IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「であれば」の意味と使い方・敬語・言い換え方法と例文

更新日:2020年05月14日

敬語

私たちが日頃使っている言葉の中には、意味や使い方をいまさら誰にも聞けないような言葉があります。自分が本当にこの使い方は正しいのか確認したいこともあるでしょう。そこで今回は「であれば」という言葉について詳しくご紹介します。「であれば」の敬語ってご存知ですか。

「であれば」の意味と使い方

「であれば」という言葉は多くの人が無意識に使っている言葉の一つですが、皆さんは正しい使い方をしていますか。そして正しい意味を知っていますか。 「であれば」は、どんなシチュエーションでも使われる程使うことが多い言葉ですが、改めて意味や使い方を知ることで今よりも的確な会話ができるようになるでしょう。

意味

「であれば」の意味は、前に述べた事柄を受けて、そこから導かれている論述を述べるときに用いられる接続詞のような言葉です。 相手に対して都合が分からない時に「もし....」という気持ちを表現します。物事に対して状況が分からない時に「そうなのであれば...」という気持ちを表現します。

使い方

「であれば」は、「接続詞」のような使い方をします。意味にも書いてあるように前に述べた事柄と「であれば」の後に述べる事柄は続いている文章でなければなりません。 『あなたが来るのであれば、私も行きます。』のように使います。

「であれば」の敬語の使い方

「であれば」は、基本的にどんなシチュエーションでも使える言葉です。仲の良いプライベートな中での会話やビジネスシーンなど畏まった場所での会話でも使える言葉ですが、改めて「であれば」を使う際に知っておきたい、敬語での使い方を復習しましょう。

であればの敬語

「であれば」を使う時の心境は相手に気を使っているときが、多いのではないでしょうか。敬語で会話をする相手やシチュエーションにて、何か物事をうまく円滑に進めるためや、率直に意見を求められない時などに、相手の意見や状況、物事の状況を把握したい理由で使用します。 例として「可能であれば」という言葉がありますが、この言葉を使う時には自分では相手にマイナスの感情を与えないように工夫しているでしょう。そして、相手にも気を使わせないように文章を真剣に考えているのではないでしょうか。 例文「可能であれば、お返事下さい。」「可能であればお越し下さい。」 しかし「可能であれば」という言葉は時にはストレートな表現にも聞こえるため、時と場合を選んでさらに丁寧な言葉を使うことも必要です。『お時間ございましたら』や『ご検討頂けましたら』.などと使い分けましょう。

「であれば」の言い換え方法

敬語の使い方でもご紹介したように、「であれば」は時にはマイナスな表現になることもあります。敬語を使っているはずなのに、相手方に指摘されることもあるこの「であれば」は、より丁寧に表現したい時には使うことを拒まれる言葉です。指摘されないためにも、より丁寧な敬語表現を身につけるためにも「であれば」の他の良い方、言い換えを覚えて臨機応変に会話ができると良いです。

言い換える

例文を元に「であれば」を言い換えてみます。 「可能であれば、明日のコンサートにぜひお越し下さい。」 言い換えると「お時間ございましたら、明日のコンサートにぜひお越し下さい。」 「3時からであれば、時間があります。」 言い換えると「3時からでしたら、時間があります。」 「○○さんがご結婚なさっているのであれば、お伺いしたいことがあります。 言い換えると「○○さんがご結婚なさっているのでしたら、お伺いしたいことがあります。」 「この書類が必要であれば、いま直ぐに持っていきます。」 言い換えると「この書類が必要な場合、いま直ぐに持っていきます。」

「であれば」の例文

初回公開日:2018年04月15日

記載されている内容は2018年04月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング