IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【種類別】おすすめの面白い話・ネタの探し方・話し方のコツ

更新日:2020年07月25日

趣味

面白い話をする人の周りには人がたくさん集まってきます。そのような人は天性のものだけでしょうか?何かコツがあるのか?面白い話ができたらもっとスムーズな人間関係を築くことができます。そのためのちょっとしたコツを取得できれば、あなたも人気者になれます。

あなたは年に何回、旅行に行きますか?国内外問わず多くの人は1回は旅行に行くでしょう。旅行はいつもの生活とはかけ離れたことをしますから、面白いネタを作れるチャンスです。友達と行く旅行や会社の慰安旅行、家族旅行、一人旅などがあります。 どの旅行でもいつもとは違いますのでしっかりアンテナを立てて、人を観察し、話を聞きましょう。電車の中でがやがやうるさいグループがいる場合はうるさいと思わず、何を話しているのだろう、と興味を持ってみましょう。 機会があったら地元の人と話をするのも普段の生活では得れない話が聞けます。話しかけるのが苦手という人は観光地やお土産コーナーで話している人たちの話をさりげなく聞くだけでも面白いことがあります。 余裕がある場合は面白い話を披露してみましょう。失敗してもその失敗から面白い話ができる場合があります。

面白い話にはオチが必要

面白い話は普通の話と違って必ずオチがあります。このオチが予測不可能で意外な結末になった場合、聞き手は面白いと感じます。面白いネタができた時は、頭の中でシミュレーションをして、意外な結末になっているかどうか確かめてみましょう。

笑ってもらう場所は明確にする

人によってその日のテンションは違います。まじめに話を聞いてくれる人とぼーっとしながら話を聞いている人がいます。面白い話をする時は笑いの場所を明確にしておくことが肝心です。バラエティー番組を観ていると笑い声が入っている時があります。これは視聴者に笑うところと伝えています。

他人の話も時によっては面白い話が作れる

自分の経験だけではどうも面白い話が作れそうにない人もいるでしょう。その場合、街や公園を歩いて、たまたま聞いた話が面白かった場合、自分なりにアレンジしてみることもできます。探せばいくらでもネタは見つかるので、これはいいと思うことは積極的にメモを取ってみると面白い話ができます。

面白い話の話し方のコツ

面白い話をしようとして、肩に力が入りすぎている人がいます。自分はこれから面白い話をするよ。聞いてと強くアピールしすぎて、相手に全く受けず残念な思いをした人もいるでしょう。または、相手の人が笑う前に自分が笑ってしまい失敗することもあります。 日常生活はお笑い番組ではありませんので、面白い話をする時は自然な感じで話すのが一番相手にも伝わりやすいです。ある程度の慣れが必要になりますので失敗を恐れずに、面白い話をどんどんしていきましょう。

人に興味を持つ

面白い話をしようとしていきなり面白く話せる人はいません。では、どうすれば早く身につくのか?それは、人に興味を持つことです。人間嫌いの人は面白い話はできません。まず、相手の雰囲気をよく見て、話しを聞いてくれそうだなと感じたらさりげなく話しはじめましょう。

人の観察

公園や街に出て人々が話している内容を聞いてみましょう。時間のある人はカフェでお茶をしながら何気なく他人の話に耳を傾け、話し手と聞き手の口調やしぐさなどを観察してみましょう。ジロジロ見るのは良くないのでさりげなく聞きましょう。

さりげなく始める

「聞いて、面白い話があるよ」と言って話を始める人はあまりいないでしょう。ましてやあまり親しくない人や同僚、上司に話す時はなおさらのことです。では、どうすれば面白い話に相手の関心を持っていけるのでしょうか?

一般的な話をする

天気の話は共通話題です。「今日も暑いです。」から初めて、相手の興味を引きましょう。聞き手が「そうです。」と返事が返ってきたら、次のステップに進み「そう言えば、」と会話を続かせます。聞き手がこの人はこれからどんな話をしたいのだろうと興味を持つようにします。

次のページ:子供向けの面白い話
初回公開日:2018年03月14日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング