IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「否めない」の意味と使い方・例文・短文・対義語・歌詞・敬語

敬語

あなたは「否めない」という表現にどのような意味があるのか知っていますか。実は「否めない」という言葉を使えるようになると、今まで伝えることのできなかった考えを、表現することができるようになります。この記事から「否めない」の使い方を理解しましょう。

更新日時:

「否めない」の意味と使い方とは?

あなたは「否めない」という言葉を使いながら会話をすることができますか。もし、できないのであれば「否めない」という言葉に含まれている、正確な意味について理解する必要があると言えます。 対人関係において言葉遣いは非常に重要ですから「否めない」という言葉を、どのように使う事ができるかについても詳しく理解しましょう。「否めない」という言葉の意味と使い方を正確に覚えれば、会話をしている時に相手に与える印象も異なってくるはずです。

「否めない」の意味

「否めない」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。辞書などで、この表現の意味について探してみると「否定できない」「断ち切らない」という意味があることがわかります。 「否定できない」のですから、何かが起こる可能性が少ないことはわかってはいても、それが起こる可能性が0%ではない時に使うことのできる表現であることがわかります。このように「否めない」という言葉の意味や定義について理解することができたとしても、実際にこの言葉を使うのは難しいでしょう。 では、これから「否めない」という言葉を使った例文を紹介します。自分で例文を作るのが難しいと感じるのであれば、これから紹介される例文をそのまま覚えて、自分の会話の中に取り入れることができるでしょう。

「否めない」を使った例文とは?

「否めない」という言葉を使った実際の例文を調べてみましょう。

好き嫌いは「否めない」

例えば、普段の会話の中で「好き嫌いは否めない」という表現を使ったとしたら、どんな考えを相手に対して伝えることができるのでしょうか。 「好き嫌いがあるのはしょうがないことだ」という考えを伝えていることになります。つまり、この場合の「否めない」は「否定できない」という意味で使われていることになります。 例えば「二人とも育ってきた環境が違うから、好き嫌いがあるのは否めないことだ」という文章もを作成することができます。どちらかと言うと、この文章の方が意味が伝わりやすいということができるのではないでしょうか。前半の文章で理由について言及されているからです。

せっかく招待してくれたなら「否めない」

例えば、あなたが忙しく仕事をしているとします。あまり時間がないため、他のことをする余裕がありません。しかし、たまたま忙しいにもかかわらず、親戚の家に食事をするように招かれました。 この場面で活躍してくれるのが「否めない」です。具体的には「せっかく招待してくれたなら否めない」というフレーズを使うことができます。どんな考えを伝えているフレーズになりますか。 簡単に言うと「忙しいけど、めったにない機会だから、断ることができない」という考えを伝えていることになります。この場合は「否めない」が「断ることができない」という意味で使われていることが、わかるのではないでしょうか。

否めない命令

「命令」という言葉を聞くと、どんな印象を受けますか。多くの人は心地よく感じることはないはずです。なぜなら、場合によっては、自分の意見に反して命令に従わなければならないこともあるからです。 しかし、命令されている内容によっては、その命令に従うのが難しかったとしても、従うべき最もな理由がある可能性もあります。そのような命令に従わなければならないとしたら、どのようなフレーズを言うことができるでしょうか。 「否めない命令」という言葉を使うことができるでしょう。なかなか使うことがありませんが、この表現によってどんな考えを伝えることができているのでしょうか。「否定することのできない命令」という意味を伝えています。

災害時にも「否めない命令」がある

例えば、災害が発生したときに発せられる命令は少し厳しすぎるように感じることがあったとしても、従わなければなりません。命が関わっているからです。そのような命令は「否めない命令」であり、人間の命を守る目的を持っていると言えます。 大震災があった時にも、命令に従った人が助かり、災害の命令に従わなかった人が命を落としたという事例があります。 そのため、どのような命令が「否めない」のか、をしっかり理解しておくことは非常に重要です。理解度によって、緊急事態が生じた時の自分の決定を、左右することになるからです。

「否めない」の対義語とは?

「否めない」という言葉を、もっと深く理解したいのであれば、何について調べる必要がありますか。実は、対義語について調べることによっても「否めない」という言葉の意味を深く理解することが可能になります。 なぜなら、反対の意味のある言葉を理解して、その後に「否めない」という言葉と比較することによって、どのように意味が異なっているのかを分析することが可能になるからです。「否めない」という言葉の対義語にはどうなフレーズがあるのか紹介します。初めて知ることのできる情報が満載です。

否定

「否めない」という表現の対義語を知るのは非常に難しいことです。なぜでしょうか。なぜなら「否めない」という言葉には、複雑な考えが込められているからです。 例えば「否めない」を「否定できない」という表現に訳したとしましょう。ここで注目すべきなのは「否定できない」とは、どういうことか、という点です。簡単に言うと「否定できない」ということは、肯定していることになるのではないでしょうか。 では「否定できない」という言葉によって、肯定の考えを表現しているのであれば、その対義語は「否定」になるということがわかります。 「肯定」は「あることをそれで良い、または、事実であると認めること」という意味があるのに対し「否定」には「そうでないと認めること」という意味があるからです。考え方が非常に難しいですが、対義語についても理解することができたでしょう。

「否めない」の言い換え方を教えて!

「否めない」という言葉は会話の中で何度も使うことのできる表現ではありません。比較的注目の浴びやすい表現なので、 もっと自然に使うことのできる言い換え方を覚えることも大切です。 では「否めない」の言い換え方には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。

無いとも言えない

「否めない」を言い換えた表現として「無いとも言えない」があります。では、この「無いとも言えない」というフレーズには、どのような意味があるのでしょうか。 この表現を使によって、可能性が0%ではないことを否定することができます。つまり「否めない」と同じように、可能性が少ないと場合でも、それが0%ではないことを表現することができるということです。 例えば「リスクが無いとも言えない」という例文を作ったとしましょう。結局、リスクがあることを伝えていますか。それとも、リスクがないことを伝えているのでしょうか。 「リスクがあること」を伝えています。なんだか微妙な表現だと感じられることもあります。 でも、多くの人がリスクがないと考えている中で、よく考えてみるとリスクがあることに気付かされることがあります。そんな時に「リスクが無いとも言えない」という表現を使うことができます。

「否めない」の敬語のについて

「否めない」という言葉を使うには、この表現が敬語なのかどうか正確に理解する必要があるでしょう。もし「否めない」が敬語として正しいのであれば目上の人に対して使うことができますが、正しくないのであれば使うのを控える必要が生じます。 結論から言うと「否めない」は多くの場合、正しい敬語として使うことができます。なぜなら「否めない」という表現によって不快に感じる人はほとんどいませんし、語尾につける表現によって、さらに深い敬意を増し加えることも可能になるからです。

「否めない」と「否定できない」の違いとは?

いろんな本を読んでいると「否めない」に似た表現を見つけることができるはずです。「否めない」という言葉に似ている表現の代表的なものは「否定できない」というフレーズになるでしょう。 さて、この2つの表現に違いはあるのでしょうか。結論から言いますと「否めない」も「否定できない」という表現も、ほとんど同じ意味になります。そのため「否めない」という言葉を使うことのできる文章では「否定できない」という表現も使うことができる、ということができます。 どちらの表現であったとしても非常に利便性が高いので、会話の中や文章を作成するときのフレーズにも使うことができるでしょう。それに、同じ意味だったとしても「否めない」と「否定できない」という2種類の言い方を覚えておけば語彙を増やすことにもつながります。

「否めない」の方言とは?

「否めない」という言葉を普段の生活の中でたくさん聞く機会のある人と、ほとんど聞く機会のない人がおられることでしょう。なぜそのような違いが生まれるのでしょうか。 もしかしたら、その原因が方言にある可能性があります。「否めない」という言葉が方言によって使われている地域では、同じ意味の、他のフレーズが多用されているため「否めない」という言葉が使われていない可能性があります。 実際、あなたの住んでいる地域では「否めない」という言葉が使われていますか。

「否めない」の方言は「じゃない」

比較的、関東地方に住んでいる人の間で「じゃない」という言葉が使われることがあります。もちろん、関東地方に限らず、どの地域であったとしても「じゃない」という表現を会話の中で使っている人を見かけることがあります。 「じゃない」と言う表現は「否めない」と同じ意味があると言われています。例えば「あの人は草食系じゃないです」という例文を作ることができるでしょう。 これと同じ文章を「否めない」という表現を使いながら作ることができますか。「あの人が草食系でないことは否めない」という文章を作ることができます。 どちらの言い方だったとしても意味は同じです。でも、普段の生活から「じゃない」という言葉を使っている人からすると「否めない」は少し固すぎるイメージがあると感じられる可能性があります。

「否めない」微妙なニュアンスを伝える

「否めない」微妙なニュアンスを伝える

日本語では「はい」とか「いいえ」で答えをはっきりさせることのできない内容があります。よく考えてみれば「はい」と言うことのできる可能性を見つけられる時があります。その時には「はい」と言ったらいいのか「いいえ」と言ったらいいのか、返答に迷うのではないでしょうか。 しかし、そのように感じる時であったとしても「否めない」という表現を使うのであれば、自分が抱いている感情の微妙なニュアンスを相手に対して上手に伝えることが可能になります。 本当に便利な表現ということができるのではないでしょうか。では、これからも「否めない」という表現の使い方を学んで、微妙なニュアンスも伝えることができるようになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング