IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

広報の仕事はきつい?楽しい? | 仕事内容・平均年収・やりがい

更新日:2022年11月17日

業界・企業研究

「広報」の主な仕事内容は、自社の商品やサービスなどの情報を発信することです。自社がどのような商品を発売し、それがどのような利点があるものなのか、どのように暮らしに関わっていくのかなどを伝えることで、自社の商品やサービスに対しての認知度を高めるだけでなく、会社全体のブランドイメージを高めていく仕事です。

広報の平均年収は300万円から500万円程度と言われています。勤務している企業の規模などに左右されることもありますが、一般的なサラリーマンの平均的年収と言ってもよいでしょう。

これはまだまだ広報の仕事の重要性が認識されたばかりということもあり、広報の専門家という存在が少ないということも原因と考えられますが、今後は広報の仕事に対する重要性が高まっていくことが予想されるため、スキルと経験を身につけることで、さらに高い報酬を手にすることも可能です。

広報の仕事はきつい?楽しい?

クリエイティブな楽しさが感じられる仕事

広報の仕事は社内・社外に対する情報発信です。いわば、自社の中のマスコミ的な存在ということも可能で、そういった仕事の特性上、広報には自社の商品やサービス、ひいては人をどのようにPRするのかといったクリエイティブな感性が求められます。

企業によっては広報の新しい挑戦に対して積極的な支援を行うところもあるため、次々に新しいアイデアを考えて、それを実現していくといったタイプの人にとっては、きついところはあっても楽しい仕事だということができるでしょう。

同時に、近年はプレスリリースの重要性が非常に高くなっていますが、マスコミや関係者の元には毎日、数多くのリリースが届けられます。

そのため、ごく普通のプレスリリースしか作ることができなければ、それは山の中に埋もれて誰の目に触れることもなくなってしまいます。魅力的で、マスコミが取り上げたり、ネットで話題になりそうなプレスリリースを作ることが求められていますが、これはなかなか簡単なことではありません。

だから、広報担当者の多くは、毎日どうすればプレスリリースが人の目に触れるようになるのか、苦労を重ねています。

部署と部署の仲裁も

広報は社内への情報発信も重要な仕事です。そのため、あらゆる部署の人間と知り合い、それぞれから情報を集めていくということも重要な役割となりますが、ときとして部署と部署のもめごとに巻き込まれてしまうこともあります。

あの部署だけ予算が多いのはどういうことだとか、あそこの部署は前にも取りあげられていたのにうちはまだだなど、それぞれの部署からクレームが寄せられるということも珍しくはありません。

そのような人間関係の問題も広報には付きまとうため、意外なストレスを感じるといった事態も考えられます。

さらに、会社に不祥事や事故など、なにか問題が起きた場合、広報は矢面に立たなければいけません。

もちろん、不祥事や事故などについて広報に責任があるはずもないのですが、それでも謝罪を続けなければいけません。そういったときに、会社の上層部ができるだけ情報を隠そうとする場合などもあり、そういったケースでは広報担当者の負担は非常に多きなものとなるでしょう。

広報の仕事は忙しいのか

一日を通じて多忙となる広報の仕事

広報の仕事は、基本的にはマスコミや株主など社外への情報発信と、その情報を社内に取材することです。外部とのやりとりも、社内への取材も通常は就業時間内に行うことが基本となるため、日中は非常に多忙となります。

次のページ:広報の仕事の魅力・やりがい
初回公開日:2022年11月17日

記載されている内容は2022年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング