IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

魚焼きグリルでトーストが焦げる時の対策方法・プレート

社会人常識

トーストを魚焼きグリルで焼くとトースターで焼くよりも美味しく仕上げることができます。ですが、焦げないように対策を行わないと焦げてしまうので気をつけなくてはなりません。ここでは、魚焼きグリルで焦げない美味しいトーストを焼く方法を紹介します。

更新日時:

魚焼きグリルでトーストが焦げるときの対処法

トーストはトースターだけでなく魚焼きグリルでも作ることができます。魚焼きグリルでは食パンを美味しいトーストにする「高温で短時間で焼くこと」ができてふっくら食感に仕上げることができます。ですが、片面タイプか両面タイプかなどで焼く方法も時間も変わってきて、間違ってしまうと焦げてしまいます。 魚焼きグリルで焦げずに美味しいトーストを作るには、直接網にパンを乗せて焼くよりアルミホイルやクッキングプレートを使って焼くほうが良いでしょう。直接網でトーストを作ろうとすると火力調節を行っても下が焦げやすくなるので注意しながら焼かなくてはならないので手間が掛かってしまいます。プレートなどを使えば簡単に焦げずに美味しいトーストを作ることができます。

魚焼きグリルでトーストを焼くおすすめのプレート

魚焼きグリルでトーストを作る場合、焦げないように作るには直に網に乗せて作るよりクッキングプレートを使って焼くほうが焦げずに美味しいトーストに仕上げることができます。ここでは、トーストを焼くのにおすすめのプレートを紹介していきます。

両面焼き

リンナイ クッキングプレート 両面焼用プレート RCP-65V
リンナイ クッキングプレート 両面焼用プレート RCP-65V

両面焼き魚焼きグリルでトーストを作る場合は、両面焼き専用のクッキングプレートを選びましょう。両面焼きのプレートの中でもリンナイ純正のクッキングプレートは、使い方も簡単で評価も高く焦げずに外はサクサク、中はふっくらな美味しいトーストを作ることが可能になっています。 ガスコンロによって対応する商品が変わってくるので確認してから購入するようにしましょう。トースト以外にも揚げ物やクッキーなども美味しく焼くことができるのでトースト以外にも挑戦しても良いでしょう。

片面焼き

リンナイ クッキングプレート 片面焼用プレート RCP-60M
リンナイ クッキングプレート 片面焼用プレート RCP-60M

片面焼きの魚焼きグリルでのおすすめのプレートは片面焼き用の調理プレートを選びましょう。片面焼きのおすすめのプレートは、こちらもリンナイから発売されているクッキングプレートが良いでしょう。 両面焼き魚焼きグリル専用のクッキングプレートと同じようにサクサクでふっくらした食感のトーストを作ることができます。揚げ物やクッキーも焼くことができるのでトースト以外も楽しむことができるでしょう。

魚焼きグリルでのトーストの焼き方

魚焼きグリルでトーストを作る場合は、トースターのようにパンを直接網に乗せて作ると焼きムラができたり、焦げてしまったりと美味しくトーストを仕上げることができなくなってしまいます。ここでは、魚焼きグリルでのトーストの焼き方を紹介します。

食パン

魚焼きグリルで食パンをトーストする場合は、焼く前に魚焼きグリルは強火で余熱をしておきましょう。余熱をすることによって水分の蒸発を防ぐことができます。魚焼きグリルの中が温まったら食パンを入れて強火のまま焼きましょう。 最初は、焼き加減を確認しながら時間を調節するようにしましょう。片面タイプであれば裏返しをして焼きます。パンの厚さによっても時間の調節をする必要があり、厚いパンは、火が近くなるので短い時間で焼く必要があるでしょう。

冷凍

パンを保存するために冷凍をすることはありますが、冷凍したパンも魚焼きグリルで焼くことができるのでしょうか。冷凍したパンをトーストする場合は、冷凍されていないパンに比べると焼き方にコツが必要になってきます。 冷凍パンは、普通のパンに比べて真ん中が焼けにくいので半分に切っておくことをおすすめします。魚焼きグリルの網の上にアルミホイル敷いたり、クッキングプレートの上にパンを置いたりして、余熱なしで焼き加減を調整しながら中火で焼きましょう。裏返しをしてからは焦げやすくなるので1分を目安にしっかりと焼き具合を確認しながら焼きましょう。

魚焼きグリルでのトーストを焼く時のコツ

トーストを魚焼きグリルで焼く場合、トースターで焼くより焦げ目がつきやすく火の調節や焼く時間の調節をしっかり行わないと焦げてしまいます。上手く焼くことができればトースターよりも外はサクサクで中はふわふわの美味しいトーストに仕上げることができます。

アルミホイル

クッキングプレートを使ってトーストを焼くと焦げずに美味しいトーストを焼くことができます。ですが、クッキングプレートがない人にもできる魚焼きグリルでトーストを美味しく焼く方法は、アルミホイルを網に敷いてから余熱をしてからパンを並べて焼く方法です。 アルミホイルを敷くことでトーストが焦げるのを防いでくれて美味しいトーストに仕上げることができます。ですが、両面焼き魚焼きグリルのみなので片面焼きグリルの場合は、そのままパンを網の上に並べてちょうど良い時間で裏返しして焼きましょう。

クッキングプレート

トーストを美味しく魚焼きグリルで焼くのに良い方法は、クッキングプレートを使用して焼くことです。アルミホイルだと毎回消費してしまいますが、クッキングプレートであれば何度も使用できて、トーストだけでなく揚げ物やクッキーなどを焼くこともできるのでおすすめです。 クッキングプレートもアルミホイルと同じように網の上に乗せてから余熱を行い、中が温まってからパンを並べて焼くようにします。クッキングプレートを使うことはアルミホイルよりも簡単できれいに焼くことができます。片面用と両面用があるので確認してから購入しましょう。

魚焼きグリルでトーストを焼く時のにおい対策

魚焼きグリルでトーストを焼くときに気になるのが臭いでしょう。魚を焼いた後は、臭いが残ってることも多くトーストに臭いがついてしまわないか心配になってしまうこともあるでしょう。ここからは、魚焼きグリルの臭い対策を紹介していきます。

焼いた後はすぐに取り出す

魚焼きグリルでパンを焼く場合、焼いている間パンの表面から水蒸気が出るので、この蒸気の流れでパンに臭いがつく心配はありません。ですが、トーストを仕上げた後にすぐに取り出さないと臭いがついてしまいます。トーストができあがったらすぐに取り出して魚焼きグリルの臭いがつかないようにしましょう。

お酢でグリルを洗う

パンを焼いてすぐに取り出せば臭いがつく心配はありませんが、それでも臭いがつかないか心配になる人もいらっしゃるでしょう。数日魚焼きグリルを洗うことを忘れてしまったりしてグリル内に魚を焼いた後の臭いがなかなか取れない場合は、お酢を使って洗ってみましょう。お酢で洗うことによってお酢が残った臭いを消してくれます。

グリル敷石

受け皿に水ではなくグリル敷石を敷いて魚などを焼くことによって消臭効果が得られます。グリル敷石は、変色するまでは何度も繰り返して使用することができて、受け皿を使うたびに洗う必要もないので焼いた後も手間をかけずに済むのでおすすめです。日ごろから敷いておくことによってトーストに臭いがつく心配もありません。

茶殻やコーヒーの粉の出し殻

魚を焼いた後に魚焼きグリルの中に緑茶や紅茶などの茶殻やコーヒーの粉の出し殻を入れておくことで臭いを消してくれます。グリル内が温まっている間に入れないと効果を発揮しないので焼いた後すぐに入れるか、時間が経って冷めてしまった場合は、中火で温め直してから茶殻や出し殻を入れましょう。

魚焼きグリルでトーストに挑戦しよう

魚焼きグリルは魚を焼くだけのイメージが多く、トーストはトースターで焼くイメージが多いでしょう。ですが、魚焼きグリルでパンを焼いてトーストに仕上げることができます。トースターで焼くよりも外はサクサクで中はふっくらな美味しいトーストに仕上げることができます。 これまで、トーストを魚焼きグリルで焼く方法や焦げるときの対策を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。魚焼きグリルで焼くと焦げてしまうことがありますが、紹介してきた方法を行うことによって上手に美味しいトーストを焼くことができるでしょう。ぜひ、魚焼きグリルで焼いたトーストに挑戦してみてください。

関連タグ

アクセスランキング