IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
PR

【株式会社フューチャーゲート】社員のキャリアを考え、長く働くことができる環境づくりを

初回公開日:2020年01月17日

更新日:2020年03月15日

記載されている内容は2020年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

インタビュー

フューチャーゲートは65歳延長雇用が終了になっても会社への貢献ができると判断し、本人も働く意思があり、健康状態が問題無ければ70歳であっても雇用し続ける環境作りを目指したい。エンジニア出身ならではの発想で考える社員の未来について、田代政義社長にお伺いしました。

―失敗を恐れずにチャレンジすることを勧める御社の最大の強みは何だとお考えですか。

田代:いろんなポジションなどチャンスがあるということでしょうか。年齢問わずいろんな人に誰しもチャンスがあるということで、それは一般の企業では経験できないようなチャンスがあるということですね。『出る杭』でも、うちにいればいろんなチャンスがありますから。 それから、うちではカットオーバー時の一時的な残業は仕方がないと考えていますが定常的に残業があるというのは、そこに何かしら問題があると考えていますので私はそれを働いている側のほうに押し付けるのは論外だという考え方です。

【株式会社フューチャーゲート】社員のキャリアを考え、長く働くことができる環境づくりを

目標に対して達成すべき努力ができる人を望む

―『出る杭』のお話を伺うと、社内にはフランクな雰囲気があるように感じられますが、社員との距離間はいかがですか?

田代:私は携帯電話もLINEも全部オープンにしています。ですから、社員とLINEでやり取りもしますし、時にはランチミーティングで食事をしながら話をしますので、ざっくばらんな有数だと思います。 ランチミーティングは定期的に行くというよりも、何かあったときや気になることがあるときに行きます。それから、数名ずつでの食事会などもチャレンジ的にやったことがあって、いろいろ試行錯誤はしています。

―ランチミーティングや食事会では、社員からの提案など意見を聞くこともあるのでしょうか。

田代:ありますよ。もう何でもいいと思うんですよ、レグレッション的な部分の話でもいいと思いますし、大まかな仕事の話でも『こうしていきましょう』『ああしていきましょう』ということを、直接いえるような環境は作っています。

―どんな方に入社していただきたいですか。

田代:マインドを持った方です。自分で目標に対してきちんと達成するモチベーションを持ち続けられる人に来ていただきたいです。目標を掲げたとき、それに対して達成すべき努力ができる人ですね。ただ、そうはいっても、今、働き方改革とかいろいろ騒がれている中で、いろいろな働き方があるので、それは別に強要する部分ではないです。

―そういった方々の入社を期待される中で、今後、力を入れていきたい事業を教えてください。

田代:社員のキャリアということでは、たとえば資格を取るとか本人が勉強するというのも大事でしょうが、現場を実際に経験していかないとやはりスキルのレベルは上がっていかないだろうし、第三者から見てもスキルが上がったとは見えてこないんです。 現場で経験を積んでキャリアを作っていく仕組みを作っていきたいです。それから、SESというところではもうちょっと特色を出して、他の会社にはないような専門性の高い部隊を作りたいと考えています。

目標に対して達成すべき努力ができる人を望む

エンジニアが安心して長年働くことのできる環境づくり、残業がほとんどない働きやすい環境づくり、社員の研修制度を設けるなどスキルアップできる環境づくり、社員のチャレンジを歓迎する環境づくり、など、『エンジニアのための環境づくり』に本気で取り組む株式会社フューチャーゲートは、これからのキャリアに悩むエンジニアにとってオススメの環境であると感じました。

関連する記事

アクセスランキング