IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン
PR

クラウドワークスの目指す「新しいカタチの働くプラットフォーム」

インタビュー

クラウドワークスが新しい働き方のプラットフォームとして目指しているのが、インターネット完結型のワークスタイルです。会社に依存せずに個人の力で社会に貢献している人も増えていく中で、クラウドワークスがどのような取り組みをしているのかを紹介します!

更新日時:

会社に頼らず個人のスキルで社会に価値を提供する人たちが年々増えています。そんな時代に鍵となるのが「時間と場所にとらわれない働き方」、「個人でも安心して働ける環境」、「個人が個人の力でイノベーションを起こす」の3つです。 今回の記事ではクラウドワークスが直面している課題、どのようなサービスを提供しているのかを紹介していきます。

現代社会において大きく変化している働き方

高校や大学を卒業したら「正社員」として企業に雇用され、定年まで働く。退職後は今まで積み立てていた年金を利用し老後の人生を過ごす。 このような働き方は20世紀では当たり前でした。しかし、21世紀では日本の正社員比率が50%を下回り、企業のために働くというよりは、「自分の価値観、ライフスタイル、ライフステージにに合わせて働く」という概念が強くなりつつあります。

新しい働き方を提言するクラウドワークスってどんなサービス?

クラウドワークスは、「自分の価値観、ライフスタイル、ライフステージにに合わせて働く」に合わせて、個人と企業を繫げるプラットフォームを展開しています。 簡単に言えば、「仕事をしたい、自分の力で社会貢献したい!」という個人の人と、「仕事を依頼したい!」という企業のマッチングサービスになります。 また、人によっては企業側からお仕事を紹介(スカウト)されることもあります。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

クラウドワークスでは仕事の発注、受注、納品、報酬金額の振込まですべてインターネット上で行います。そのため、さまざまな仕事案件がクラウドワークスに発注され、個人の方はその中から自分のスキルに見合った仕事を受注することが可能になります。 つまり、クラウドワークスを利用すれば個人の方が「好きな時間、どこにいても仕事の受注が可能」、「自分で仕事を選択することができるので好きなことを仕事にできる」、「クライアントと対面する必要もないのですぐに仕事を始めることができる」など様々なメリットがあります。

クラウドワークスが持つお仕事(案件)の数は?

クラウドワークスが保有する案件数は2019年3月時点で約8300件ほどあります。 クラウドワークスの競合サービスにBizseekやshufti、サグーリサーチとありますが、Bizseekは869件、shuftiは224件、サグーリサーチは2300件ほどです。 そう考えるとクラウドワークスの保有する案件数はかなり多い事がわかるでしょう。これなら自分に合ったお仕事もたくさん見つかるかもしれませんね。

案件受注から報酬を受け取るまでの流れ

クラウドワークスで仕事を受注する方法も至って簡単です。ここではクラウドワークスで仕事を探すところから、報酬を受け取るまでの流れを紹介していきます。

【クラウドワークス】仕事探し~報酬受け取りまでの流れ
  1. クラウドワークスのサイト(https://crowdworks.jp/)にアクセス
  2. アカウントを開設&自分のスキルなどを登録する
  3. サイト上部にある「仕事を探す」をクリック
  4. 気になった案件をクリック
  5. 仕事内容を読み、「応募」する
  6. 応募後、納品条件の交渉&合意&契約
  7. 仕事開始!必要性に応じて企業さんとチャットで会話
  8. 成果物を納品する
  9. 報酬を受け取る

Step1:クラウドワークスのサイトにアクセス

まずは、クラウドワークスにアカウント登録するためにクラウドワークスのサイトにアクセスする必要があります。下記のボタンからアクセスできます。

Step2:アカウントを開設&スキルなどを登録

サイトに移動後、右上にオレンジ色の「会員登録(無料)」ボタンがあるのでそこから会員登録を行います。 会員登録をする方法は4つあります。

  1. メールアドレスを入力して登録
  2. Facebookアカウントを利用して登録
  3. Yahoo!IDを利用して登録
  4. Googleアカウントを利用して登録

「Facebookアカウントを利用して登録」、「Yahoo!IDを利用して登録」、「Googleアカウントを利用して登録」をしても、下記の「会員登録のための記入事項」の部分に繋がりますので、ここでは「メールアドレスを入力して登録」の流れのみ紹介します。

メールアドレスを入力して登録

メールアドレスを利用して登録を行った場合、まず、入力したメールアドレス宛に「【クラウドワークス】新規会員登録を完了してください」というタイトルのメールが届きます。 会員登録を完了させるために、メール内で指定されたURLを開きます。 その後、下記の項目を記入していきます。

会員登録のための記入事項
  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 主な利用方法
  • 生年月日
  • 職種
  • 個人/法人
  • 氏名
  • 性別
  • 海外に移住(している場合は住所も含む、してない場合はチェックなし)
  • 郵便番号
  • 住所

上記項目を記入し「会員登録を実行」を押します。これで会員登録の完了です。 続いては、多くの仕事を紹介(スカウト)される確率が上げる、また、仕事の契約率を上げるために自分のプロフィールを充実させていきます。

プロフィールを充実させるための項目
  • 職種(より詳しい職種)
  • 仕事カテゴリ(仕事の着手範囲)
  • ステータス(どんな仕事でも対応可能、仕事内容による、忙しい)
  • 稼働可能時間/週
  • 時間単価(時給○○円~時給○○円)
  • 自己PR(契約率をアップさせるためには500文字以上が推奨されています。)
  • SNSアカウント(もしあれば)

Step3:サイト上部にある「仕事を探す」をクリック

「仕事を探す」を押すと、応募することができる案件一覧ページが表示されます。 そのページで確認できる項目は下記の通りです。

「仕事を探す」で確認できる項目
  1. 案件のタイトル
  2. 報酬額
  3. その仕事に対しての契約数、または、提案数
  4. 応募終了までの締め切り日数

案件1つ1つに「気になる」ボタンがありますので、「気になってあとで探しても見つからない!」といったことを避けるためにあります。 気になった案件は気になるボタンを押してストックしておくことができます。 また、仕事を探すページでは「仕事のカテゴリー」で条件検索をすることもできます。選択できる仕事のカテゴリーは下記になります。

仕事カテゴリー
  • システム開発
  • アプリ・スマートフォン開発
  • ハードウェア設計・開発
  • ホームページ制作・Webデザイン
  • デザイン
  • ライティング・記事作成
  • ネーミング・アイデア
  • 翻訳・通訳サービス
  • ECサイト・ネットショップ構築
  • サイト運営・ビジネス
  • 事務・ビジネスサポート・調査
  • カンタン作業
  • 写真・画像・動画
  • 3D-CG制作
  • 音楽・音響・BGM
  • プロジェクト・補修運用メンバー募集
  • 暮らし・社会

加えて、表示順も変更することができます。具体的には、「新着順」、「報酬金額が高い順」、「報酬金額が低い順」、「応募・提案が多い順」、「応募・提案が少ない順」、「応募・提案期限が遠い順」、「応募・提案期限が近い順」と並び替えることができるので、効率的に自分に合ったお仕事を探すことができます。 まずは自分の興味関心のある仕事カテゴリーから、自分に合った仕事を選べるのもクラウドワークスの特徴です。

Step4:気になった案件をクリック

気になる案件を見つけたら、クリックして「お仕事の詳細」を確認します。 「お仕事の詳細」ではより具体的な仕事内容や、仕事内容にかかわるファイルや画像、またお仕事を依頼する会社情報を確認することができます。

Step5:仕事内容を読み、「応募」する

お仕事内容を詳しく読んで、自分にもできそうだなと感じたらお仕事の詳細ページ下部にある「応募画面へ」を押して契約に移ります。

Step6:応募後、納品条件の交渉&合意&契約

このフェーズでは契約に関する内容を決めていきます。 金額に関しては、こちら側で提示することも可能ですし、また、企業側と相談して金額を決めることもできます。 加えて、自分がいつまでに納品できるのか、お仕事が完了するのかを企業側に伝えることもできます。そうすることで、無理のない締め切りを自分で設定することができます。 最後に、メッセージという項目があるので、自分の伝えたいことを自由に書き込めますので、気になることがある場合はそこで企業側に質問しても良いでしょう。画像やファイルも添付することができます。

Step7:仕事開始!必要性に応じて企業さんとチャットで会話

契約ができたらいよいよお仕事の開始です。 お仕事の途中でなにか質問がある場合はクラウドワークス上のメッセージで企業側に質問することができるので、何がいいかわからないまま仕事をすることはまずないので安心です。 インターネット上だからと言って遠慮することはありません。困ったことがあれば、企業側にどんどん連絡をしてください。

Step8:成果物を納品する

納品の締め切り日時までに納品します。納品後は企業側が確認をして、十分に企業側の条件を満たすことができていれば無事納品完了です。 しかし、万が一、修正してほしいところが見つかれば修正を依頼されることがあります。修正点がなくなった時点で納品完了となります。

Step9:報酬を受け取る

無事、納品が終われば、あとは報酬の受け取りです。あらかじめ契約で定められた金額が振り込まれます。 ここで気を付けていただきたいのが、システムの利用料を差し引いた金額が振り込まれる点です。また、個人口座に振り込む場合は別途振込手数料がかかります。 ※仕事が始まる前に受注をキャンセルした場合はシステムの利用料は発生しません。

システムの利用料金
10万円以下のお仕事報酬額の20%
10万円超20万円以下の部分 報酬額の10%
20万円超の部分 報酬額の5%
タスク形式の場合報酬額の20%
個人口座への振込手数料
楽天銀行100円(税込)
その他の銀行口座500円(税込)

報酬の支払い日に関しては、「15日締めの月末払い」、「月末締めの翌月15日払い」の2種類の支払方式から選ぶことができます。

安心できるクラウドワークスの報酬支払方法

クラウドワークスでは、報酬の支払いを行う際、「仮払い」という方法を導入しています。 つまり、企業がお仕事を発注した時に、企業側がクラウドワークスに仮払いを行います。そうすることで、個人の方が納品をしたのに報酬が支払われないということを防いでいます。 また、仕事を受注後、キャンセルしたい場合でもクラウドワークスが報酬金を預かってるだけなので企業側に金銭面で迷惑をかける心配もありません。 個人の方でも安心してクラウドワークスを利用できる工夫が施されています。

お仕事のキャンセルについて

「受注したけど、やっぱり無理そう」ということも当然おきますよね。その場合は先述したメッセージで企業側に「キャンセルしたい」という旨を伝えましょう。 また、その上で「途中終了リクエスト」を申請すればキャンセルする事ができます。

クラウドワークスはiPhone/Androidのアプリにも対応

クラウドワークスはパソコンだけではなく、iPhone/Androidと、どのスマホでも利用しやすいようにアプリもあります。 携帯の利用頻度が高い方はアプリの利用をおすすめします。

自分の価値観で働くならクラウドワークスがおすすめ!

クラウドワークスは「時間と場所にとらわれない働き方」、「個人でも安心して働ける環境」、「個人が個人の力でイノベーションを起こす」を実現しようとしているサービスです。 サービスの内容も自分にあった仕事を選べる点や、納品期間を指定することができる点、また、報酬金額を指定できる点は、まさに個人の価値観に合わせた働き方を体現しているといえます。 今、「フリーランスをしていてお仕事を探している」、「これからフリーランスになろうと思ってるけどどこでお仕事を探したほうがよいかわからない」という方にはクラウドワークスがおすすめです。

関連する記事

アクセスランキング