IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「奈」の読み方と意味・赤ちゃんに名付ける「奈」の意味と由来

更新日:2022年11月21日

名前

「奈」という漢字は地名だけでなく、女の子の名前などにも多く使用されています。しかし、この漢字にはどのような意味が込められているのか、詳しく知っている人は意外と少ないです。今回はこの「奈」という漢字に込められた意味や由来、さらにこの漢字を使った名前を紹介します。

どうして

1つ前に「いかん」という意味をご紹介しましたが、この「いかん」の2つ目の意味として疑問の意味を持つという話がありました。「奈」の意味として、もう1つ似た意味があり、それが「どうして」です。やはりこちらも疑問を表す意味に違いはありませんが、ニュアンスが少し異なります。 「いかん」よりも疑問に加えて困惑といった心理が強く含まれており、なぜそうなったのか、どのような経緯でこうなったのかという疑問・戸惑いが意味として含まれます。また理由を知りたいというニュアンスを含む「なぜ」という疑問の意味も持つことがあります。

どうか

こちらの「奈」の意味も、上記で紹介した2つの疑問の意味と似ており、「どうか」という疑問を意味します。「どうか」と聞くと懇願するような気持ちを表す言葉として捉えられることもありますが、「奈」の意味として用いられる場合、嘆願の意味ではなく、方法や手段といった次第を尋ねる疑問の意味を持ちます。 現在ではこの「どうか」を手段を尋ねる疑問の意味を込めて使われることは少なくなっており、先ほど紹介した「いかん」の意味として用いられることが非常に多くなりました。しかし、一昔前までは「どうか」という意味で使われることもあったと伝えられています。

からなし

そして「奈」の意味としてここからが本題だと言っても過言ではないでしょう。「奈」の大きな意味として「からなし」が挙げられます。からなしとは、「唐梨」と漢字表記されるバラ科に属するカリンという果樹の別名です。したがって、「奈」の大きな意味は果樹です。 しかしこのからなしは、ただの果樹ではありません。実は祭り事などの神事の際に用いられていた果樹として知られており、とても神聖な果樹です。なぜ神聖な果樹として神字に用いられたのかというという理由については、「奈」という漢字の成り立ちに意味があります。 「奈」は本来、「木」という漢字と「示」という漢字を組み合わせた「柰(だい)」であったと伝えられています。木は大地を覆う自然であり、「示」は神事の際、よく用いられる漢字であったことから、「奈(柰)」は神事に用いられる神聖な果樹として認識されるようになりました。

べにりんご

また「奈」を意味する「からなし」は、昔べにりんごの別名として使われていました。そのため、今でも「奈」の意味としてべにりんごが挙げられます。実は女の子の名前に「奈」が用いられることの理由として、このべにりんごの意味が関係していると考えられます。 実はべにりんごを含むりんごの花言葉は、最も美しい、そして選ばれる人という意味を持ちます。女性にとって選ばれ最も美しいとされることはとても光栄なことです。したがって、「奈」にも同様の意味が込められていると考えられ、女の子の名前に採用されることがあります。

どの

「奈」は英語のwhichに当たる「どの」という意味も持っています。不明な事柄に対して疑問を投げかけるようにして使う言葉ですが、同様の意味、そして使い方で「奈」も使われます。 例えば、「どの辺り」という場所が不明確な場合に使われる文章であれば、「奈辺」と書き記すことで同様の意味を持たせることがあります。 しかし、最近で口語として「どの」や「どのように」といった言葉を用いることが圧倒的に多いため、「奈」を「どの」という意味で用いることが少なくなりました。しかし、時代小説などを読むと今でも使われていることがあります。興味のある方はぜひ探してみてください。

梵語や外国語の音訳字

そして「奈」には、意味とは少々異なりますが、他の意味とは違った使われ方がされており、まったく関係のない意味を持つこともあります。それが梵語と言われる古代インドなどで使用されていた言葉を漢字に当てはめた言葉や、外国の言葉に当て字として「奈」を用いている場合です。 代表的な例として、梵語ならば「奈落」、外国の言葉に当て字として用いる使い方であれば「奈翁(ナポレオン)」が挙げられます。「奈落」などの梵語であれば見覚えがあるという方も多いでしょうが、外国語の当て字に関しては驚く人も少なくありません。これらは日本で使用されている「奈」の意味とは無関係、あるいは大きく関係はしていないと言っても過言ではないでしょう。

「奈」を用いた語例その意味

「奈」はどのような読み方が存在しているのか、また「奈」にはどのような意味があるかを理解していただけたでしょう。「奈」という漢字1文字であってもさまざまな意味があり、なかには神事が関係している意味もありました。したがって、「奈」という言葉には神聖な意味も含まれており、女性に対しては良い意味を持つこともあります。 この「奈」という漢字ですが、実際に名前や地名以外ではどのような言葉に使われているかご存知でしょうか。咄嗟に聞かれると答えることができないという人も少なくないでしょう。続いては「奈」を用いた語例とその意味についてご紹介します。

「奈破崙」とその意味

次のページ:「奈」の由来
初回公開日:2018年03月25日

記載されている内容は2018年03月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング