IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サロンの意味|ネット用語/ファッション用語/古典・使い方

言葉の意味

ヘアサロンに日焼けサロン、エステサロンにサロン・デ・スパなどサロンという言葉は、日本人に広く浸透していますよね。でも、サロンという言葉は本来は違った意味をもつ言葉だということはご存じでしょうか。サロンの言葉の意味とその歴史について、ご紹介します!

更新日時:

サロンの意味

〇〇サロンや、サロン〇〇というように、サロンという言葉はよく使われています。では、サロンという言葉の意味はなんでしょうか。

応接間

サロンという言葉の意味は、本来はフランス語の客間、応接間を表す言葉でした。最初の頃は、お客さんを相手に応接間・客間でもてなすときにその部屋を指して使われていたのでしょう。

談話室

サロンについて、談話室といった意味で使われることもあります。これは、17世紀中ごろから後期にかけての間、貴族やブルジョア層の人たちが自分の邸宅でサロンを開き、芸術家や文人、詩人たちが多数参加していたことからでしょう。 サロンに出入りしていた芸術家たちは、貴族や裕福なブルジョア層の人たちのパトロンを得ることもありました。このときのサロンの主人は、女性でした。サロンでは、多くの詩や絵画など、作品が発表されていたのでしょう。

文化人相互の交流の場

文化人同士、相互の交流の場としての意味でサロンが使われることもあります。例えば、「木村蒹葭堂のサロン」といった言い方をします。これは、木対蒹葭堂世粛という人物が自邸で開いたサロンで、多くの画家、文人、学者から大名、当時の外国人までが参加されていたと言われています。 時代は江戸、木対蒹葭堂世粛という人物はサロンを通じて、貴重な書画や医学・蘭学の文物や標本などを収集していたとされています。日本におけるサロンとは、こういった集まりを指す意味で使われていたのでしょう。

フランス語のサロンの意味

社交界

フランス語のサロンの意味は、元々は客間や応接間などを意味していると紹介しました。社交界においては、社交好きな女性が知的な会話や気のきいたやりとりを楽しむ場といった意味で、自分の邸宅でサロンを開くことが多くなっていました。 サロンを開いていたことで有名な女性としては、ランブイエ侯爵夫人、女性作家が多く誕生したスキャデリー嬢のサロン、後にルイ14世と結婚したマントノン夫人が参加していたラ・サブリエール夫人のサロンなど、社交界においても欠かせない存在になっていました。 サロンというものが本来、女主人を中心にしているという意味で、女性をたたえる詩や恋愛関係のものが多くなったという弊害はあったようですが、ヨーロッパの文学や芸術には大きな影響を与えていたでしょう。

展覧会

もともとのサロンには展覧会、という意味はありませんでした。しかし、美術用語でのサロンとなると、意味はフランスの「官展」を表しています。フランス王立絵画彫刻アカデミーが、ルーブル宮殿のサロン・カレ(方形の間)で最初の展覧会を行ったため、展覧会をサロン、と呼ぶようになったと言われています。 サロンのもともとの意味とは異なりますが、展覧会もまたサロンと呼ばれるのはこうした理由によるものでしょう。

ネット用語のサロンの意味

2ch(現在は5ch)

ネットの巨大掲示板として、2ch(現在は5chになっています)は有名です。こちらの掲示板では、主に談話室という意味で〇〇サロンといった使われ方をしています。

各カテゴリの雑談系の板

サロンといっても内容はジャンルによってさまざまあるため、5chでは各カテゴリの雑談系の板のことをサロンと呼んでいるのでしょう。意味は談話室のままです。ここでいう板(いた)とは速報板や国際情勢板など、掲示板の板といった意味で使われています。

ファッション用語のサロンの意味

サロン系ファッション

サロン系ファッションというものもあります。こちらは本来のサロンの意味ではなく、美容師(サロンスタッフ)が好んでいたスタイルから、サロン系ファッションと呼ばれるようになったとされています。 特徴としては、モード要素がありフェイクギミックを取り入れたりした、おしゃれだけどゆるーく着こなすという風なスタイルになっています。

サロン前掛け

サロン前掛け、と呼ばれることは最近ではほぼありません。いわゆる、腰から下だけの、腰の位置で紐を結んだりするエプロンのことになります。ギャルソンなどもこちらになります。

サロンエプロン

サロン前掛けのことです。サロンエプロン、と呼ぶ場合が多いです。スカートのような短いものや、足首あたりまである長いものまで種類は豊富です。上半身はないエプロンなのが特徴でしょう。カッコイイエプロンとして人気があります。

古典に出てくるサロンの意味

文化サロン

日本の古典にも、サロンという言葉が登場します。女主人を中心としているという意味では、ヨーロッパのサロンとそう変わらないところがありますが、後宮を中心として文化サロンと呼ばれています。清少納言の「枕草子」は一条天皇の皇后定子のサロンから、紫式部の「源氏物語」は一条天皇の中宮彰子のサロンから誕生しています。

平安時代の宮中の特定の集団

上記でも紹介したように、平安時代に文化サロンと呼ばれていたのは、後宮を中心としたサロンでした。もともとのサロンの意味である知的な会話や趣味を楽しむ場として、後宮の高位の女性たちが率先して自分たちのサロンを開き、優秀な人材を集めていました。清少納言や紫式部も、そうして集められた才女たちです。

サービスを提供する店の名前をサロンと呼ぶ例

日本においては、各サービスを提供する店の名前としてサロンが使われることがあります。もともとのフランス語の意味とは少し変わってしまっていますが、日本では一般的にサロンで受け入れられています。

ネイルサロン

爪にマニキュアなどで装飾をしたり、爪のお手入れなどをしてくれる場所のことがネイルサロンと呼ばれています。日本以外のヨーロッパなどでは、サロンではなくネイルバーやネイルスタジオ、といった呼ばれ方が一般的です。

日焼けサロン

日焼けサロンは、日サロと略して呼ばれることも多いです。冬でも紫外線を人工的に当てることができる日焼けマシーンで日焼けできることが特徴です。

ヘアサロン

サロン系ファッションの元となったと言われているのが、このヘアサロンです。このヘアサロンのスタッフが好んでいた服装がサロン系ファッシヨンと呼ばれています。ヘアサロンでは髪の洗髪からカット、パーマやトリートメント、仕上げなどを行ってくれます。

サロン ド テ

「サロン・ド・テ」は、フランスではカフェと別に区分されているお店です。カフェと違うのは、ケーキやお菓子などを取り扱っていて、飲み物と一緒に食べ物を食べることができるお店のことを意味しています。カフェはフランスでは、飲み物のみを取り扱うとされています。

サロンの使い方

サロン・デュ

この場合、サロン・デュで有名なのは、「サロン・デュ・ショコラ」でしょうか。毎年10月にフランスで開催される、チョコレート(フランス語ではショコラ)の祭典です。この場合は意味としてチョコレートの展覧会、といった意味で使われているのだと考えられます。

サロン・ド

サロン・ドと使うのは日本のお店ではよくあります。この場合は、英語でいうところの「of」といった意味で考えてみれば差し支えないでしょう。デュになったりドになったりすることがありますが、フランスの場合女性名詞や男性名詞があるため、それによって変わることがあるためです。日本でならば、ほとんどの人が気にしていないと考えられます。 サロン・ドと書きましたが、場合によってはサロン・デと書いている場所もあります。表記は「salon de」になり、どちらでも変わりません。

現代のサロンはくつろぎの場?

日本では、〇〇サロンといった使われ方をしていることが多いので、お店のことをサロンと呼ぶことが自然になっています。この場合、本来の意味のサロンではなく、自分を綺麗に磨くための場所、リラックスするための場所、ついでに会話も楽しめるような場所を示していることが多いでしょう。エステサロンなども、サロンを使っています。 何かと気づかれすることの多い現代の日本人にとっては、サロンは癒しの場という意味にもなっているのでしょう。

関連タグ

アクセスランキング