利に進めるために使われ、「コネを頼る」や「コネ入社」というような使い方をします。 「伝手」と「コネ」は意味が似ていますが、「コネ」の場合は、自分のために物事を有利にするといったニュアンスが強いため、「コネ」よりも「伝手」の方が良い印象に聞こえるでしょう。

人脈

次のページ:「伝手」の英語表現
初回公開日:2022年07月19日

記載されている内容は2022年07月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング