IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「大事をとって」の意味・類語・使い方|敬語/メール/会社

メール

「大事をとって」とはどのような意味なのでしょうか?また、どのように使えば良いのでしょうか?このぺージでは、「大事をとって」という言葉の意味や使い方、類語・反対語などをご紹介しています。また、メールや会社での使い方についても考察しています。

更新日時:

覚えておきたい!「大事をとって」の意味・使い方

覚えておきたい!「大事をとって」の意味・使い方

日常的な会話でも、ビジネスシーンにおけるやり取りにおいても、比較的頻繁に使用するのが、「大事をとって」という言い回しです。「大事をとって休ませる」「大事をとって休むように」といった使い方で使用されることが多い言い回しで、耳にしたり目にしたりする機会も多いフレーズだと考えられます。 今回は、そんな「大事をとって」という言い回しをテーマにして、基本的な意味や使い方、類語などを考察・ご紹介していきます。また、ビジネスシーンで実際に使用していくには、敬語などの丁寧な表現で使えるようにしておくことも大切です。敬語表現などについても考えていくので、参考にしてみて下さい。

「大事をとって」の意味

「大事をとって」の意味

そもそも、「大事をとって」とはどのような意味を持つ言葉なのか、まずは基本的な意味について確認していきましょう。「大事をとって」という言葉の意味が、正確にわからないという方は、この機会に1度、「大事をとって」という言葉と向き合い、意味などについて見直してみることをおすすめします。 今回は、「大事をとって」の意味について考えていくにあたり、「コトバンク」に掲載されている解説を引用し、参考にしていきます。 以下に引用した解説から、「大事をとって」という言葉には、無理をしなかったり、物事などを軽々しく見ずに、深刻にとらえたりすることを表現する意味が含まれていると言えそうです。また、余裕のある判断などを意味するケースもあり、「念のため」といった言葉に置き換えることもできる考えられます。

軽々しく物事をしない。用心し、自重する。

「大事をとって」の類語

「大事をとって」の類語

特定の言葉に対して、似ている意味や同じような意味を持つ言葉のことを「類語」「同義語」などと呼びます。続いては、「大事をとって」という言葉と意味が似ている、類語や同義語をご紹介していきます。 類語・同義語について確認することで、「大事をとって」という言葉をより深く理解するのに役立つ、ヒントが見つかる可能性もあるでしょう。

「大事をとって」の類語【1】:念のため

「大事をとって」の類語・同義語の1つに、「念のため」という言葉が挙げられます。「念のため」という言葉もまた、日常生活やビジネスシーンで頻繁に使用される言葉だと言えるでしょう。 「念のため」という言葉の意味については、「webio辞書」にて、以下の引用のように解説されています。引用の内容から、「念のため」とは大丈夫だとは思いながらも、万が一に備えて何かをしておいたり、心構えをしておいたりすることを意味する言葉だと読み取ることができます。

「信頼はしているが何かあっては大変なので、万が一に備えて」といった意味の言い回し。念の為。「念押し」「念を押す」などといった似た言い回しがある。

「大事をとって」の類語【2】:万が一

会話や文章でよく使用される、「万が一」という言葉もまた、「大事をとって」という言葉の類語に当てはまると考えられます。 「万が一」という言葉は、「万一」の同義語とされています。「万一」という言葉の意味については、「weblio辞書」に以下の引用のような解説が掲載されていました。引用の内容から、「ほとんどないことだが、もしかすると」といった意味やニュアンスを持つ言葉だと読み取ることができます。 ですから、文章の内容や使い方によっては、「万が一」という言葉も「大事をとって」の類語と言える可能性は高いでしょう。

一 ( 名 )万のうちの一。可能性がほとんどないが,ごくまれにあること。万が一。万に一つ。 二 ( 副 )その事態の実現の可能性が極めて低いことを仮定する気持ちを表す。ひょっとして。もしも。万が一。

「大事をとって」の反対語

「大事をとって」の反対語

上記では、「大事をとって」という言葉と似ている意味を持つ言葉をピックアップして、ご紹介しました。続いては視点を変えて、「大事をとって」という言葉と対称的な意味を持つ、反対語や対義語と呼ばれる言葉・単語をご紹介していきます。 反対語や対義語を覚えておくと、文章や会話における表現力が増す可能性があります。この機会にぜひ、反対語や対義語もチェックしておきましょう。

「大事をとって」の反対語【1】:軽視する

上記でもご紹介したとおり、「大事をとって」とは、物事を重く受け止めたり、慎重に判断したりすることを意味する言葉です。ですから、物事を軽々しく受け止めたり、楽観的に判断したりすることが、「大事をとって」の反対の行動ということになるでしょう。 そんな「大事をとって」の反対語の1つとして、「軽視する」という言葉が挙げられます。「軽視」という言葉には、以下の引用のような意味があると、「weblio辞書」にて解説されています。 引用の内容から、「軽視」とは、物事を軽んじて判断したり受け止めたりすることであると、読み取ることができます。

重要ではないと考えること。かろんずること。

「大事をとって」の反対語【2】:無理矢理

「大事をとって」という言葉は、体調を考慮する場合などに使用されることが多い言葉です。ですから、体調のことを考えて会社などを休むことの反対の行動としては、無理矢理出勤したり、無理に働いたりすることが当てはまると言えるでしょう。 上記のような背景から、「無理矢理」という言葉もまた、「大事をとって」という言葉の反対語や対義語に当てはまると考えることができそうです。

敬語での「大事をとって」の使い方

敬語での「大事をとって」の使い方

続いて、敬語で「大事をとって」という言葉を使用する場合、どのように使えば良いのか、使い方や敬語表現への言い換えについて考察していきます。 結論から言うと、「大事をとって」という言い回し自体の敬語表現への言い換えは、一般的には特に使われていないと考えられます。しかし、「大事をとって」という言葉の前後の文章で敬語などを使用して、文章全体を敬語表現へと言い換えるケースは多いと言えるでしょう。 例えば、「今日は大事をとって休みます」という文章であれば、「本日は大事を取って休ませていただきます」といった言い回しへ言い換えて使用するケースが多いと予想できます。このように、「大事をとって」という言い回しは、ともに使用する言葉や言い回しを敬語表現にすることで、敬語表現へと言い換えることができると考えられるでしょう。

メールにおける「大事をとって」の使い方

メールにおける「大事をとって」の使い方

続いて、メールにおける「大事をとって」の使い方について考察していきます。 「大事をとって」という言葉を使用してメールを送るシチュエーションとしては、会社などを欠席する場合や、期限などの延長の申請をする場合などが考えられます。「大事をとって」という言葉は、「念のため」「万が一」といった言葉と同じような意味を持つ言葉なので、余裕を持って物事を見つめたり、余裕のある行動を取ったりしたい場合に使われるケースが多いのです。 しかし、会社を休む連絡などは、重要な連絡の1つでもあります。そのような連絡を、メールで済ませることを、非常識と考える人も少なくありません。ですから、上司に電話が繋がらない場合などは、メールで「大事をとって休ませていただきます」などと連絡を入れ、後から電話でも再度連絡を入れるなどの対応を取った方が良いという見解も存在しています。

会社における「大事をとって」の使い方

会社における「大事をとって」の使い方

続いて、会社ではどのように「大事をとって」という言葉を使用するのか、シチュエーションや使い方を考察していきます。 社内で「大事をとって」という言葉を使用するシチュエーションとしては、自分や身内の体調不良で早退をしたい場合や、期限などの延長をお願いする場合などが考えられます。「体調が悪いので、大事をとって本日は早退させていただきます」といった形で使用するケースが多いでしょう。 また、部下や後輩が早退したり休んだりしたことを、上司へ伝える際の報告でも、「大事をとって」というフレーズが使われることもあります。「部下の〇〇は熱があるとのことなので、大事をとって休ませました」といった言い回しで使用できると考えられます。

「大事をとって」を理解して使いこなそう

「大事をとって」を理解して使いこなそう

いかがでしたでしょうか?今回は、「大事をとって」という言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方、類語や対義語、メールや会社で「大事をとって」を使用するシチュエーションなどについて、考察・ご紹介しました。 「大事をとって」という言葉は、使用頻度が比較的高い言葉です。また、文章や会話で上手く使うことができると、気持ちやニュアンスをより細かく伝えることができるようになる可能性があります。 この機会にぜひ、「大事をとって」という言葉の意味や使い方をマスターし、文章や会話で使用してみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング