IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご連絡申し上げます」の例文・正しい使い方|メール/敬語

敬語

「ご連絡申し上げます」という表現は、ビジネスの場では頻繁に使います。しかし、この言い回しの使い方を正しく理解していない人も、多いのではないでしょうか。これを機に、「ご連絡申し上げます」の使い方を正しくマスターし、一目置かれる存在になりましょう。

更新日時:

メールでの「ご連絡申し上げます」の例文

メールでの「ご連絡申し上げます」の例文

「ご連絡申し上げます」という表現は、メールでは頻繁に使います。ビジネスのシーンではもちろんのこと、若干改まった日常の場でも良く出てくる表現です。 「ご連絡申し上げます」を正しく使えるのとそうでないのとでは、相手に与える印象が大きく変わってきます。まずはメールにおける「ご連絡申し上げます」の例文を学んでみましょう。

「後ほどご連絡申し上げます」

「後ほどご連絡申し上げます」

この「後ほどご連絡申し上げます」は、絶対に覚えておきたい表現の1つです。相手にメールをすると分かっているが、今すぐに連絡ができないことは、ビジネスでは良くあります。こんな時、ワンクッション置いた表現を使っておけば、相手も安心することでしょう。 ただし、この「後ほどご連絡申し上げます」に関しては、気をつけておかないといけない点があります。それは、相手にきちんと忘れずに連絡をすることです。「後ほどご連絡申し上げます」とメールした以上は、相手に連絡を入れることを約束しているのですから、その約束を破るようなことは、絶対にあってはいけません。 もし自分が「後ほどご連絡申し上げます」と言われて、相手から連絡が一向に来なかったら、どう感じるでしょうか。この点をきちんと意識した上で、表現を使うことが大切です。

「○○が変わってご連絡申しあげます」

「○○が変わってご連絡申しあげます」

「○○が変わってご連絡申しあげます」も、メールで使える例文の1つです。使い方は至って簡単で、○○の中に自分の名字を入れれば良いだけです。 この表現は、「ご連絡を申し上げる」アクションを起こす、その動作主を指定できる点に特徴があります。これによって、誰から連絡が行くのかがハッキリとわかるので、言われた相手としても混乱しません。 「○○が変わってご連絡申しあげます」を使う際の注意点についてはどうでしょうか。自分ではなく、身内のスタッフの誰かが連絡をする場合、「○○さんが変わってご連絡申しあげます」と言いがちです。特に○○に入る人が目上のケースですと、なおさらでしょう。 しかし、連絡をする動作主が自分側なのですから、「○○さん」とさん付けにする必要はありません。あくまでも敬称をつけないのがポイントです。

「ご連絡申し上げます」の正しい使い方

「ご連絡申し上げます」の正しい使い方

ビジネスの場などで「ご連絡申し上げます」を正しく使うことは、さほど難しくはありません。しかし、基本的な使い方を取り違えてしまうと、「この人の敬語、本当に大丈夫かな」と相手に心配されることにもなります。そのようなあらぬ事態を招かないよう、「ご連絡申し上げます」の正しい使い方を前もって知っておくことが大切です。 「ご連絡申し上げます」は、謙譲語としてのみ使用可能です。つまり、主語が「私」あるいは「自分側についている人」と捉えましょう。もし「ご連絡申し上げます」の主語を相手にすると、相手の立場を下げることになるので、注意が必要です。 また、「ご連絡申し上げさせて頂きます」のようにバカ丁寧にへり下る人も居ますが、そこまでする必要はありません。「申し上げる」だけで謙譲語の役割を果たすのですから、過度な謙譲は避けましょう。

敬語での「ご連絡申し上げます」を使った例文

敬語での「ご連絡申し上げます」を使った例文

「ご連絡申し上げます」のように「ご〜申し上げる」という形になっている表現は、相手への敬意が高いと言われています。謙譲語はバリエーションが豊富ですが、この「ご連絡申し上げます」は押さえておいて損はありません。 「ご連絡申し上げます」を敬語として使う場合、どんな例文が考えられるでしょうか。

「ご指定頂いた日時に、改めてご連絡申し上げます」

相手に連絡をしたところで、忙しくて対応できない場合、連絡する日時に関してあらかじめアポイントを取っておくことも有効です。そういうシチュエーションで使える表現が、「ご指定頂いた日時に、改めてご連絡申し上げます」です。 単に「ご連絡申し上げます」だけでも、相手への敬意をきちんと示すことはできます。しかし、相手の都合まで配慮するとなると、十分とは言えないでしょう。そんな時のために、「ご指定頂いた日時に」という要素を付け加えます。 また、ご連絡をする日時を具体的に付け加えた方が良い場合もあります。「○月○日に、改めてご連絡申し上げます」のように伝えておけば、リマインドの意味でも活用できるので便利です。

「〇〇についてご連絡申し上げます」

単に「ご連絡申し上げます」では、何についての連絡なのかが不明確です。「ご連絡申し上げます」のみで対応してくださる人もいますが、相手が忙しいことを考えれば、連絡する目的を事前に伝えておくのも有効です。そうすることによって、相手も無駄な時間を取らなくて済むことでしょう。 「来週行うA社とのミーティングについて、ご連絡申し上げます」と記せば、メッセージを受け取った相手としては、「例のミーティングについての連絡が来る」と認識できます。また、要件を伝えることで、相手も重要度を判断しやすくなることでしょう。 ほんの少しの工夫が、相手の信頼を得るためには重要です。

「ご連絡申し上げます」と「ご連絡差し上げます」の違い

「ご連絡申し上げます」と「ご連絡差し上げます」の違い

一見似たような表現でも、一言違えば与える印象が大きく変わります。例えばですが、「ご連絡申し上げます」に似たような表現として、「ご連絡差し上げます」も挙げられます。 この2つの表現の違いも知ることで、より洗練された敬語表現を使いましょう。

「ご連絡申し上げます」が与える印象

敬語を使う以上、相手に適度な敬意を示すことが大前提です。そのような表現をすんなりと使うことができれば、相手の印象が大きく変わることでしょう。 「ご連絡申し上げます」は、自分から「申し上げる」と伝えていることに、重要なポイントがあります。「申す」や「申し上げる」は、「言う」の謙譲語としての役割を果たすため、それだけで相手を敬う気持ちを上手く表現できます。 謙譲語がいかなるものかを頭で知っているとしても、それを実際に使いこなせるとは限りません。特に尊敬語と謙譲語は間違いやすいので、その分正しく使えるとポイントが高いです。

「ご連絡差し上げます」が与える印象

「ご連絡申し上げます」同様、「ご連絡差し上げます」も、一種の謙譲表現として活用できます。しかし、「ご連絡差し上げます」は、あまり望ましい表現とは言えません。 というのも、「差し上げる」という表現が持つ響きが、「自分から何かを相手にあげる」と解釈される恐れもあるからです。相手にとって、ご連絡が何かしらのメリットを感じるようであれば、「ご連絡差し上げます」でも良いでしょう。それとは逆に、単に相手に連絡をするだけであれば、「差し上げる」より「申し上げる」を用いる方が、より丁寧に聞こえます。

「ご連絡申し上げます」と「連絡差し上げます」の違い

もし、「ご連絡申し上げます」と言わずに、「連絡差し上げます」と伝えた場合、相手にどんな印象を与えやすいでしょうか。これについてどう感じるかは相手次第ですが、良い印象があるとは言えません。 「連絡差し上げます」には、「ご」がついていないのがポイントです。これでは謙譲語っぽく聞こえるとは言えないでしょう。悪意はないとは言えども、自分の方が目上と解釈されても、決しておかしくはありません。 以上の点から、「連絡差し上げます」を謙譲語として用いるのは、避けた方が無難です。

言葉遣いが綺麗な人は、言い回しを正しくマスターしている!

言葉遣いが綺麗な人は、言い回しを正しくマスターしている!

普段何気なく使っている言葉ですが、改めて振り返ってみると、実は間違った使い方をしていたことに気づくこともあります。とりわけ敬語は、動作主が誰なのかによって、尊敬語を使うか謙譲語を使うかが違います。そのため、敬語の種類を取り違えることだけは、避けるべきです。 「ご連絡申し上げます」は難解な表現ではありませんが、だからこそ注意して使わなければいけません。謙譲語なので、自分側が主語の場合のみに用いることだけは、まずは押さえておきましょう。 言葉遣いが綺麗な人になりたいなら、正しい敬語を使えることが、まずは必須です。

関連タグ

アクセスランキング