IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【種類別】おすすめの面白い話・ネタの探し方・話し方のコツ

更新日:2020年07月25日

趣味

面白い話をする人の周りには人がたくさん集まってきます。そのような人は天性のものだけでしょうか?何かコツがあるのか?面白い話ができたらもっとスムーズな人間関係を築くことができます。そのためのちょっとしたコツを取得できれば、あなたも人気者になれます。

質問形式で相手を引き込む

質問をする時にYes/Noだけで答えられる質問をしないようにします。必ず、なんらかの答えが返るようにします。相手に違和感を与えないようにクッションとして質問をして、話をはじめるとスムーズに行きます。

子供向けの面白い話

子供は大人より正直です。面白くなかったら即、素直な答えが返ってきます。また、大人なら話を最後まで聞いてくれますが、子供は面白い話のオチまでいかないうちに言ってしまうことがあります。子供に話す時は大人に話すより手強いです。 では、どうすれば子供向けの面白い話ができるのか、子供はどんなことに興味を示すのか、子供の頃を思い出してください。夏になると怪談話を聞きに行った経験がある人もいます。今でも怪談話に興味を持つ子供は多いです。 怖い話をして怖いままで終わると怪談話になりますが、オチを変えて面白い話にします。怪談話を最後まで考えて、最後の幽霊やお化けを実は猫の鳴き声だったとか白い布だったというようなオチにします。

面白い話の作り方

面白いでき事や経験をしたらまず、大まかな流れを作りましょう。最初の出だしの言葉から最後のオチまでを整理します。この流れは面白い話を作る柱になりますのでしっかりと作ります。そうしないと話が脱線したり、何を伝えたいのかがわからなくなり、面白くない話になってしまいます。 英語を勉強する時に学んだ疑問詞5W1Hを使って筋道を立てると作りやすいです。When(いつ)、Where(どこで)、Who(誰が)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どうしたのか)に沿って骨組みをします。

聞き手は感情の部分に反応を示す

大まかな骨組みができたら、次は肉付けをします。その時自分が感じた感情を入れていくと、聞き手は引き込まれていきます。喜怒哀楽を上手に使うことによって聞き手は話の内容に共感を持ち始めます。

ネタにスパイスを振る

話の大まかな流れに感情を入れて肉付けができたら、ネタに少しスパイスを振りましょう。つまり脚色です。聞き手に面白いなあと感じてもらうための脚色なので、大げさすぎると嘘になり、面白い話が嘘つきの話になってしまいますので、あくまでも話を面白くするための脚色をしてください。

話の流れを確認する

面白い話ができるとすぐにでも他人に聞かせてみたいですが、その前に話の内容に矛盾点がないか、聞き手が理解しやすい内容になっているか、嘘は入っていないか、オチは明確になっているかをしっかり見ていきます。いろいろと脚色をした時、無駄なことが入る場合がありますので、聞き手が混乱しないようにシンプルで面白くなっているかを確かめてみてください。 聞き手はあまりに長すぎると途中で、集中力が無くなってきますので、ダラダラと話さず2分、長くても3分以内に話をまとめるようにしましょう。

SNS上での面白い話の見つけ方

友達との長電話で面白い話をして盛り上がった経験をした人は多いでしょう。今は電話よりいつでも時間を気にせずできるSNSで面白い話はないか探している人が多くなってきています。 では、どうすればSNS上で面白い話を見つけれるのか、小まめにブログを更新したり、同じ興味を持っている人のブログを訪れてみることです。

twitter・ツイッターなど

気軽に手早く自分の感じたことを短い文で投稿しますのでメールよりももっと手軽になり、不特定多数の人に送れますので、共感してくれる人が多いと面白さが増していきます。また、ツイッターなどで漠然とつぶやくより、何か面白い話はないかと考えながら発信すると、面白い話を発見できるアンテナが高くなっていきます。 また、投稿する時は相手がどう感じているのかを常に考えて発信すると面白い話を見つけやすくなります。

面白い話は自然体がいい

次のページ
初回公開日:2018年03月14日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング