IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ギルティの意味と使い方・ギルティの反対語

初回公開日:2018年03月17日

更新日:2020年05月12日

記載されている内容は2018年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

最近よく耳にする「ギルティ」という言葉。ギルティがどんな意味を持つ言葉なのかわからないという方は多いのではないでしょうか。この記事では、ギルティの意味や使用例を多角的にご紹介しています。この言葉を日常生活に取り入れてみたい方は、ぜひ読んでみてください。

食べ切れないことを撃沈と呼びます。小さいサイズを頼んで食べ切ることができなかったなら仕方ないですが、大やトッピングコールをしたのに撃沈してしまうのは、ギルティです。撃沈してしまった場合は、しっかりと謝りましょう。

ギルティの反対の意味を持つ言葉は?

ギルティの反対の意味を持つ言葉をご紹介します。

Not Guilty

"Not guilty"(ノットギルティ)はギルティの反対の意味を持ちます。裁判で無罪判決が言い渡されるときに使用されます。

innocent

"innocent"という言葉も「無実の」や「無罪の」という意味を持ち、ギルティの反対の意味であると言えます。しかし、裁判では使われません。 海外では「有罪」か「無罪」か、という捉え方ではなく、「有罪」か「有罪でない」かというように捉えています。そのため、海外の裁判では"innocent"は使われず、"Not guilty"が使用されています。

ギルティという言葉を使いこなそう!

今回はギルティという言葉がどのような意味をもつのか、どのように使われているかについてご紹介しました。使われる状況によって若干意味合いに違いが出てきます。その場その場に合った使い方ができるように、しっかりと意味を覚えて使いこなせるようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング