IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ほとぼりが冷めるの意味とは?使い方や類語についても詳しく解説

更新日:2022年07月15日

言葉の意味・例文

「ほとぼりが冷める」という言葉は知っていても、「ほとぼり」が何かは知らない人が多いのではないでしょうか?本記事では、ほとぼりの意味、ほとぼりが冷めるの使い方や類義語などについて解説しています。ぜひ、言葉を理解して、日常の会話に取り入れてみてください。

ほとぼりが冷めるの英語表現

「when things calm down 」「when this has blown over」「when the storm has passed」などの英語表現が、ほとぼりが冷めるの意味に該当します。 それぞれ、意味は同じですが、使いどころに違いがあるので注意しましょう。 when things calm downは、人が慌てるときや感情的になる状況で使われます。 when this has blown overは、不祥事などネガティブなことが起こった時に使われます。 when the storm has passedは、詩的で格好をつけた表現なので、シリアスな場面では不適当でしょう。

ほとぼりが冷めるの正しい使い方について知っておこう

ほとぼりとは、漢字で書くと「余熱」と書くことからも、「ほとぼりが冷める」とは、一度高まった熱が冷めていく様子です。 そのままの熱の意味で使うこともあれば、事件の発生や、感情の高ぶりのことを熱に例えて、それが沈静化していく様子を意味することもあります。 事件や感情がポジティブなものか、ネガティブなものかは関係なく使えるため、汎用性の高い言葉でしょう。

初回公開日:2022年07月15日

記載されている内容は2022年07月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング