IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「誠に遺憾である」の意味と使い方・レベル|政治家/ビジネス

言葉の意味

ニュースなどでよく聞く「誠に遺憾」とい言葉は、よく見聞きするものの日常ではあまり使わない言葉であることもあり、正しい意味や使い方を捉えるのが難しいフレーズの一つです。この記事ではそんな「誠に遺憾」という言葉について、その意味と使い方をご紹介します。

更新日時:

「誠に遺憾である」

「誠に遺憾である」

「誠に遺憾である」というフレーズはニュースなどでよく見聞きするフレーズです。しかし、この「誠に遺憾である」というフレーズの意味や使い方は知らない、知っている方も少なくはないのではないでしょうか。 この記事では、そんな「誠に遺憾である」というフレーズの意味と使い方についてご紹介いたします。「誠に遺憾である」の正しい意味と使い方を知って、日常生活にぜひ活かしましょう。

「誠に遺憾である」の意味と使い方

そもそも、「誠に遺憾である」という言葉は、日常生活でそう使うことのない言葉です。ここでは、まず「誠に遺憾である」の意味と使い方を抑えておきましょう。

「誠に遺憾である」の意味

「誠に遺憾である」の「遺憾」という言葉は、「物事が思い通りに運ばず、心残りであったり残念である」という意味を持つ言葉です。また、その思い通りに進まなかったことが「どうしても許すことはできない様子」や「失敗であった」ことなども意味します。 ですので、「誠に遺憾である」という言葉は、「本当に残念で許すまじことだ」という意味を持つフレーズだと言えるでしょう。

謝罪に使う言葉じゃない!

ニュースなどを見ていると、政治家の誰かが不祥事を起こした時などに、同じ立場にある政治家が、「誠に遺憾である」という言葉を使うなどのシーンを、見かけます。 すると、なんとなく、「悪いことをした時にその責任を共に負う立場にある人が、「〜してしまって申し訳ない」というような意味で使っている」というようなイメージを持つ方も少なくないのではないでしょうか。 しかし、「遺憾」という言葉は「本当に残念で許せないことだ」、と起きた事柄を起こした人に対して咎める意味合いを持っています。ですので、先の例で言うと「誠に遺憾である」と言った政治家の方は、不祥事を起こした政治家の人を「本当に残念で許せない」と言っていると言えます。 このように、「誠に遺憾である」と言う言葉は、謝罪のための言葉ではなく、「その物事が起こったことを残念に思い許せない気持ち」を伝える言葉です。

だから使い方には注意が必要

「誠に遺憾である」という言葉は、「そのことが起きてしまって本当に残念で、そんなことが起きるなんて許せない」ということを言い表す言葉です。裏を返せば、「私には責任がないけれど、それを起こした人は責任を取るべきだと思う」と言うことを、表す言葉でもあります。 ですので、使う際は「自分には責任がないけれども、自分の関係がある人やこと」に関して使います。「自分が失敗を起こした」時に「誠に遺憾です」などと使ってしまうと、責任逃れと受け取られてしまいますので、注意が必要です。

「誠に遺憾」を使った例文

それでは、「誠に遺憾」という言葉を使った文章をいくつか取り上げて見ましょう。

誠に遺憾に存じます

「存じます」というのは、「思う」を敬語の謙譲語で表した言葉です。ですので、「本当に残念に思い、許せないことだと思っています」という意味の文章になります。言い換えるとするなら、「とても残念に思います」というフレーズと言い換えることができます。 残念な気持ちや、期待はずれであったことを伝える時に、使えるフレーズです。

誠に遺憾ながら

「誠に遺憾」の後に「ながら」とつくことで、「本当に残念で許せないことだけれども」、という意味になります。こちらはただ思ったことを言い表すだけでなく、「残念だけど〜しなくてはいけない」ということを伝える時に、使うフレーズです。 例えば、会社レベルの大きなパーティに誘われているのに、それを欠席しなければいけないときなどに、「誠に遺憾ながら、欠席させていただきます」というように使います。

「誠に遺憾」が表すレベル

「誠に遺憾」という言葉以外にも、ニュースで聞く言葉の中には、「懸念がある」など何か物事の行く先を慮(おもんばか)る言葉がいくつかあります。それでは、その言葉たちの中で、「誠に遺憾である」という言葉どれほどの意味がある言葉なのでしょうか。 他の言葉と比べながら、その言葉の重さについて探ります。

この順で言葉の意味に重さがある

ニュースで取り上げる言葉を、軽い意味合いのものから順で並べました。 懸念する:心配である・不安がある 強く懸念する:とても心配である・不安である ここまでは、物事が起きるまでに使われる言葉です。ここから先は、物事が起きてから使われる言葉になります。 憂慮する:心が痛む。 深く憂慮する:とても心が痛む。 遺憾だ:残念である。許せないことだ。 誠に遺憾である:とても残念であり、腹立たしいことだ。 非難する:そうあるべきでない。すぐにやめるべきだ。 断固非難する:こんなことは絶対に許せない。いますぐやめるべきだ。 抗議する:やめるように働きかける。 断固抗議する:何をされてもやめるまで絶対に働きかける。

「誠に遺憾」は対抗する立場を表す一歩手前の言葉

このように見てみると、「誠に遺憾である」という言葉はとても強く相手を非難する言葉であることが分かることでしょう。 「誠に遺憾」という言葉は、「自分が許せないと思っている」という意思を伝えるだけで済む段階の、最終段階の言葉です。その次の段階は、その物事を起こした人に対して、対抗する段階になります。 ですので、このニュースなどでフレーズを聞いたら、「この人は相当このことに関して許せないと思っているんだな、この次はないんだな」というように考えて良いと言えます。

政治家が「誠に遺憾」と言った場合の意味

政治家が「誠に遺憾」という場合には、ただ、「残念で許せない」ということではなく、物事を起こした相手に対して「抗議する気持ち」や「怒り」を表す言葉にもなります。 その気持ちの強さは上記に示したように、「誠に遺憾」という言葉が、その物事を起こした相手に対して対抗する意思を表す一歩手前の言葉であることを考えると、とても強いと言えるでしょう。

ビジネスシーンで「誠に遺憾である」と言った場合

ビジネスシーンで「誠に遺憾である」と言った場合

それでは、ビジネスのシーンで「誠に遺憾」というフレーズを使う時は、どのような時でしょう。「誠に遺憾である」という言葉の意味は、政治家が使う時のように変わることはなく、本来の「残念で許せないことだ」という意味になります。 ビジネスシーンで使う1つのシーンとして「誠に遺憾ながら」という使い方をご説明した時の例のように、何かお断りする時が挙げられます。ただし、プライベートな飲みの誘いや、休日に会う約束を断る場合は、「誠に遺憾」という言い回しは、あまりにも堅苦しい表現と言えるでしょう。 「誠に遺憾」という言葉を使う時は、例えば会社全体で行われる大きなパーティーや、親睦会に呼ばれていた時などが良いでしょう。こうした場合「ただ欠席してしまい申し訳ありません」と言うよりも、「誠に遺憾ながら欠席させていただきます」と言った方が、「本当なら休むべきでなかったのに、申し訳ない」という気持ちが伝わります。

「誠に遺憾」の類語

「誠に遺憾」という言葉は、どのような言い換えができるのでしょうか。他の言い回しもチェックして、言葉の表現の幅を増やしましょう。

「大変残念」

「誠に遺憾」という言葉には、「残念である」という意味があるとお話ししました。この「大変残念」という言葉は、「誠に遺憾」に含まれる、「残念である」気持ちをよりシンプルに伝える表現です。 「大変残念なことですが」、「大変残念に思います/存じます」というような形で、「誠に遺憾」と同じように使います。

「とても心残り」

「心残り」とは「心からそのことが離れず、心配に思ったり、残念に思うこと」を表す言葉です。「誠に遺憾」と違って、その事柄を咎める意味合いはない表現となっています。 「〜できないことが、とても心残りですが」といった形や、「〜できなかったことがとても心残りです。」というように使います。未練が残ることに対して使うフレーズです。

「悔しく思う」

こちらは「誠に遺憾」と同じように、それが起きてしまったことを許せずにいる気持ちも、言い表せる表現です。 「悔しい」には「失敗や恥ずかしい思いをして、そのことを諦めることや、忘れることができないこと」といった意味があります。ですので、「本当にどうしてそんなことが起きてしまったのだろう」というような、後悔の気持ちが含まれた言葉と言えます。 「悔しく存じます」、「〜しなかったことが悔やまれます」といった形で使います。

「口惜しく思う」

こちらも「悔しく思う」と似た意味のある言葉ですが、少し古風な言い回しになっています。 「口惜しい」という言葉は、「残念で悔しい」という意味の他に、「期待はずれであること」や「失望する」といった意味を持つ言葉で、より「遺憾」の意味に近い言葉と言えるでしょう。 「〜であったことを大変口惜しく存じます。」、「口惜しい限りですが」、などのように使います。

「無念である」

「無念」には「悔しくてたまらなく思うこと」という意味があります。そうしたことを踏まえると、「悔しく思う」や「心残り」、「残念である」と言った表現よりも、より悔しい気持ちが強く伝わる言い回しと言えます。 「〜であるのが無念でなりません。」という形で使います。

「心苦しく思う」

「心苦しい」とは「申し訳なくて望ましくないことであると自分を責めてしまう」という意味です。ですので、「申し訳なくて仕方がないと思う」という意味の表現です。 「誠に遺憾」という表現が、その物事が起こってしまったことに対して、「許せない」と怒りの意味が込められているニュアンスがあるのに対し、「心苦しい」は「その物事が起きることを自分も未然に防ぐ努力ができたんじゃないか」、というような、自分を責める気持ちがある、というニュアンスがあります。 「大変心苦しく思います」や、「心苦しいことですが」のような使い方をします。

意味や使い方を抑えて、自分の気持ちを正しく伝えよう!

いかがでしたでしょうか。「誠に遺憾」という言葉が、こんな意味を持つ言葉であるとは、普段見聞きしているだけでは分からなかった、という方も少なくないのではないでしょうか。 言葉は正しい意味や使い方をしないと、思わぬ誤解を生んだり、望まないトラブルの原因にもなり得ます。 少し意味が分からないな、あやふやだな、と感じる言葉があったら、意味や使い方を調べる癖をつけると良いでしょう。そうすることで、言葉の表現の幅が広がり、より正しく自分の気持ちや立場を相手に伝えることができるようになります。

関連タグ

アクセスランキング