IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

将来の夢の作文の書き方!就職試験の場合や書けないときの対処法も

更新日:2022年01月17日

言葉・雑学・歴史

将来の夢についての作文の書き方を詳しく解説しています。作文のテーマの決め方や構成方法、就職試験の場合や、夢がない場合の対処法についてもまとめています。将来の夢についての作文の書き方がわからないと悩む人は、ぜひ参考にしてください。

将来の夢についての作文の書き方を徹底解説

子供のときに「将来の夢」というテーマで作文を書いたことがある人は多いでしょう。実はこの「将来の夢」というテーマでの作文は、就職試験などにも使用されることがあります。 本記事では、将来の夢についての作文の書き方を詳しく解説します。現在将来の夢がないという人でも、本記事を読めば、書き方のコツをしっかり掴めるでしょう。作文の構成方法なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

将来の夢の作文の書き方【夢を見つける方法】

まずは、将来の夢をテーマにした作文を書くために必要な、「夢」を見つける方法を紹介します。5つの方法を紹介するので、自分に合った方法で将来の夢を見つけてみましょう。

①興味のあることをやってみる

将来の夢を見つける方法として、興味のあることをやってみるという方法があげられます。とりあえず興味のあることを多数経験してみると、価値観が広がり、自分が何をしたいかが少しずつ見えてきます。 まずは、少しでも興味のあることを紙に書き出してみましょう。興味のあることをリスト化し、できそうなものから実際に行います。経験を増やしていく過程で、自分が好きなことや苦手なことが少しずつわかり、自分をより深く理解することができます。

②幅広いタイプの人と出会う機会をもつ

将来の夢を見つけるためには、幅広いタイプの人と出会う機会をもつことも大切です。人は気づくと、自分に似たような人と行動をともにすることが多くなります。自分とは違うタイプの人と出会うことで、自分の中の価値観が変化する可能性があります。 また、夢に向かって行動している人から話を聞くのもよいでしょう。その人に将来の夢を見つけた経緯を聞くことで、自分の将来の夢を見つける際に参考にできます。

③夢と職業は別に考える

将来の夢を見つける方法として、夢と職業は別に考えることもあげられます。子供の頃から「将来は何になりたいのか」となりたい職業を問われてきたので、夢は就きたい職業だと考えている人が多いです。 しかし、夢は必ずしもなりたい職業だと考える必要はありません。「世界中を旅したい」など、職業に関係しない夢も、立派な夢です。「夢=職業」という固定概念は払拭し、自由に物事を考えられると、将来の夢は見つかりやすくなるでしょう。

④さまざまなジャンルの本を読む

将来の夢を見つける方法として、さまざまなジャンルの本を読むこともあげられます。本は、価値観や考え方を広げてくれます。今までに読んだことのないジャンルの本を読むことで、知識も広がり、自分が知らない新しい世界を見つけられるでしょう。 将来の夢につながる考え方やものごとは、どこに転がっているかわかりません。本を通して、未知の世界に足を踏み入れることで、今まで思いつかなかった将来の夢が心に浮かぶ可能性が高まります。

⑤職業適正診断サイトを利用して自分を分析する

将来の夢を見つける方法には、職業適性診断サイトを利用して自分を分析する方法もあります。自分が本当にしたいことは、案外本人にもわからないものです。職業適性診断をしてみることで、自分をより深く知ることができるでしょう。 職業適性診断は、自身が仕事に求めることや、強みや弱み、自分では気づいていない資質などがわかります。さまざまな職業適性診断があるので、実際にいくつか診断してみることで、将来の夢を見つける際の参考になります。

次のページ:将来の夢の作文の書き方【テーマの決め方】
初回公開日:2022年01月17日

記載されている内容は2022年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング