IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

悪態をつくの意味は?相手別によくみられる心理や対応方法も解説

更新日:2022年07月08日

言葉の意味・例文

「悪態をつく」という言葉がどういう意味を持つのか興味がある方もいるでしょう。本記事では、「悪態をつく」という言葉の意味、「悪態をつく」人の心理状況や対処法についてなど紹介していきます。「悪態をつく」人に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

子供が悪態をつくケースは、自分への自信がなく、卑屈になっている性格が関係しています。育った環境やその子の性格によって、物事を斜めに捉えてしまうのでしょう。 悪態をつくときは「どうせ私なんか」「僕、そういうの苦手だから」「私は上手にできないから」など、ネガティブな内容を口にする特徴があります。

恋人が悪態をつくケース

恋人が悪態をつくのは、自分の思った通りの状況になっていないことで苛立ったときに多いでしょう。「もっと自分のことを分かってほしい」「大事にしてほしい」「そんな態度だと愛情が感じられない」など、自己中心的な考えから不満を言うことがあります。 そのほか、もともと素直に喜ぶことが苦手なツンデレの性格や、プライドが高い性格ということも考えられます。

配偶者が悪態をつくケース

配偶者が悪態をつくケースは、自分の意見を正当なものに見せたい人に多いでしょう。特に、自分の意見が正しいと思い込んでいる人は、家族に賛同されないと大抵悪態をつきます。 「自分の意見に従っていればいいのに」「勝手にしろ」などと言ったり、ドアを強く閉めたり、イライラするしぐさなどをあからさまに出してくるでしょう。

認知症の人が悪態をつくケース

認知症の人が悪態をつくのは、認知症が進行することで、物事を悪く捉えてしまい、暴言が出てくることがあります。仕方がない部分もありますが、認知機能の低下から誤解が生じているケースが多いです。 特に、自分の意見を否定されたときや、不安な気持ちが強いときは、感情が高ぶって悪態をつくことが増えるでしょう。

悪態をつく相手に対応する方法

次は、悪態をつく相手に対応する方法を紹介していきます。対処法を知ることで、嫌なことを言われたときもうまくかわしたり、冷静に対応したりすることが可能です。いざというときに、スムーズに対応できるようにあらかじめ対処する方法を把握しておきましょう。

大人が悪態をつくときの対応

大人が悪態をついていたときは、言われた内容に対して曖昧な言葉でぼかすと良いでしょう。言いたいことが言い終われば、悪態をついた人も落ち着きを取り戻していきます。反対意見を伝えると、ヒートアップしていくこともあるため逆効果です。 自分を悪く言われたときは、言われた内容を客観的にみてみましょう。自分の欠点だなと思えば、この機会に治す方向を考えてみてください。

子供が悪態をつくときの対応

子供が悪態をつくときは、いつも以上に子供をよく観察して、甘えさせてあげましょう。こまめに声をかけたり、構ってあげたりすることで、親からの愛情を子供が認識しやすくなります。 親から「あなたのことが大事だよ」「ちゃんと気にしているよ」という親からのメッセージが子供に伝われば、悪態をつくことも減っていくでしょう。

恋人が悪態をつくときの対応

次のページ:自分が悪態をつきそうになったら
初回公開日:2022年07月08日

記載されている内容は2022年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング