IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「否めない」の意味・読み方|使い方や例文・類語もあわせて紹介

更新日:2022年12月01日

敬語表現

「否めない」の意味についてきちんと理解していますか?この記事では意味や読み方はもちろん、例文や使い方、類語や対義語、英語表現に至るまでを網羅していますので、言葉の意味を詳しく知りたい方や語彙力を伸ばしたい方は是非ご覧ください。

「否めないはよく聞く表現だけどどうやって使うのが正しい?」 「否めないという言葉の使い方や例文はどういったものがある?」 「否めないの英語表現も知りたい」 否めないという言葉について、上記のような疑問を持っているのではないでしょうか。 本記事では「否めない」の使い方や例文、意味の詳細を紹介しています。また、「否めない」の類語や対義語、「否」を使用している他の言葉についても詳しく紹介しています。 この記事を読めば「否めない」の正しい使い方を理解することができ、ビジネスシーンから日常に至るまで様々な場面で活躍することでしょう。正しい日本語の言い回しを覚えてワンランク上の日本語表現を身につけることができます。 「否めない」という言葉をマスターしたい方は是非最後までご覧ください。

「否めない」の意味・読み方

この表現の意味には「否定できない」「断ち切らない」などの意味があります。 「否定できない」のですから、何かが起こる可能性が少ないことはわかってはいても、それが起こる可能性が0%ではない時に使える表現であることがわかります。このように「否めない」という言葉の意味や定義について理解することができたとしても、実際にこの言葉を使うのは難しいでしょう。 読み方は「いなめない」です。

「否めない」の使い方・例文

「否めない」の使い方・例文

「否めない」という言葉を使った実際の例文を調べてみましょう。使い方も例文と共にご紹介いたします。 「否めない」という言葉を適切な場で使いたい時にチェックしてください。

可能性・推量を表す場合

「可能性」「推量」を表す意味で「否めない」を使用することができます。 「否めない」は「否定をすることができない」ということなので、つまり「~だという可能性がまだある(可能性)」、「~かもしれない(推量)」というニュアンスを含みます。 例えば「国の衰退は否めない」だと、「国が衰退する可能性は否定できない」という意味になるので、「国が衰退する可能性がある」「国が衰退するかもしれない」と理解することができます。

遠回しに表現する場合

「否めない」は前後の文脈等でニュアンスが変わる、微妙な言葉の言い回しです。そんな特性を持つ言葉なので物事を遠回しに表現する場合に用いられることが多いです。 例えば「あの人の考え方が幼稚なことは否めない」という例文から見ると、本人は「あの人は幼稚だ」と言い切りたいですが、言う相手によっては失礼だったり言いづらい場合があります。 そんな時に「否めない」を使うことによって幾分か遠回しな表現になります。言いたいことは相手に伝わりますが「幼稚である」ということをはっきりと言い切る形にはなりません。

断言したくない場合

「否めない」は上記でも記載したように遠回しな表現です。 はっきりと言い切ることができない、きっぱりと言い切らずうやむやにしておきたい場合に使い勝手の良い言葉です。 上司や取引先、あまり仲の良くない相手等、断言することに少し躊躇してしまう相手に対して「否めない」を使うことで柔らかい表現になり、円滑なコミュニケーションが可能となります。

「否めない」の類語

ここからは「否めない」の類語についてご説明いたします。

あるやもしれない

「あるやもしれない」という言葉は、「ある」という言葉と「やもしれない」という言葉を組み合わせてできているものです。 「ある」は可能を意味し、「やもしれない」は分解すると「や」は副助詞、「も」は係助詞、「しれ」は「知れる」の未然形、「ない」は打消しの意味です。 「やもしれない」は「かもしれない」と同じ意味です。 「断定はできないけれど、その可能性がある」という意味を持つので、「否めない」とほぼ同じ意味になります。

次のページ:「否めない」の対義語
初回公開日:2018年01月09日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング