IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

納骨時のお布施の相場とマナー|表書き・49日・金額・浄土真宗

ビジネスマナー

納骨をおこなう際に、僧侶などを招き、ご遺骨をお墓におさめることを納骨式といいます。その納骨式の際には、僧侶にお布施を渡すことがマナーとなっています。納骨時のお布施の相場やマナーについて、詳しく紹介いたします。参考にしてみてください。

更新日時:

納骨とは

葬儀では、故人の遺体は火葬にし、遺骨として骨壺におさめることが一般的です。その後に執り行われる、遺骨をお墓に納める儀式のことを納骨式と呼びます。納骨に関しては、いつまでにしなければならないというように、時期が決められているわけではありません。仏式であれば、四十九日の法要に合わせて執り行われる場合が多いでしょう。 すでに、先祖代々のお墓がある場合であっても、遺骨は一度自宅やお寺などに持ち帰り、その後に納骨することになります。四十九日の法要と一緒に納骨式が行われる理由は、四十九日までは中陰という、亡くなった人の次の転生先を決定するための期間です。そのため、遺骨を埋めることはしません。中陰壇にまつってお祈りをすることが一般的です。 四十九日の法要の日に、一緒に納骨をする場合であれば、忌明け法要がおこなわれた後に、納骨式も一緒に行うという流れが多いでしょう。

準備と手順

先ほども述べたように、納骨式は四十九日の法要と同じタイミングで行われる場合が多いです。そのため、参列者はどうするのか考える必要があります。四十九日の法要には、家族や親せきの他にも、知人や故人に縁が深い方が、参列することも多いです。納骨式は基本的には墓地で行われますが、参列者全員ではなく、近親者のみで行うこともあります。 また、お寺の手配も大切です。お寺へは、四十九日の法要と同じタイミングで納骨式を行うことを、事前に伝えておくようにしましょう。納骨の際には、お墓に立てる塔婆が必要な場合もあります。納骨式には、住職も墓地へ足を運んでいただいて読経をあげてもらいます。僧侶に対するお布施は必ず用意しておくようにしましょう。 また、石材店やの依頼や遺骨埋葬許可証を用意することも忘れないようにしましょう。

案内状の準備

四十九日の法要と合わせて納骨式を営む場合には、四十九日の案内状に、納骨式も行われるという旨を記載することが一般的です。通夜や葬儀の参列に対するお礼の挨拶も、一緒に記載すると、より丁寧になります。 納骨式の場合は、比較的近親者のみで済ませることが多くなっています。四十九日の案内状に同時に記載する場合には、案内状を送付する範囲について、遺族で相談するようにしましょう。忌明けの法要とは別の日に、納骨式のみを行う場合には、近親者だけで済ませることが多いです。書状での案内状は用意せず、電話での連絡でも構いません。 案内状で納骨式の記載をする場合には、「つきましては、下記のとおり法要と納骨式を営みたく、ご多様中に誠に恐縮ではございますが、ご臨席賜りますようお願い申し上げます」などの文言を記載するとよいでしょう。

納骨時のお布施の相場と渡し方のマナー

納骨時のお布施の相場と渡し方のマナー

納骨をする際には、僧侶に墓地まで足を運んでいただき、読経をあげてもらうことが一般的です。その際には、僧侶に対してお布施を渡すというマナーがあります。納骨時に渡すお布施の相場は、どのくらいなのでしょうか。また、お布施を渡すときのマナーとはどのようなものなのでしょうか。以下で、詳しく説明いたします。

49日での納骨・墓開き・開眼供養

49日での納骨・墓開き・開眼供養

納骨をいつまでにしなければならない、いつのタイミングで行うべきだ、という決まりはありません。仏式であれば、四十九日の法要の際に、一緒に納骨式も行うことが一般的とされています。すでに、先祖代々のお墓を持っている場合にも、故人の遺骨は一度自宅へ持ち帰ることが基本となっています。その後に改めて、お墓へ納骨するという流れが一般的となっています。 四十九日の法要と同じタイミングで納骨式を行う理由としては、忌明けのタイミングだということが挙げられます。また、四十九日の法要では、家族だけではなく、親戚一同を招待する法要である、という理由もあります。 お墓を建てた場合、お墓の引き渡しが終わると、墓石に魂を入れる開眼法要が行われます。お墓の場合には、お墓開きとも呼ばれます。開眼法要が行われた後に、納骨式が行われることが一般的です。

納骨の法要の順序

お墓を建て、開眼法要と納骨式を同じタイミングで行われる場合には、最初に開眼法要、開眼法要の後に納骨式を行います。具体的な順序は、まずお寺の帆運動や墓地などの法要施設で、僧侶による読経があげられます。その後、墓地に移動し開眼法要が行われ、参列者は焼香を行います。次に納骨式があり、カロートに遺骨を納めます。法要の後には、一般的に会食の席で参列者をもてなします。

お布施の袋の水引と表書きの書き方

お布施の袋の水引と表書きの書き方

納骨式を行う際には、お寺や教会、神社などへの謝礼をお布施として渡すことがマナーとなっています。お布施というのは、儀式や法事の際に、お寺や僧侶に対して渡す謝礼のことをさします。主に読経をはじめとする一連の儀式では、お布施を渡すことが一般的となっています。 お布施の包み方には、より丁寧な包み方と簡単で一般的な包み方があります。丁寧な包み方は、お礼のお金を半紙の中包や中袋に入れ、その受けから奉書紙で包む方法です。包み方は慶事用の包み方で大丈夫です。奉書紙とは、和紙を原料として使用される楮でできた紙のことです。インターネットや文具店で手に入れることができます。 一方、簡単で一般的なお布施の包み方は、奉書紙のかわりに市販の白い封筒に入れる方法です。封筒は、郵便番号欄のない無地のものを使用しましょう。すでに「御布施」という表書きが書かれた封筒も売っていますので、確認してみてください。

お布施の表書き

弔辞用の表書きの場合は薄墨で書かれますが、お布施の場合には、お布施を渡す僧侶の方に不幸があったわけではないので、普通の黒墨で書いて構いません。お布施の表書きは、「お布施」や「御布施」を使用しましょう。また、何も書かない場合もあります。場合により、「戒名御礼」や「開眼供養御礼」などの表書きを使用する場合もあります。 納骨式で僧侶の方に読経をあげてもらったからといって、お布施の表書きを「読経料」と書くことは避けるようにしましょう。あくまでも、お世話になったお礼としてお渡しするものがお布施です。支払う料金である、という考え方とは区別するようにしましょう。 お礼を入れた中袋の裏面には、住所・氏名・金額を記入します。金額を記入する場合には、頭に「金」を付けるようにします。漢字は旧字体を使用し、「金○圓」と記載します。すでに「御布施」の表書きが書かれた封筒を使用する場合は、裏面に記載をします。

水引

お布施は不祝儀袋とは異なり、僧侶へのお礼の意味を込めてお渡しする物です。ですので、水引を付けない方が丁寧だという考え方があります。しかし、水引の有無や色については、地域や風習によって異なります。 水引を使用する場合では、一般的には黒白の双銀の水引を使用しますが、関西地域や北陸の一部地域では、黄白の水引を使用される風習があります。使用される水引は、ともに結び切です。水引を使用する地域でも、何に対するお布施かにより、水引の色がかわります。建墓時の開眼法要や、戒名のいただいた際などでは、赤白の水引を使用する場合もあります。 水引については、地域や風習によって異なりますので、お住まいの地域の風習を確認してみてください。特に風習がない場合や、地域の風習がわからない場合には、水引を使用しないこと自体は間違いではないので、水引のない封筒でお渡ししても問題はないでしょう。

渡すタイミングと渡し方

お布施を渡すタイミングについて、悩まれる方がいらっしゃるでしょう。基本的には、僧侶の方が読経とあげていただいた際に、都度お渡しするのがよいでしょう。渡すときには、お礼の入った包みや封筒を、直接お渡しすることはマナー違反となっています。渡す際には、小さなお盆の上にお布施を乗せて、渡すようにしましょう。 お布施を渡す際に使用する小さなお盆は、切手盆や祝儀盆と呼ばれます。お布施を渡す際に使用される、長方形型の小さなお盆です。正式には、黒漆塗りが一般的ですが、ない場合は近い形や色のお盆を使用しても構いません。 お盆が用意できない場合には、お布施をふくさに包んでお渡ししても構いません。ふくさの包み方は弔辞用です。僧侶の前でふくさを開き、ふくさにお布施を乗せた状態でお渡しするようにしましょう。ふくさからお布施を取り出して、直接手渡しすることはやめましょう。

寺院・宗派別のマナーとお布施の相場

納骨時のお布施の相場は、一体どのくらいなのでしょうか。寺院や宗派別に紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

東本願寺・浄土真宗・真宗大谷派

東本願寺への納骨は、事前に地元のお寺から申し込まなければなりません。まずは、お寺に相談してみるとよいでしょう。その際に、お寺の方にお布施の相場についても聞いてみると、お布施の相場について教えてくれるでしょう。東本願寺に納骨する場合の相場は、10万円ほどが相場でしょう。HPにも記載がありますので、参考にしてみてください。

知恩院・浄土宗

知恩院への納骨の場合のお布施の相場は、一般的な相場と同じ、3万円ほどでしょう。納骨する際に何段階か選ぶことができるそうです。お布施について、どのくらい包めばよいのかわからない方は、直接知恩院に問い合わせてみるのもよいでしょう。

高野山・真言宗

高野山への納骨の際のお布施の金額の相場は、一般的なお布施の相場と変わりなく、3万円ほどでしょう。四十九日の法要や開眼法要と、同じタイミングで納骨式を行う場合には、お布施もその都度渡すことになるため、用意をするようにしましょう。

曹洞宗

曹洞宗での納骨の場合も、四十九日の法要の際のお布施と同額や、3万円から5万円ほどが相場といえます。本堂で行う場合には、本堂の使用料なども定められている場合もありますので、事前に確認してみるようにしましょう。

納骨時のお布施のマナーを学ぼう!

いかがでしたでしょうか。納骨を行う際には、四十九日の法要や開眼法要と同じタイミングで行われることが一般的となっています。納骨式の際には、僧侶の方をお招きして読経をあげてもらいますので、お布施をお渡ししなければなりません。お布施は、一般的には3万円から5万円ほどが相場となっていますが、宗派や寺院によって異なりますので、直接寺院などに問い合わせてみるとよいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング