IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学生のバイトの平均月収|理系/文系・1カ月の平均時間|シフト

アルバイト

大学生にとってアルバイトというのは、生活に欠かせないでしょう。しかし学業が忙しくてアルバイトで稼げていない気がするという人もいるでしょう。そこで大学生の平均月収シフト時間を紹介します。アルバイトを決める参考にしてください。

更新日時:

バイトどうすればいいかな?

バイトどうすればいいかな?

大学生になると行動範囲が格段に広がります。しかし、残念ながら完全に自由に楽しめるという人は少ないでしょう。それはいろいろなことをするのに時間的にも、そして経済的にも制約がかかるからです。 高校生からバイトをしている人もいれば、大学生になって始めるという人もいるでしょう。そこで気になるのは、いったい平均してどれくらい稼ぐことができるのか、またどれくらいの時間をバイトに充てることができるかです。 大学生である以上勉強を疎かににしてしまうのは、問題でしょう。かといって平均して安定した収入がないと勉強どころか生活が危うくなったり、遊びに行くことができなくなってしまいます。バランスをとるためにも平均を知っておきましょう。

大学生のバイトの平均月収

大学生のバイトの平均月収

一口に大学生といっても広いですから、ここでは理系と文系の学生に分けて考えます。一般的には理系の大学生の方が文系の大学生よりも忙しいといわれています。 その理由としては実習やレポートが多いことが挙げられます。どうしても時間を取られる課題が多いのは事実です。そうはいっても、理系だとバイトできないとあっては進学を考える人も出るでしょう。いったいどのくらい稼げるでしょうか。 余談ですが、多くの大学生が税金対策として上限は103万円を目安にしています。参考にしておいてください。

理系

理系

理系の大学生の平均としてはバイトの月収はおおよそ2.5万円ほどです。これはあくまでも平均を取っているためそれ以上稼いでいる大学生もいるでしょう。また、アルバイトをする余裕がないという理系の大学生もいます。 理系の大学生は忙しいという先入観もあり、もともとバイトをしないと決めている人もいあm素。また、初めて見たものの課題に時間を取られ思うようにバイトを入れることができない人もいるでしょう。

家庭教師や塾講師

理系の大学生に人気なのが、家庭教師や塾講師です。これはある程度時間が決まっているバイトの一つといえるでしょう。また、居酒屋などのバイトに比べるとバイト同士での交流で飲みにケーションというものが発生しにくいため、個人で働くことを好む学生に人気です。

文系

文系の大学生の平均月収としてはおおよそ3.5万円ほどです。理系との差で見るとおおよそ1万円ほどあります。これは、理系に比べると先々の予定を見通しやすいということが大きいでしょう。

居酒屋やコンビニ

文系の大学生に多いのは、居酒屋やコンビニでのアルバイトです。夜にシフトに入る仕事をすることが多いのが特徴でしょう。これは、日中に有意義に時間を使いたいという考えもありますが、大学の履修が学年が上がるにつれ自由が利き、比較的朝が遅くてもいいことが理由です。

大学生のバイトの1カ月の平均時間

大学生のバイトの1カ月の平均時間

バイトはお金を稼ぐことができますが、その対価として大学生は時間と労力を消費しています。時間は変えないといいますが、お金を持っている人や稼ぎがいい人はそういう意味でいうと時間を買っている、もしくは節約しているといえるでしょう。 何はともあれ、大学生のアルバイトの平均日数やシフトの時間を見ていきましょう。

平均日数

大学生のアルバイトの平均日数は週で2~3日であることが多いです。つまり、1ヵ月で考えると10日前後となるでしょう。 1ヵ月はおおよそ30日ありますから、月の1/3の日数はバイトが予定として組み込まれていることになります。バイト先を決める時にはどれくらいの日数は言ってほしいと考えているのかも知っておく必要があります。また、一時期話題になったブラックバイトにも気をつけましょう。

シフト

アルバイトに入るといっても1日中働いているという人は少ないでしょう。むしろ、平日などの学校終わりに数時間というスタイルを選択する人が主流です。 それでは、一回のシフトで平均してどれくらいバイトに時間を使うのかというと、おおよそ4時間半ほどです。夕方16時にバイトに入ると20時に上がる計算です。 これは大学生本人の希望というよりも、バイト先のシフト制の問題もあるでしょう。ある程度まとまった時間を働いてもらう方が、バイト先としても雇い人数を減らすことができます。また引継ぎなどでかかる時間を削減できます。

大学生の臨時バイトの平均収入

大学生の臨時バイトの平均収入

勉強やサークルで忙しい大学生の稼ぎ時、それは長期休暇です。その時期になるといろいろなところで臨時バイトの募集が始まります。 卒業旅行に行きたい人、普段はアルバイトをすることができない人が平均のアルバイトとは別にガッツリ稼ごうと考えることが多いです。それでは、どれくらい平均して稼げるのでしょう。

春休み

春休み

春休みの長さは大学によって変わってきますが、2月の1週目あたりに始まり、3月いっぱいは休みであるというところが多いです。そうすると、遊びのことなども考慮すると6週間ほどは休みとしていいでしょう。 大学生は春休みの間に5万から10万円を目標に稼ごうと考えている人が多いです。時給が1000円であれば、1日に5時間シフトに入るとすると20日もあれば足りるということになるでしょう。 サークル活動や帰省なども考えるとやはり5万円から10万円という辺りが無理なく稼げる範囲でしょう。春休みに臨時バイトをするというのは難しいことが多いです。それは春休みは企業側も忙しい時期であり臨時バイトを雇うことをあまり想定していません。それよりも普段入っている学生にシフトを増やしてもらいたいと考えることが多いです。

夏休み

続いては、大学生の生活の中でも特に長いとされている夏休みのバイトの平均について紹介していきます。夏休みの期間自体あhおおよそ2ヶ月であることが多いです。開始時期や終了時期は違えど多くの大学では2ヶ月ほどとっています。 平均のバイトの稼ぎとしては夏休みの期間で15万円ほどです。1ヵ月に大体7万円ちょっとというところでしょう。夏休みには臨時バイトがあふれています。リゾートでのバイトも有名ですが、住み込みで自由が利かないため敬遠する人もいます。また、お盆の時期などの売り子やイベントのスタッフなども人気です。 臨時バイトと通常行っているバイトを組み合わせて、稼ぎを多くするという人が多いのが夏休みのバイトの特徴です。

年末年始

年末年始

年末年始にも臨時バイトで平均の稼ぎを超えようとする人はいます。ただし、こちらはほかの長期休暇と比べて空く兄です。その理由としては年末年始やクリスマスはできれば予定を入れたくないと考える大学生が多いからです。 そのため年末年始期間の平均の稼ぎとしては、数万円から7万円くらいでしょう。これはガッツリ稼ぐ人と全くバイトを入れたくないという二極化が起こりやすいためでもあります。クリスマスに定番の臨時バイトとしてはケーキの売り子があります。これはその期間だけでも数万円、時には5万円ほど稼げるため、クリスマスに働いてもいい人には向いています。

大学生のバイトは計画的に

大学生のバイトは計画的に

ここまで大学生の平均バイト時間や、平均月収などを紹介してきました。しかし、それぞれの事情によってバイトに割く時間は変わってくるでしょう。実家通いか一人暮らしかでも変わってきますが、本格的なサークル活動をしていると時間を取ることが難しい場合もあるでしょう。 大学生の平均としては5万円前後となっていますが、交際費や学費などを考えて計画的に稼いでいくことが必要です。卒業旅行はもちろん免許の取得にもお金がかかります。あくまで平均の値を紹介したので必要性や余裕などを考慮してバイトをしましょう。本文は勉強です。 また、長期休暇は大学生にとって平均月収も上がる絶好の稼ぎ時です。始まる前に探して幸先の良いスタートを切りましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング