IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ファンキーの意味と使い方|音楽用語・英語のスラング

言葉の意味

「ファンキー」という言葉が頻繁に使用されますが、一体どのような意味で使用されているのでしょうか。言葉は一筋縄ではいかず、二項対立の意味をうちに含んでいる場合もあります。「ファンキー」という言葉も、きっと、そのような言葉の意味ではないでしょうか。

更新日時:

ファンキーの意味

最近でも、時々はファンキーという言葉を使用することがありますが、その言葉は、昔よく使用されてちょっと懐かしい感じもあります。なんで、昔はいま以上、ファンキーという言葉を使いたがっていたのでしょうか。 それは、ファンキーの時代だったのでしょうか。ファンキーという言葉の意味から、理由を探ってみましょう。

服装などが原色を多用していて、けばけばしいこと

ちょっと昔の人たちって、ファンキーという言葉の意味もそれほど理解しないまま、格好いいから、ファンキーといっていたりしたところもあったのではないでしょうか。とにかくカタカナ言葉には、そのような性格がある可能性があります。 ファンキーという言葉の意味は、本来、「悪臭、臭い」や「泥臭い」という意味です。ヤツはファンキーだという言い方をすれば、相当失礼な言い方だった訳です。しかし、いわれた相手も満更でないような顔をしていたりして、ファンキーという言葉の響きはそれほど悪い意味として相手に伝わっていないというカタカナ語の特権が存在しています。 ファンキーという言葉の意味は、服装などが原色を多用していて、けばけばしいという意味合いでもいいのですが、おおかたの意味は、野暮ったい服装をしている、変な服装をしているというような、ちょっとネガティブな方の感じです。

黒人独特のノリのあるさま

ファンキーという言葉の意味には、更に、「怖がっている、臆病な」というものもあります。しかし、意味とは裏腹に、会話では、それほど悪い意味ではなく、少し変わった面白いヤツというようなシーンに使われることがあるのは事実です。 ファンキーという言葉には、黒人独特のノリのあるさまを感じるという人たちもいるでしょう。やっぱりファンキーといえば、異国の香りがして、なんとなくつい使用したいという気持ちもわからないではありません。 ファンキーという言葉の意味は、こういうものだということをはっきりと理解して使用している人たちはどの程度いるのでしょうか。

音楽用語のファンキーの意味

音楽用語でも、ファンキーという言葉は使用されています。 ファンキーという言葉は、「黒人の体臭」という意味の俗語であり、1950年代のジャズに使われた言葉です。

ジャズ・ソウルなどの音楽にファンクの要素が含まれること

それは、ジャズやソウル、ロック、ポップスにおける黒人独特のリズム感覚を持ち、ノリ、フレージングを指す形容詞として使用されています。 野性的で躍動感のあるリズム・演奏などに対して、「ファンキーなボーカル」という言い方もし、「ファンキー・ミュージック」という言い方もされていました。

ポップスやロックの野性的で躍動感のあるリズム・演奏などの形容

矢沢永吉さんのいたキャロルにも、君はファンキーモンキーベビーFUNKY MONKEY BABYという歌詞の歌があります。みなさんも当時格好いい感じで、FUNKY MONKEY BABYと言っていた訳ですが、FUNKY MONKEY BABYの意味をしっかり理解して使用していたのでしょうか。 FUNKY MONKEY BABYの意味ですが、FUNKY MONKEYは、スラングとしてある言葉であり、「狂っている、頭がおかしい、風変わりな(人)」という意味です。

女の子と一緒にいて悪い気持ちを持っている訳ではない

なので、funky monkey babyという言葉の意味は、頭がイカレたような恋人という感じの意味でしょう。キャロルは、「キミはファンキーモンキーベイベー!イかれてるゥよォ」と歌っています。 そして「楽しィ」と言っています。まんざら、unky monkey babyの女の子と一緒にいて、悪い気持ちを持っている訳ではありません。

ファンキーの英語のスラングの意味

私達は、ファンキーという言葉の意味をどのような感じで受け止めればいいのでしょうか。ファンキーという言葉の意味は、本来は臆病な、おじけずく、憂鬱という意味があり、日本人の方々も、そのままのイメージで受け止めていいでしょう。 では、黒人ミュージシャンの奏でる独特のリズムや音階は、臆病な、おじけずく、憂鬱かといえばそうではありません。黒人の、体臭などに対して、侮蔑的言葉として、最初ファンキーという言葉が使用されていた可能性は高いですが、ここで注意をしなければならないのは、転じてそのような言葉の意味が、かっこいいという言葉に裏返ることがあります。

かっこいいの意味

ファンキーという言葉には、格好いいという意味があります。しかし、ファンキーという言葉が単に格好いいという意味だけを持っているものではなく、ニオイ、食べ物などで使用される時には、ファンキーは、決してそれを褒めてはいません。ファンキーという言葉は、 臭い、まずい、独特な匂いということを伝える言葉です。

臭い

ファンキーという言葉は、黒人という難しい言葉の意味と深く関わることになり、意味には精神的なものを抱えていると言っていいでしょう。ニオイには、こころがありませんし、私達は、臭いなら臭いと、そりままストレートに使用して伝えればいいまでです。 しかし、黒人の場合は違います。ある時代では、黒人は、侮蔑の対象でした。そのような時、ネガティブなファンキーという言葉の意味そのままとして使用されていたでしょう。現代社会において、もちろん、黒人という存在は、そのような対象ではありません。 しかし、私達の側には、潜在的には、黒人という存在は、軽蔑に値するという意識が残っている可能性があります。黒人の体臭が臭いから、ファンキーというのではなくて、もっとファンキーには、歴史的背景もありそうです。

黒人に対しての思い

私達は、ファンキーという言葉に対して、黒人の存在、存在意味・価値のことまで考えます。決して、黒人に対しての過去の忌まわしい歴史は、今後再び起こってはならないと誰もが思っているでしょう。 そして、事実黒人のみなさんも、白人同様にして、普通の日常生活を送ることができるようになりました。しかし、その自由世界は、100%完全な世界が作られたといっていいでしょうか。今後、もっと世界は良く変わっていく可能性はあります。白人をリードする時代も来る可能性もあるでしょう。 しかし、過去の痕跡は、やはり私達の心に残るものです。ファンキーという言葉には、ほんのミクロであっても、黒点を残しているのは事実と言っていいのではないでしょうか。それをぬぐい去ろうと、白人共々努力している現状ともいうことができます。

ファンキーな魅力

私達現代社会の人たちは、ファンキーという言葉の意味に既に魅力を感じているのではないでしょうか。それは、単に格好いいということではなくて、ファンキーだから格好いいのです。 単に格好いいと言っている訳ではなく、臆病な、おじけずく、憂鬱という言葉と、格好いいという言葉の二項対立の言葉の膨らみのようなものが存在しています。単に格好いいというのではなくて、臆病な、おじけずく、憂鬱を想起させる言葉だから、より格好いいという言葉の意味もいきいきとして来ます。

二項対立の意味

戦争と平和という映画があります。そこに、キラキラ輝くような平和を見つけるのではないでしょうか。一方では、現代社会は、ほとんど戦争から切り離された平和を温存し続けている時代ともいうことができます。そのとき、私達が感じている平和って、戦争と対峙する平和ではなく、なんだか平坦な、ダラダラしていて退屈というイメージを持つことになります。 そのような意味で、平和とは、戦争が側にあり、束の間に感じる休息のことともいうことができます。これ以上、戦争と平和を追求はしませんが、ファンキーという言葉の中にも、戦争と平和と似た、二項対立要素が存在して、格好いいという意味をよりキラキラ輝かせている可能性があります。

ファンキーの使い方

ファンキーという言葉は、相手には格好いいと言っているので、相手は、ファンキーと言われていい気持ちになっているでしょう。ファッションスタイルにおいても、ファンキーは上手く利用されています。

ファンキーなファッション

ファンキーファッションとはどのようなことを言うのでしょうか。ダルメシアン柄のチュニックのような服を着ているような人を見て、ファンキーなファッションと指摘する人たちがいます。そこで、使われるファンキーの意味も、ほとんど現代にマッチした素敵なファッションスタイルねという意味で理解しておけばいいでしょう。 現代社会にはおいて、ファンキーは、悪い意味で使われることはほとんどありません。レストランへ行って、食べ物が腐っていた場合、この食べ物ファンキーねという言い方は、使い方があっているとしても使用しないでしょう。

ファッションの場合いいと言っている

人間たちは、嫌なことをストレートに表現したい時、いちいちファンキーと言って、言葉をボカす言い方をしません。ひょっとしたら店長が側にいて、まずい食べ物に対して、言葉をボカしてこの食べ物はファンキーねという言い方はされる可能性はありますが。  ファッションの場合は、大抵の場合、いいと言っているのでしょう。

ファッションスタイルを本当の褒めている?

しかし、ファンキーという言葉は、100%完全に褒めているということではありません。お父さんが、娘さんにファンキーなファッションだねと言った場合、オレは、このファッションスタイルを認めていないけど、そういうオレのついていくことができない時代だから、仕方ないかなという思いもあるでしょう。 ここでも、このファンキーという言葉において、ネガティブとポジィティブな、二項対立的言葉の意味が存在していると言っていいでしょう。

ファンキーミュージック

多くの人たちが、音楽に対し、現代社会に則したものを求めているという訳ではありません。現代社会においても不満はたくさんあって、ストレスを解消するために、ファンキーな音楽を聞いている人たちもいます。 音楽はある意味、破壊者として捉えてもいいでしょう。しかし、社会が破壊されるのを恐れているのも現代社会の私達です。ですから、破壊を願うと同時に、再生を願い、ファンキーな音楽には、破壊と再生の二項対立要素が存在します。

ファンキーが名前につく有名人・グループ

ファンキーという言葉の意味は、現代社会においても有効的に使用されていると言っていいでしょう。ファンキーが名前につく有名人・グループがいますが、100%悪の意味であれば、そのような名前をつけるはずはありません。

FUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYSというアーチストもいます。それは、ほとんど、キャロルのファンキーモンキーベビーと一緒です。おおかた、キャロルのメンバや、クールスたちが相手にするような女の子たちをイメージすれば、ファンキーモンキーベビーということにはなるのではないでしょうか。 彼女たちは全くの清純な女の子というイメージではありません。自分自身が、ちょっと無理している可能性もありますが、ちょっとワルぶって、背伸びをしているようなイメージがここにはあります。

ファンキー加藤

ファンキー加藤という名前も、嫌なイメージだけなら名前にするはずはありません。臭い加藤では、誰も近付いて来なくなってしまうではありませんか。 ファンキー加藤には、魅力的な加藤という意味もあり、かつ、ファンキーで、出鱈目な男性だから、今後、何をするかわからないよという強迫めいたメッセージもあります。しかし、そのような事態があっても、オレは格好いいから許せと言っています。 ファンキー加藤は、まるで不倫のようなことがあっても、オレは、だから、ファンキーと言っているじゃないか、そのようなことはあって当然、大目に見てよと名前が訴えかけているのです。 ファンキーという言葉は、不倫程度の問題は吸い取ってしまうような力がありそうです。ファンキーの言葉の中には、ネガティブな意味合いも、もともと存在している訳ですし。

嵐の楽曲「FUNKY」の歌詞の意味

そして、嵐という輝かしい青年たちも「FUNKY」という歌をうたっています。まさに、嵐のメンバーは、少なくとも、ファンキーという言葉とは無縁という感じもあります。 しかし、そろそろ嵐も、青年から大人へと変身していかなければならない頃です。芸能人は、老いに対して、どう上手くスイッチすることができるかがテーマです。 青年が大人に変わるとき、頻繁に愚劣な言葉を投げ捨てるというのも方法です。大人の人たちは、決して綺麗ごとだけで済ますことができません。しかし、下品な大人になれと言っている訳ではありませんし、ここで、ファンキーと言う言葉を連発することには価値がありそうです。

ファンキーになりたい

ファンキーに生きるということは社会の規則に縛られない楽な生き方ともいうことができます。ファンキー、その言葉の意味は、まずは否定からはじまるからです。 一度否定してしまったら、こんなに楽な生き方はないのではないでしょうか。ただ私達は、あとは伸びていけばいいだけなのですから。

関連タグ

アクセスランキング