IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ていで」の意味とは?漢字表記や使い方・英語表現もあわせて紹介

更新日:2022年07月08日

言葉の意味

「ていで」の使い方をご存じでしょうか。本記事では、「ていで」の意味や漢字表記を解説しています。加えて、類語表現や英語表現、仕事の場でも活用できる使い方も参考にしてください。さまざまな言葉を使い分けて丁寧なコミュニケーションをしたい人は、ぜひ読んでみてください。

「『ていで』という言葉のくわしい意味や類語を知りたい」 「日常会話では『ていで』を使っているけど、ビジネスシーンにおいて正しい使い方はあるの?」 このように「ていで」を会話に盛り込むときに、使い方について疑問や不安があるのではないでしょうか。 本記事では、ていでの基本的な意味や漢字表記をくわしく解説しています。併せて、ていでの使い方を3つに分けて、例文とともに説明しています。類語や英語表現も紹介しているため、言葉の使い分けの参考にしてください。 この記事を読むことで、ていでの正しい使い方を把握し、さまざまな状況でも自信を持って活用できるようになるでしょう。言葉を言い換えて相手に誤解のない会話をしたい人は、最後まで読んでみてください。

「ていで」の意味

ていでの「てい」には、大きく分けて2つの意味があります。1つ目の意味は、物事の様子や状態です。もう1つは、見せかけや体裁を示しています。一方、ていでの「で」は、手段や方法を表したいときに使用する格助詞です。 ていでの意味を聞かれたら、「~のような様子で」や「~のような見せかけで」、「~のような体裁で」と答えるとよいでしょう。

「ていで」の漢字表記

「ていで」を漢字で表すと、「態で」と「体で」の2通りになります。一般的には「体で」を用いる場合が多いといわれていますが、どちらを使用してもとくに問題ないでしょう。 ここからは、「態で」と「体で」の意味や使い方を解説します。それぞれの漢字表記が表すニュアンスの違いを把握して、シチュエーションに応じて使い分けてください。

態で

「態で」は、「~のような」や「周囲から見た物事のありさま」を意味します。「困難な物事をどうにか耐えて乗り切る」のようなニュアンスとして、使うとよいでしょう。 「態」は、物事の状況や動き、振る舞いを表す言葉です。音読みは「タイ・テイ」と読み、訓読みは「わざ」となります。動きのあるものの状態を表すときに使われることが多く、物事の様子や行動を説明しやすい漢字表記です。

体で

「体で」という言葉は、「態で」と同じように、「~のつもりで」や「外から見た物事のありさま」を意味します。「体で」と漢字で表すときは、「状況に合わせて何とかする」「見た目だけ取り繕う」のようなニュアンスとして使うとよいでしょう。 「体」は、状態や形状、体裁などを表す言葉です。音読みは「タイ・テイ」と読み、訓読みは「からだ」となります。動きのあるものの状態を表す「態で」に対して、外から見た物事の様子や見た目を表現しています。

「ていで」の使い方・例文

「ていで」は、日常のさまざまな場面で使うことが可能です。ビジネスでも活用できる表現のため、積極的に使ってみましょう。 ここからは、ビジネスで特に重要な「ていで」の使い方を3つ紹介します。それぞれの使い方や例文を参考にして、円滑な商談やミーティングに挑んでください。

「そのような体裁で」という意味の場合

そのような体裁でという意味で「ていで」を使う場合は、「そのようなていで」と伝えるとよいでしょう。 ・「そのようなていで、企画を進めていただけると幸いです」 ・「お客様には、そのようなていで連絡しておきますので、その後のフォローをお願いいたします」 ビジネスの場面では、内容を明確にせずに、曖昧にしておく方がよい場合があります。そのため、「そのようなていで」を使って言葉に曖昧さを持たせることにより、物事を円滑に進めることが可能です。

「決められた形で物事を進める」という意味の場合

次のページ:「ていで」の類語
初回公開日:2022年07月08日

記載されている内容は2022年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング