IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学入試で使える自己PRの作り方と例文・エピソードの例

初回公開日:2018年01月15日

更新日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

最近の大学入試では自己PRが非常に重要視されているから、しっかりと前もって対策をしておかなければいけません。それはやはり大学側は学生が自己PRで何を話すかに関しても着目していて、実際に合格不合格の対象に含んでいるからです。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

大学入試で使える自己PRの作り方とポイント

大学入試を受ける際に基本的な自己PRの作り方とポイントがあるから、しっかりと参考にする方が良いです。それはやはり自己PRは自分の色を出さなければいけないけれど、逸脱した書き方をしてしまうと印象を悪くしてしまうためです。よって自己PRをどういう風に作るかで困っている人がいたら、基本的な作り方とポイントを見ると良いでしょう。

面接

大学入試の面接の時には自分のどこに良い所があるかを短時間で、言えるようにしておく事が大切です。なぜなら面接はかなり限られた時間の中で、自分を表現しなければいけないからです。特に大学入試の面接のような場面は何回受けたとしても緊張が付き物だから、前もってたくさん練習もしておくべきでしょう。

推薦

大学入試の推薦の場合は特に自己PRが重要になっているため、何回も推敲していくべきです。普段から自己PRの文章を見ていけば、どこが良くないかが分かり、改善に繋がるからちゃんと取り組む方が適切です。それが自己PRをより良くするための秘訣に成り得て、大学入試の推薦の合格に少しでも近づけます。

指定校推薦

大学入試の指定校推薦の際はその学校に入り、自分がどういう風に変わっていくかを自己PRで表現していくと良いです。自己PRと言っても表現の仕方は人それぞれだから、特に大学入試の指定校推薦の場合はその学校に関する内容を入れる方が良いです。したがってただ単に自己PRを書くだけではなく、一工夫加えるだけでも非常に分かってきます。

公募推薦

大学入試の公募推薦は他の人も多く受けるから、自己PRに書く物はできる限り個性を出せていなければいけません。なぜなら他の人と同じような内容を自己PRに書いたとしても、それを読んだ人の心にはそう簡単に響かないためです。自分にしかない物を自己PRの書く必要があるから、個性をどういう風に出すかを念頭に考えると良いです。

OA

大学入試のOAは推薦よりも自分のアピールしていかなければならない場所だから、自己PRの重要性が非常に上がっています。自己PRでどうやって自分を表現するかで大学入試のOAの結果も変わってくるため、ちゃんと充分に時間をかけて、他の人が真似できないような自己PRを完成させるべきです。そうすれば大学入試のOAでも自分の良さを表現する事が可能で、ちゃんと合格を勝ち取れます。

編入

編入をする時の自己PRは、なぜ編入をしたいかをしっかりと書いておくべきです。それはやはりただ単に自己PRしたとしても編入したい理由が伝わらず、実際に合格に繋がらない可能性が出てくるからです。よって特に編入したい人がいれば、その理由もしっかりと自己PRに入れておく事が重要になります。

大学入試で好印象を与える自己PRの例文

大学入試で好印象を与える自己PRの例文はさまざまにあるから、それらを積極的に活用するべきです。それはやはり自分の力だけで考える事も大切だけれど、例文を参考にする部分も非常に有効な働きを見せるからです。したがってどういう風に好印象を与えれば良いかがわからない人は、自己PRの例文にちゃんと目を通すべきでしょう。

書き出し

書き出しは「自分の良い所は~」などで、自己PRを通して本当に言いたい事を持ってくるべきです。特に自己PRは自分を表現しなければいけない部分で、相手にまず印象づけるためには書き出しに力を注ぐ方が良いです。それだと相手の自分に対する印象も少なからず変わってきて、適切な影響を与えるようになります。

締め方

締め方は「大学で~をしたいです」にすると良いです。自己PRで自分の言いたい事を言った後に、大学で何をしたいかを付け加えると非常に適当です。相手の印象を良くする事に繋がり、記憶にも残りやすくなるから積極的に取り入れるべきでしょう。そうすれば自分の作ってきた自己PR伝わりやすさが今まで以上に増してもきます。

構成

構成の部分は最初に結論を持ってきて、その間に理由を付け加えて、最初にもう一度結論を入れると良いです。特に自分が最も言いたい結論はかなり大切になってきて、最初と最後にしっかりと入れるべきです。そうすれば相手にとっても自分が何を言いたいかがわかってきて、とても伝わりやすくなります。

1分

自己PRの内容はできる限り1分で終わるぐらいの分量にすると良いです。それはやはり短すぎても逆に長すぎてもいけなく、1分ぐらいが本当に丁度良いからです。だから自分の自己PRを見返して、ちゃんと1分ぐらいで終わるかを確認しておくべきでしょう。そこで短かったら何かしらを付け加えて、長ければ少し省いていくと適切な自己PRができあがります。

大学入試の自己PRで使えるエピソードの例

部活

大学入試の自己PRで使えるエピソードの1つ目は部活です。部活でどういう活動をして、どんな大会に参加した事で何を学んだかはかなり良い題材になってきます。だから部活に入っている学生は、実際に部活で何をしていたかを振り返ってみるべきです。そうすれば自己PRに繋がる何かを見つけられて、良い自己PRを書く事ができます。

皆勤賞

大学入試の自己PRで使えるエピソードの2つ目は皆勤賞をした事です。学校を1日も休まずにいった事は普段から健康で、耐久力もあると言う事だから自己PRにしやすい物です。特に皆勤賞をしている学生は少ないため、それを自己PRにすると相手に印象づけをしやすくなります。だから皆勤賞をもししているならば、積極的に自己PRに取り入れると良いです。

協調性

大学入試の自己PRで使えるエピソードの3つ目は協調性がある事です。協調性があると言う事は周りの人としっかりと力を合わせて、協力できる部分になってくるため、これも自己PRに書きやすい物になっています。大学でも協調性が必要な場面はかなりあるから、協調性がある事はかなり武器に成り得ます。

行動力

大学入試の自己PRで使えるエピソードの4つ目は行動力がある事です。特に大学では周りに言われるのではなく、自分から動いていかなければいけないため行動力が必要になってきます。したがって高校で行動力を培っている人は、自己PRにその事を上手く入れると良いです。そうすれば大学の人達は行動力がある事に目を付けて、印象も他の人よりも高まってきます。

好奇心旺盛

大学入試の自己PRで使えるエピソードの5つ目は好奇心旺盛な所です。その理由としては何事に対しても積極的に取り組む姿勢を持っている事を自己PRに入れておけば、少しでも印象づけられるからです。よって普段から好奇心旺盛な所がある人は、それを上手く自己PRに繋げていくと良いでしょう。

長所

大学入試の自己PRで使えるエピソードの6つ目は長所です。長所は誰もが持っている物で、他の物よりも一番自己PRに活用できる物です。だから自分の長所は何かを改めて見つめ直して、どうすれば自己PRに繋げていく事ができるかを考えてみると良いでしょう。そうすれば自己PRでちゃんと自分を表現する事が可能で、合格に少しでも近づけるようになります。

まとめ-大学入試と自己PR

最近では大学の多くが入試をする時に、自己PRを重視するようになっています。その理由としてはそれぞれの学生の能力をちゃんと見たく、そのためには自己PRでどういう事を話すかを見る方が最も手っ取り場合とされているためです。だから学生側はしっかりと自己PRを考えなければいけなく、とても重要な部分になっています。 自己PRはできる限り周りと違う物の方が良いから、ちゃんと真剣に内容を推敲するべきです。それはやはり周りと同じだと自分を印象づけられなく、大学入試で落ちてしまう可能性も充分にありえるからです。したがって自己PRで何を話すかは合格するかどうかにも充分に関わってくるので、入念に考えを巡らす方が賢明でしょう。

関連タグ

アクセスランキング