IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バーベキューに必要な道具一式まとめ|子連れや大人数向けも紹介!

更新日:2023年04月24日

旅行・アウトドア・スポーツ

バーベキューを楽しむためには道具や食材を準備することが大事で、準備がしっかりできていると後がラクになります。成功するために何を持って行けばいいかを紹介します。最近はキャンプ場に道具のレンタルもありますが、今後何度も行くなら購入の検討をします。

子連れ家族のバーベキューに必要な道具2:アイスノン

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結 長時間保冷 氷点下パックM
ロゴス 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックM 長時間保冷

¥ 1,078

口コミ

使用環境にも大きく左右されると思いますが、8月の炎天下の中、エアコンの使用していない屋内で保冷バックにこれを1つと食料を入れて置いても14時頃までは、充分な保冷をしていました。

身近なもので言えば、ケーキやアイスに付いてくる保冷剤がありますが、アウトドアではすぐに溶けてしまい保冷力が持たないので、アウトドア用の保冷剤を使います。 クーラーボックスを冷蔵庫のような道具にしてくれるアイスノンを紹介します。

子連れ家族のバーベキューに必要な道具3:プレートセット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 鉄板 ニューアイガーグリドル S 370×240mm M-6572
キャプテンスタッグ バーベキュー用 鉄板

¥ 2,052

口コミ

使い捨てにするつもりで購入しましたが、意外としっかりしてるので洗って保管します。初期のラッカー塗装は空焼きしてスチールタワシで擦ればすぐに取れます。

バーベキュー用の鉄板があると、網と違いムラなく均一に焼きあがり、食材に直接火が当たるのではなく、鉄板全体で蓄熱して火が通ります。 せっかくの肉が油落ちによってパサパサになることも、いつの間にか黒焦げになることもありません。

子連れ家族のバーベキューに必要な道具4:虫よけスプレー

天使のスキンベープ 虫除けスプレー イカリジン ミストタイプ 60ml プレミアム ベビーソープの香り
天使のスキンベープ 虫除けスプレー
口コミ

使用して感じた利点としては、蚊に効果バツグン。虫刺され知らずに、そして虫除けスプレー特有の匂いがなく、周りや自分が嫌な思いをしないです。

虫よけスプレーは夏に野外に行くときは必要な虫よけ対策で、健康をたもつために大切です。 熱い気温では、虫よけのために長袖、長ズボンを着ていると熱射病になりやすいので、虫よけスプレーは大切な道具になります。

子連れ家族のバーベキューに必要な道具5:ウェットティッシュ

ネピア ウエットントン 除菌ウエットティシュ アルコール 無香料 50枚 ×24セット
ネピア ウエットントン 除菌ウエットティシュ

意外と忘れがちになるのがウエットティッシュで、バーベキューの準備に手が汚れたときや、その後に食材を準備するときなどに手を拭くのに使います。 また食べているときや食べ終わったときなどに使える重要な道具です。

大人数の友人とのバーベキューに必要な道具

大人数の友人とバーベキューは、必ず人数を確認しながら持って行くものを準備しましょう。 たとえば福島県福島市のfome base(ホームベース)のようなところだとをレンタルしてくれることもありますので、聞いてみてることをします。 よくバーベキューに行くのならレンタルよりも、買ったほうが安上がりですし、使い慣れた道具のほうがバーベキューがよりおいしくなります。

大人数の友人とのバーベキューに必要な道具1:燻製機

Wancle 燻製器 スモーキングガン 食用燻製器 ポータブル 燻製機 自宅や屋外バーベキューなども (ゴールド)
燻製器 スモーキングガン 食用燻製器
口コミ

今では燻製したお肉をリーズナブルで購入できる時代の中、私は再びドラム缶を使用して燻製しようと計画してる最中にこちらの燻製器を発見。

最近はバーベキューが誰でもできるようになり、道具も進化していて、燻製機もアウトドアでも使えるようになりました。 バーベキューで作る料理はマンネリになってしまいますが、燻製機で違う料理に挑戦できますし、料理のレパートリーも増えます。

大人数の友人とのバーベキューに必要な道具2:焼肉ツールセット

FYX アウトドア ナイフブロックセット キッチン工具 クッキングツール 7ピース BBQ
アウトドア ナイフブロックセット
口コミ

ケースなどは、しっかりしているとは言えませんが、収納の種類が豊富なので、作りも悪くなく十分満足出来ます。一個あれば、ほぼ全部賄えます

次のページ:バーベキューにあると便利な道具
初回公開日:2019年12月17日

記載されている内容は2019年12月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング