IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「収拾がつかない」の意味とは?似たような表現や例文についても解説

更新日:2022年07月11日

言葉の意味・例文

「収拾がつかない」事態とはどういうものでしょうか。この記事では「収拾がつかない」の意味や「収拾」と「収集」の違い、似たような表現、同じ読み方をする言葉について、例文を交えながら解説しています。それぞれの言葉の使い分けに興味のある人は、ぜひ一読してください。

落ち着かない

「落ち着かない」という言葉は、「静かに安定しない」という意味です。 気持ちが安定しない時に、みなさんも「落ち着かない」という言葉をよく使いませんか。例えば、飲食店が騒がしい時に「落ち着かないから他の店に行こう」などと言ったことがある人もいるでしょう。

読み方が「しゅうしゅう」の他の漢字

「しゅうしゅう」と読む言葉には「収拾」と「収集」だけではなく、「修習」と「秋収」という言葉もあります。 「修習」の意味は「学問や技能などを修め、習うこと」ですし、「秋収」の意味は「秋の農作物の取り入れ、秋の収穫」です。どちらも「収拾」とはまったく意味が異なる言葉ですので、きちんと理解すれば使い分けに困ることはないでしょう。

「収拾がつかない」の使い方を正しく知ろう

「収拾がつかない」についての理解は深まったでしょうか。漢字1文字しか違いませんが、「収拾」が混乱した物事を収める時に使う言葉に対し、「収集」は物を集める時に使う言葉です。それぞれの意味をきちんと理解すれば使い分けは難しくありません。 社会生活ではたくさんの人が集まる場面は多く、「収拾がつかない」事態に巻き込まれることもあるでしょう。周りの雰囲気が「落ち着かない」ことや、立て続けに問題が起こり「こんがらがる」こともあるかもしれません。 今回紹介したそれぞれの言葉を正しく使い分けて、社会生活で役立ててください。

初回公開日:2022年07月11日

記載されている内容は2022年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング