IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「であれば」の意味と使い方・敬語・言い換え方法と例文

敬語

私たちが日頃使っている言葉の中には、意味や使い方をいまさら誰にも聞けないような言葉があります。自分が本当にこの使い方は正しいのか確認したいこともあるでしょう。そこで今回は「であれば」という言葉について詳しくご紹介します。「であれば」の敬語ってご存知ですか。

更新日時:

「であれば」の意味と使い方

「であれば」の意味と使い方

「であれば」という言葉は多くの人が無意識に使っている言葉の一つですが、皆さんは正しい使い方をしていますか。そして正しい意味を知っていますか。 「であれば」は、どんなシチュエーションでも使われる程使うことが多い言葉ですが、改めて意味や使い方を知ることで今よりも的確な会話ができるようになるでしょう。

意味

「であれば」の意味は、前に述べた事柄を受けて、そこから導かれている論述を述べるときに用いられる接続詞のような言葉です。 相手に対して都合が分からない時に「もし....」という気持ちを表現します。物事に対して状況が分からない時に「そうなのであれば...」という気持ちを表現します。

使い方

「であれば」は、「接続詞」のような使い方をします。意味にも書いてあるように前に述べた事柄と「であれば」の後に述べる事柄は続いている文章でなければなりません。 『あなたが来るのであれば、私も行きます。』のように使います。

「であれば」の敬語の使い方

「であれば」の敬語の使い方

「であれば」は、基本的にどんなシチュエーションでも使える言葉です。仲の良いプライベートな中での会話やビジネスシーンなど畏まった場所での会話でも使える言葉ですが、改めて「であれば」を使う際に知っておきたい、敬語での使い方を復習しましょう。

であればの敬語

「であれば」を使う時の心境は相手に気を使っているときが、多いのではないでしょうか。敬語で会話をする相手やシチュエーションにて、何か物事をうまく円滑に進めるためや、率直に意見を求められない時などに、相手の意見や状況、物事の状況を把握したい理由で使用します。 例として「可能であれば」という言葉がありますが、この言葉を使う時には自分では相手にマイナスの感情を与えないように工夫しているでしょう。そして、相手にも気を使わせないように文章を真剣に考えているのではないでしょうか。 例文「可能であれば、お返事下さい。」「可能であればお越し下さい。」 しかし「可能であれば」という言葉は時にはストレートな表現にも聞こえるため、時と場合を選んでさらに丁寧な言葉を使うことも必要です。『お時間ございましたら』や『ご検討頂けましたら』.などと使い分けましょう。

「であれば」の言い換え方法

「であれば」の言い換え方法

敬語の使い方でもご紹介したように、「であれば」は時にはマイナスな表現になることもあります。敬語を使っているはずなのに、相手方に指摘されることもあるこの「であれば」は、より丁寧に表現したい時には使うことを拒まれる言葉です。指摘されないためにも、より丁寧な敬語表現を身につけるためにも「であれば」の他の良い方、言い換えを覚えて臨機応変に会話ができると良いです。

言い換える

例文を元に「であれば」を言い換えてみます。 「可能であれば、明日のコンサートにぜひお越し下さい。」 言い換えると「お時間ございましたら、明日のコンサートにぜひお越し下さい。」 「3時からであれば、時間があります。」 言い換えると「3時からでしたら、時間があります。」 「○○さんがご結婚なさっているのであれば、お伺いしたいことがあります。 言い換えると「○○さんがご結婚なさっているのでしたら、お伺いしたいことがあります。」 「この書類が必要であれば、いま直ぐに持っていきます。」 言い換えると「この書類が必要な場合、いま直ぐに持っていきます。」

「であれば」の例文

「であれば」の例文

「であれば」を実際に使った文章と、「であれば」に一つ言葉を付け加えてできる「であれば○○」の言葉と意味、そして例文をご紹介します。

であれば

「今後この学校の近くに引っ越せるのであれば、わたしはとても嬉しいです。」 物事に対する未来の動きが分からない時の例文です。 「会議が遅れて到着が遅くなるのであれば、この電話番号に早めに連絡が欲しいです。」 物事の状況が分からない時の例文です。 「今日のランチがイタリアンであればわたしは今、和食を食べる」 未来への期待が込められています。 「時間に余裕があるのであれば、ぜひコンサートに来て欲しいです。」 相手の時間を伺う時に例文です。

であればあるほど

「であれば」と「あるほど」を一つにした「であればあるほど」を使った例文をご紹介します。 意味は、ある物事に足して「そうであれば○○だ」と想像しているだけでなく、想像がより確実で明確なものに見えているときに使用します。「絶対に○○だ」と、断言したいような事柄にも使います。そして、「であればあるほど」を使った後には、「なぜなら」と、述べた理由を付け加えるとより明確に自分の意志や状況が伝わります。

例文

例文1「君が日本人であればあるほど、今回のコンサートは聞きに来た方が良い。なぜなら、演奏する曲が全て日本の曲だから。」 例文2「インターナショナルな会社でかつ、社員が全員外国人であればあるほど、その会社は成功するだろう。なぜなら」 例文3「この料理に唐辛子がたくさん使われているのであればあるほど、虜になる人が多い。」

であれば問題ない

「であれば」と「問題ない」を一つにした「であれば問題ない」を使った例文をご紹介します。 この言葉は、素直にイエスと答えられないような不安要素のある話題に対して使える言葉です。ビジネスシーンでは自分の意見をしっかりと持ち、ジャッチをしなければならないことが多いですが、そんな時にとても役に立つ言葉です。しかし、物事に対して不安要素をもっている相手にとってはその相手を安心させることもできる表現な反面、相手の不安をより大きくしプレッシャーを増大させてしまう怖い表現でもあります。

プレッシャーをかけるような例文

問い1「今日の会議は成功しますか?」 返事「君が確実に会議に出席するのであれば問題ない。」 問い2「このコーヒーは果たして売れるのでしょうか?」 返事「それは明日のマーケティングにかかっている。しかし、君がうまく話せるのであれば問題ない。」

その他の例分

1「この果物が美味しいのであれば問題ない。」 2「明日お休みなのであれば問題ないのに、わたしはとても疲れている。」

「であれば」の文法

「であれば」の文法

「であれば」の文法を改めておさらいしましょう。「であれば」を文章で使用する際に気をつけたいポイントを2つご紹介します。

仮定を表す言葉を使わない

ポイント1つめは、「であれば」の前や後には仮定を表す言葉を使わないことです。「であれば」は既に仮定を表しているため「きっと」「もし」「でしょう」などの表現は使用できません。 ×もし今日、あなたが帰ってくるのであれば、それはとても嬉しいことです。 ×このリンゴが売れるのであれば、きっと彼は喜ぶでしょう。 ○今日、あなたが帰ってくるのであれば、それはとても嬉しいことです。 ○このリンゴが売れるのであれば、彼は喜びます。

多用しない

ポイント2つめは、「であれば」をひとつの文章や話題で多用しないことです。仮定する話題が多いときは、「もし」「だったら」などを使い分けましょう。 これから例に挙げる×の文章を見ると、「であれば」を多様しても意味は通じますが文章の流れがよくありません。○の文章は、「であれば」を1回、他を「もし」と「だったら」に言い換えています。変換するだけでスムーズでまとまりのある文章になります。

良い例と悪い例

×彼が日本人「であれば」もっと意思疎通ができた。意思疎通ができるの「であれば」、もっと長い時間一緒に居たかった。そして、彼がまだ日本にいるの「であれば」、また話しがしたい。 ○彼が日本人「だったら」もっと意思疎通ができた。「もし」意思疎通ができたら、もっと長い時間一緒に居たかった。そして、彼がまだ日本にいるの「であれば」、また話しがしたい。

「であれば」と「ならば」の違い

「であれば」と「ならば」の違い

「であれば」にとても似ている言葉に「ならば」がありますが、この2つに違いはあるのでしょうか 。2つとも条件や仮定の表現として一般的に使用されていますが、意味に違いはありません。 1明日雨が降るの「であれば」、試合は中止です。 2明日雨が降るの「ならば」、試合は中止です。 しかし、言葉のイメージには少し違いがあります。「であれば」の方が少し強いイメージで、「ならば」の方が少し弱いイメージです。もしメールや手紙など文章が見える時に使用する際は、言葉を並べてみて話題の内容や前後にくる言葉との相性を比較してみましょう。

イメージの比較

例えば、直前に「の」が入る文章を比較するとイメージが違うことが分かります。 これが正しいのであれば。 これが正しいのならば。 結果、この2つの文章で使うべき言葉は「であれば」でしょう。「の」に続けたいときに、「であれば」の方が読みやすく、言いやすいのは確かです。

「であれば」をよく使う人の性格

「であれば」をよく使う人の性格

「であれば」は誰でも使う言葉ですが、よく使う人や「であれば」が口癖になっているような人はどんな性格でしょうか。特にジビネスシーンにおいて上司と話すと「であれば」を使って、いつも話題を仮定されたり条件を出されたりする。と、感じている人は少なくないでしょう。

シチュエーション例と解説

上司から度々「○○であれば、仕事はクリアだ」などと、条件を提示される場合言われた側の心境は多くの場合「ああ、また見下された」とテンションが下がるのではないでしょうか。そのときの上司の心理状態は、言われた側が感じているように「見下している、偉ぶる態度のあらわれ」な可能性があります。 さらに、自分に自信が無い人や経験が少ない人も「こうであれば、できるんだけど」などと、仮説を立てて物事を話すでしょう。もし、口癖のように「であれば」を使う場合、その人の言っていることを直視したり鵜呑みしないように気をつけることも大事です。

「であれば」の方言

「であれば」の方言

「であれば」は、日本全土で聞く主流な言葉ですが、地方によっては「であれば」を全く使わない場所や違う言葉を使う場所もあります。 関西での「であれば」は、「せやったら」「あれやったら」などです。 近畿地方での「であれば」は、「なんなら」です。なんならは、いまやどこの地方でも聞く言葉ですが近畿地方が発祥という説もあります。

「であれば」を正しく使いましょう

「であれば」を正しく使いましょう

「であれば」について、意味や使い方そして応用編までご紹介してきましたが、全てを覚えることは容易ではありません。覚えるためには、これからの会話においてなるべく意識して「であれば」を使っていくことです。 そして正しく使うことで、今の自分よりもワンランクアップした会話ができるように目標を立てて頑張ってください。

関連タグ

アクセスランキング