IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ほどほど」を使った日本語の例文5つ|英語表現やその他の重ね言葉を紹介

初回公開日:2019年11月05日

更新日:2020年01月28日

記載されている内容は2019年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

「ほどほど」という言葉は日常会話でよく使われるものですが、その意味について聞かれると答えられる自信がないという方もおられることでしょう。そこでこの記事では、「ほどほど」という言葉の意味や例文・類語などについてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ほどほどの意味

「ほどほど」という言葉は、「ほど」という単語を2回重ねたいわゆる「重ね言葉」です。日常会話でもよく使われる言葉でもあります。 しかし、その意味について聞かれるとすぐに答えられる自信がないという方も少なくないことでしょう。そこで、ここではまず「ほどほど」の意味について見ておきましょう。 「ほどほど」という言葉には、「適当な」「ちょうどよい程度に」「あまり行き過ぎない範囲内で」といった意味があります。

ほどほどを漢字で書くと?

以上では、知っているようで意外と知らない「ほどほど」という言葉の意味について簡単にご紹介しました。 では、「ほどほど」という言葉は漢字ではどのように表されるのでしょうか。「ほどほど」は漢字では「程々」と表記されます。 そもそも、「ほどほど」は「ちょうどよい程度で」「行き過ぎない程度に」という意味を持つ言葉です。そのため、程度を表す「程」という漢字を重ねて重ね言葉にすることで「程々」と表記されます。

ほどほどの類語

「ほどほど」という言葉は、あまり行き過ぎずにちょうどよい塩梅・範囲内で物事を行ったりある状態に導くことを意味する言葉です。 では、同じような意味を持つ類語としてどのようなものがあるのでしょうか。「ほどほど」の類語としては、同じ重ね言葉だと「そこそこ」「まぁまぁ」が、その他の表現だと「適当に」「いい感じに」が挙げられます。 たとえば、「ほどほどにしておく」は「いい感じにしておく」と言い換えられます。

「ほどほど」を使った日本語の例文5つ

「ほどほど」を使った日本語の例文5つ
※画像はイメージです
出典: Example For Z - Free image on Pixabay

以上では、日常的によく使われるものの意味について聞かれると答えにくい「ほどほど」という言葉の意味や、似た意味を持つ類語についてご紹介してきました。 言葉を正しく使うためには、まずはその正しい意味を知り、その次には正しい文脈やシチュエーションにおいて使用することが不可欠です。 以下では「ほどほど」という言葉を使った日本語の例文をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

日本語の例文1

「ほどほど」を使った日本語の例文としてまずご紹介したいのが、「お酒を飲むのもほどほどにしておきなさい」「ダイエットのためとは言え、食事制限はほどほどにね」といった注意を促すフレーズです。 「ほどほど」は「度を超さない範囲内・程度で」という意味を持つ言葉です。 そのため、「ほどほどにしておきなさい」「ほどほどにね」と言うことで、「状態を悪化させるようなことはしてはいけない」と注意を促すことができます。

日本語の例文2

「何事もほどほどに」というフレーズも、「ほどほど」という言葉を使った日本語の例文のひとつとして挙げられるでしょう。 「何事もほどほどに」は、良いことであっても悪いことであっても行き過ぎたり度を超して物事を行うことをせず、中庸の状態であることが望ましいという考えを意味するフレーズです。 「出るくぎは打たれる」という言葉もあるように、良いことであっても度が過ぎると反感や反発を招くこともあるからでしょう。

日本語の例文3

「ほどほどに頑張ってね」「今日のトレーニングはほどほどにしておこう」というのも、「ほどほど」という言葉を使った例文として挙げられます。 「ほどほどに頑張る」というのは頑張りすぎず適当な範囲内で頑張るという意味であり、「トレーニングはほどほどにしておく」というのも体をいじめすぎず、ある程度の成果は得られるような程度に体を鍛えるという意味です。 「よい塩梅で」とほぼ同じ意味を持つと言えるでしょう。

日本語の例文4

アクセスランキング