IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

PDFをWordに貼り付ける方法5つ|PDFの編集ができるソフト

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

皆さんこんにちは、今回は「PDFをWordに貼り付ける方法5つ|PDFの編集ができるソフト」と題して、「PDFをWordに貼り付ける方法」をシーン別にご紹介します。またその際に役立つPDFの編集ができるソフトのご紹介もしますので、ぜひお役立て下さい。

PDFとは?

まずPDFとは何なのかという基本的な内容について見ておきましょう。PDFというのは一般に使用されている「電子ファイル」のことを指しており、特定の情報の配布・交換・蓄積を電子メディア(ツール)によって管理するために活用されています。 このPDFファイルには主にWordファイル・エクセルファイル・パワーポイント資料・アプリケーションなどと、さまざまな媒体が形式によって保存されています。

PDFの特徴

先でも触れましたように、PDF(資料)というのはいわゆる「Portable Document Format」と略称されており、つまり「膨大な資料内容でもスムーズに情報交換できる」という大きな利点・特徴を持っています。 この利便性の高い特徴により、Wordファイル・エクセルファイル・パワーポイント資料・アプリケーションなどを簡単にレイアウトすることができ、あらゆる機種のパソコンでも送信することが可能です。

WindowsとMac使用時の注意点

PDF資料を作成し、それをたとえば企業間での共有情報として活用する場合、同社・提携企業との間で使っているパソコンそのものの機種の違いに注目する必要があります。PDF資料の特徴とし、多くの機種に対応しますが、WindowsとMac間では交換できません。 WindowsとMacでは確かにPDF資料そのものの情報交換(ファイルを送信すること)はできますが、文字化けする形でファイルを開く際に問題があります。

PDFをWordに貼り付ける方法5つ

さて、ここからいよいよ「PDFをWordに貼り付ける方法5つ」と題して、実際にPDFファイルをWordファイルに貼り付けて相手に送信する方法・その手順について具体的に確認していきましょう。 PDFファイルをWordファイルに転換すること(貼り付けること)そのものは実に簡単な作業で完了します。ただし、その手順を把握しておかなければならないため、できるだけ早期に熟知しておきましょう。

PDFをWordに貼り付ける方法1:PDFの画像を貼り付ける

まず「PDFの画像を貼り付ける方法」について見ていきましょう。Word上でPDF資料の存在がそのまま「画像として相手に伝わる」という形になるため、単純にPDFのアイコンをWordを通じて相手に送信するという形になります。 PDFelementを開き、PDFをプログラムにドラッグアンドドロップし、サムネイルのページを選択し右クリックすると「1つの画像としてページを抽出」と出るのでそれを選択しましょう。

スナップショットツール

先述の続きのようになりますが、PDF資料を画像としてWordファイルに貼り付ける場合、その手順においてAdobe Acrobatの「ツール」から「選択とズーム」を選び「スナップショットツール」をクリックすることができます。 そのアイコンをクリックすることにより、Wordの文章の中で「貼り付け」をするとスムーズにスナップショットツールとしてPDF資料を貼り付けることが可能です。

Snipping Tool

「Snipping Tool」というのはWindows8から以降の機種になればすでにPC内に既存のツールとして内蔵されています。その「Snipping Tool」を下方のツールバーなどにタブ固定しておき、いざという時にすぐ使えるようにしておくと便利でしょう。 この場合、アイコンをクリックして「新規作成」を選択し、画面全体が暗くなる上で、カーソルで範囲指定した部分だけを繰り抜く形でコピー&ペーストします。

アクセスランキング