IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

広報の仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・やりがい

更新日:2022年11月17日

業界・企業研究

「広報」の主な仕事内容は、自社の商品やサービスなどの情報を発信することです。自社がどのような商品を発売し、それがどのような利点があるものなのか、どのように暮らしに関わっていくのかなどを伝えることで、自社の商品やサービスに対しての認知度を高めるだけでなく、会社全体のブランドイメージを高めていく仕事です。

また、広報はプレスリリースの作成も任されていますが、このリリースの作成は単純作業ではなく非常に頭を使う作業であり、正解というものがない仕事です。

そのため、熱中してしまうとどんどん就業時間は長くなってしまいます。そのため、十分な人員が確保できていない場合、どうしても残業時間は長くなりがちだと言えるでしょう。

さらに、企業に問題があった場合にはその対処を行わなければいけないのはもちろん、企業の商品やサービスが話題になった場合、マスコミの取材にも対応することが必要なため、広報業務は常に非常に忙しいということができるでしょう。

広報の仕事の魅力・やりがい

豊富な人脈が築ける

まず広報の仕事の魅力には、「多くの人と接することができる」という点が挙げられます。特にテレビや雑誌など、マスコミ関係者との接触も多く、結果として一般的な企業に勤務している人よりも、豊富な人脈を築くことができます。さらに普段から人との関係を大切にすることも広報の大切な仕事のひとつです。

自分の会社が社会からどのような評価を得ているのかといった情報に敏感であることも必要となるため、自然と情報への感度が高くなり、世の中の流れを見極める目を磨くことにもつながっていきます。

また、広報として働くことは企業のイメージを代表することでもあります。あらゆる取材などを通じて、広報担当者は会社の顔となって仕事を行うことから、愛社精神はもちろん、若いうちから自信や責任などを養い、自らの成長につなげることができます。

会社を代表する存在にもなれる!

広報の仕事のやりがいには、自分の責任の範囲が広いということもあります。たとえば、自分の書いたプレスリリースがきっかけで自社の商品やサービスが大ヒットしたり、大きな話題となったりといったことも決して珍しいことではありません。

自分の力によって会社に利益をもたらすという点では営業の仕事とも似た部分がありますが、広報の場合には影響を与える範囲が非常に大きくなるため、自分の仕事が社会に新しい動きをもたらすことができるという意味では、これ以上魅力的な仕事はないと言えるかもしれません。

それだけでなく、経験を重ねた広報担当者は会社にとっては非常に重要な存在です。また広報の仕事の重要性は、年々高まっていて、優秀な広報担当者は引く手あまたです。どのような会社でも広報は必ず必要となる仕事のため、経験を重ねて実力をつけていくことで、昇進や転職も非常に有利になるでしょう。

広報に必要なスキル

広報になるために、必要な資格というものはありません。しかし、広報には独特のスキルが求められます。

まず、広報に必要となるのは人間的なスキルです。広報担当者はマスコミをはじめ、自社の社員や株主など非常に多岐にわたった人々と接する機会の多い仕事です。

その中では、どう考えても無理難題といったものを突き付けられる機会がありますが、そういった場合でも相手を不快にさせないようにやんわりと断ったり、話の矛先を上手く交わしたりといった機転が求められます。

広報の態度や言葉によって、企業のイメージが左右されることも多いことから、人当たりの良さなどが重要となります。

次のページ
初回公開日:2022年11月17日

記載されている内容は2022年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング