IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

背徳感の意味と使い方の例文|類語/対義語/心理学/ダイエット

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2020年02月14日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

恋愛やダイエットなどで使われる言葉に「背徳感」というものがあります。この記事では「背徳感」の意味や類語、対義語などを紹介いたします。また、そもそもどうして背徳感が生まれるのかを心理学も交えて説明した後、恋愛やダイエットに関わるさまざまな背徳感を解説いたします。

「背徳感」の意味について徹底解説します

「背徳感」の意味について徹底解説します
※画像はイメージです
出典: Dictionary - Free pictures on Pixabay

恋愛やダイエットに関する話題で「背徳感」という言葉に見覚えはありませんか。 何となく意味を理解している方も多いこの「背徳感」という言葉について、この記事では類語や対義語も紹介しながら解説していきます。 また、恋愛での「背徳感」とダイエットでの「背徳感」についても説明するだけでなく、どうして「背徳感」というものが生まれるのかという理由を、心理学的分析から網羅いたします。 何かに背徳感を覚えていらっしゃる方も、そうでない方も、どうぞ肩の力を抜きながらご覧ください。

「背徳感」ってどう読むの?

まずは「背徳感」という漢字の読み方から紹介いたしましょう。 「背」は「はい」、「徳」は「とく」、「感」は「かん」と読み、あわせて「はいとくかん」と読みます。 読み方に関してはご存知の方も多いでしょう。

「背徳感」ってどういう意味?

それでは「背徳感」という言葉の意味について説明していきます。 「徳」に「背」いた(そむいた)「感」覚と書いて「背徳感」となります。つまり、「徳」の意味さえ理解することができれば、「背徳感」の意味も理解できます。

「徳」って何?

「徳」とは何ですかと問われると、多くの方が解答に悩みます。 この言葉は哲学や宗教において重要な言葉であり、具体的に言い表すことが難しいものです。 徳とは、精神をさまざまな意味で鍛えることによって獲得することができる、優れた品性のことを指します。 簡単に言い換えると「人生経験で得た良い心」を意味しています。

「背徳感」の意味を簡単に言うと?

背徳感はその「徳」に背いている感覚ということですので、「一般的に良いと思われていることから外れたり背いたりしたという感覚」という意味になります。簡単に言うと、「良くないことをしてしまったという後ろめたい感じ」を意味しています。 もちろん「良くない」ということなので、プラスのイメージはなく、マイナスのイメージを与える言葉です。

「背徳感」の類語はどういうものがあるの?

良くないことをしてしまったと悔やむ感覚を経験したことがある方もいらっしゃるでしょうし、背徳感を感じている仲間をみたことがある方もいらっしゃるでしょう。 次に、「背徳感」の類語をいくつか紹介していきます。ぜひマスターして、いろいろな表現ができるようになってください。

罪悪感

同じ漢字3字、ひらがな6字で「背徳感」を的確に言い換えることができます。それは「罪悪感」です。意味もほぼほぼ一致しております。 人は「徳」と良きもの、「不徳」を悪きものと捉えます。「背徳」とは悪きものであり、してはいけないこと、つまり罪なこととも捉えます。 「罪悪感」の意味はまさにその漢字のとおりの意味です。「罪を犯してしまったり、悪いことをしてしまったと思う感覚」という意味があります。

関連タグ

アクセスランキング