IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

悪態をつくの意味は?相手別によくみられる心理や対応方法も解説

更新日:2022年07月08日

言葉の意味

「悪態をつく」という言葉がどういう意味を持つのか興味がある方もいるでしょう。本記事では、「悪態をつく」という言葉の意味、「悪態をつく」人の心理状況や対処法についてなど紹介していきます。「悪態をつく」人に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

「悪態をつくってどんな意味がある?」 「悪態をつく人にみられる心理と理由って?」 「悪態をつく相手への良い対処法は?」 このように、「悪態をつく」という言葉や、「悪態をつく」人について、疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。 本記事では、「悪態をつく」という言葉の意味や使い方、例文と、実際に「悪態をつく」人の心理や対処法などについて紹介していきます。 この記事を読むことで、「悪態をつく」という言葉の意味を深く理解できるでしょう。また、実際に「悪態をつく」人がどういう理由でそういった態度に出ているのかも見えてくるため、良い対処の仕方も分かってくるでしょう。 「悪態をつく」という言葉を使いこなしたい人、「悪態をつく」人の対応で困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

悪態とは

「悪態」とは、悪口や憎まれ口という意味の言葉です。または本人の目の前でわざと悪いところを非難したり、憎まれ口をたたいたり、乱暴な言葉を使ってののしったりする態度を表すこともあります。

「悪態をつく」の意味・使い方

「悪態をつく」の意味は、ののしりけなすことを指します。本人の前でわざわざ悪口を言ったり、嫌な態度を取ったりすることを指すため、「悪態」とほぼ同じ意味を持つ言葉です。 「悪態をつく」の使い方は、特定の誰かに対して悪態をついた、○○さんから悪態をつかれてしまった、など、「悪口を言った、言われた」というニュアンスで使用できるでしょう。

「悪態をつく」の由来

「悪態をつく」の「つく」は、口の中のものを外に出す「吐く」という意味で使われる言葉です。「悪態」と「つく」をくっつけて、「悪態をつく」は、悪口や憎まれ口を口から吐き出す、つまり「悪口を言う」という意味になったことが由来だと言われています。

「悪態をつく」の例文

「悪態をつく」の例文には以下のようなものがあります。 ・悪態をつくことでしか、自分の気持ちを素直に表現できなかった ・以前は親しくしてくれた同期は、私が昇進してからは悪態をつくようになった ・悪態をつく姿勢が周りの人を困らせていることにいい加減気づくべきだ ・照れたことを隠したかったのか、悪態をついてきた

「悪態をつく」人にみられる心理と理由

悪態をつかれてしまうと、とても嫌な気持ちになることが一般的でしょう。なぜそのような態度をわざわざ取るのか、不思議に思うことはないでしょうか。続いては、「悪態をつく」人にみられる心理とその理由について紹介します。 ただ、「悪態をつく」人の中は、実は悪気がないケースもあるため、悪意があるかないかを見分ける必要もあるでしょう。

大人が悪態をつくケース

大人が悪態をつくケースは、基本的には構ってほしい、注目を集めたいという気持ちの表れでしょう。男性の場合は、自分の評価をもっと高くしてほしい、「すごい」と言われたい、という気持ちが強くなっていることがあります。 女性の場合は、心に不満を抱えていて、「自分はつらい思いをしている」という被害者意識が強い傾向があるでしょう。周囲から「大丈夫?」と気にかけてもらいたい心理が働いています。

子供が悪態をつくケース

次のページ:悪態をつく相手に対応する方法
初回公開日:2022年07月08日

記載されている内容は2022年07月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング