IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ソフト電池ランタイムの導入は回避できない!原則回避不可能である理由5選

更新日:2022年08月02日

雑学・歴史

ゲームを楽しもうとするときによく聞く「ソフト電池ランタイム」の導入を回避したいと考える人も多いのではないでしょうか。この記事では、ソフト電池ランタイムを導入することのメリットや仕組みについて解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

ソフト電池ランタイムとは

「ソフト電池ランタイム」とは、ソフト電池対応ソフトウェアが動作するために必要なクライアント・ソフトウェアのプログラムのことをいいます。主に不正コピーを防ぐための、認証プログラムといっていいでしょう。 ソフト電池を使用するためには、必ずこのプログラムをインストールする必要があります。必須であるがゆえに、無料でダウンロードできるものとなっています。常に最新のものをダウンロードしておきましょう。

ソフト電池とは?

「ソフト電池」とは、Windows上において、アプリケーション・ソフトウェアを稼働させるための仮想の電池のことをいいます。ソフトウェアの使用権をコントロールするという役割をもった電池です。 ソフト電池に対応したソフトウェアは、それ専用のソフト電池をPCに充電することで、動作させることが可能となります。この電池システムは、すべてパルティオソフトという会社が管理しているものになっています。

ソフト電池ランタイムの導入は回避できない!

PCに詳しくない人にとっては、驚きと落胆の情報になりますが、実は、ソフト電池ランタイムの導入というものは、どうやっても回避できないように作られています。サイバー犯罪が多発する現代では、特に厳しくなっているのではないでしょうか。 導入させるやり方がわからない、ややこしそうでやりたくない、といった意見の人はやはり一定数存在します。どうしても回避できないものなのでしょうか。

ソフト電池ランタイムの導入が回避できない理由5選

では、ソフト電池ランタイムの導入が回避できないといわれる理由は、どんなものがあるのでしょうか。以下の記事では、ソフト電池ランタイムの導入が回避できない理由を挙げていきます。 どうしても導入を回避したい人、リスクを知りたい人は、ぜひ、参考にしてみてください。PCに詳しくない人でも理解しやすい内容なのではないでしょうか。

ソフト電池ランタイムの導入が回避できない理由1:不正使用防止

ソフト電池ランタイムの導入が回避できない大きな理由としては、「不正使用をさせないため」というものが挙げられます。現代のゲームには、ソフト電池がなければ動かない仕様になっているため、簡単にコピペされたシステムでは動かないようになっています。 技術の発達や張り巡らされた情報網によって、誰もがコンピュータを扱える時代となったからこその対策であるといえるでしょう。

導入することのメリット

不正使用を防ぐソフト電池ランタイムを導入することによって、正常にゲームを楽しむことができるほか、偽物のゲームに当たる可能性が低くなるというメリットがあります。 つまり、ゲームにはソフト電池ランタイムが必要不可欠なため、それがいらないゲームとなれば、すぐに偽物であると見破ることができるといえるでしょう。ソフト電池ランタイムは、大勢のゲームを愛する人たちの味方であるといえます。

ソフト電池ランタイムの導入が回避できない理由2:不正コピー対策

ひとつめに挙げた理由と少し似ていますが、導入回避ができない理由として、「不正コピーの対策のため」というものもあります。こちらは、カジュアルにコピーされた偽物システムを見破るための指標といえるでしょう。 カジュアルコピーによるシステムの使い回しができない仕様になっているため、データ元も安全であることがわかります。知らずの間に違法に手を染めていた、というハプニングも避けることができるのではないでしょうか。

導入することのメリット

次のページ:ソフト電池ランタイムの導入によるパソコンへの影響は?
初回公開日:2019年10月30日

記載されている内容は2019年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング