IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「頂きました」の意味と使い方・敬語・方言|頂きましたのに

敬語

目上の人と話している時に無意識に使ってしまう表現の1つが「頂きました」です。でも、この言葉に秘められている意味について正確に理解すると「頂きました」を今まで間違って使っていたことに気づくことができます。この記事から「頂きました」の意味と使い方をご紹介します。

更新日時:

「頂きました」の意味と使い方?

日常生活でよく聞く表現の1に「頂きました」という言葉があります。あなたは「頂きました」というフレーズの詳しい意味について、すでに知っておられるでしょうか。 これから「頂きました」の正確な意味について理解しましょう。

「頂きました」の意味

「頂きました」という表現を無意識のうちに使ってしまうことがありますが、実はこの表現にはいくつかの意味が含まれています。 「頂きました」に含まれている意味の1つ目は「食べる、飲む」です。また他にも「頂きました」という言葉には「あがめて仕える」「敬って自分の上の者として迎える」という意味もあります。さらに「もらう」という意味も「頂きました」には含まれています。 このように、いくつかの意味が「頂きました」という表現に含まれていますので、意外と使い方が難しい表現ということができるでしょう。しかし、使い方を詳しく知れば「頂きました」を上手に使うことができるようになるのも事実です。 具体的な「頂きました」の使い方についてもを紹介します。

「頂きましたのに」

「頂きましたのに」という表現も日常会話の中で使うことのできる便利な表現の1つになります。この表現で表したい考えとは何なのでしょうか。まず最初に「頂きましたのに」の「のに」という表現を調べましょう。 通常「頂きました」という言葉は文章の終わりを意味しています。しかし「頂きましたのに」という表現では、この後にまだ文章が続くことを意味しています。むしろ、後半の文章の方が自分の伝えたい考えを表現している場合が少なくありません。 例えば「お土産を頂きましたのに、何もできず、すいません」 というフレーズを作成することができます。この表現によってどんな考えを言い表していますか。「お土産をもらったのに、何もできなくてごめんなさい」という考えを表現しています。 「のに」という言葉がつくだけで「にもかかわらず」と同じ考えを、文章の中で伝えることができています。

「頂きました」の敬語とは?

「頂きました」という表現が敬語なのかどうか知ることは非常に重要です。もし敬語として使うことができるのであれば目上の人に対しても「頂きました」ということができます。 しかし「頂きました」という表現が敬語として成り立っていなかったり、文法上の誤りが見られるのであれば、他の正しい使い方を調べる必要が生じてきます。 結論からすると、ちゃんとした敬語として「頂きました」は使うことができます。しかし、注意が必要なのも事実です。なぜなら「頂きました」という表現の前後につく言葉によっても、相手に対する敬意が示されるか示されないかが変わってくることになるからです。 目上の人と会話をしているのであれば「頂きました」の前後につく文章が敬語になっているかしっかり確認しましょう。

「頂きました」の方言とは?

どんな言葉でも方言が存在します。もちろん、幼い時から方言に慣れ親しんで育ってこなかった人にとっては、理解するのが難しい可能性もあります。 では「頂きました」という言葉の方言にはどのような言い方があるのでしょうか。方言を知ることによってその地域で使われている言葉の意味についても理解することができるでしょう。

「頂きました」が方言!?

実は「頂きました」という言葉自体が方言なのをご存知でしたか。中部地方では「頂きました」という表現がよく使われています。おそらく、多くの人は「他の地方でも使われている表現なんだから、それは方言ではない」と今のところ考えておられることでしょう。 しかし「頂きました」の使われ方が中部地方では異なっています。どのように使われているのでしょうか。

「ごちそうさまでした」の意味

なんと中部地方では「ごちそうさまでした」という表現と同じ意味で「頂きました」という言葉が使われています。 他の地域ではご飯を食べた後に「ごちそうさまでした」という表現で、料理をしてくれた人への感謝を示すことができてます。しかし、中部地方のある地域においては「頂きました」という表現で同じ感謝の気持ちを示すことができるそうです。 本当に興味深いと言えるのではないでしょうか。もしかしたら、あなたの友達にも中部地方の方言について実際に聞いたことのある方がおられる可能性もありますので、ぜひ質問してみてください。 きっと「頂きました」がどのような意味で使われているのか説明してくれることでしょう。

「頂きました」と「いただきました」の違いとは?

「頂きました」という表現をひらがなで表現すると意味の違いがあるのでしょうか。本や雑誌を読んでいると「頂きました」という表現だけではなく、ひらがなで「いただきました」というフレーズが使われていることに気づかされます。 2つの表現の違いについて理解しましょう。

具体的な違い

意味としては「頂きました」とほとんど同じになります。しかし「いただきます」の場合は使われ方が少し違います。 例えば「お越しいただきましてありがとうございました」という文章を作成したとしましょう。このような文章を作るのであれば「頂きました」という漢字のフレーズは使いません。なぜなら不自然な響きになりますし、ひらがなの「いただきました」の方が、読みやすい表現になるからです。 このように、何かをしてもらったことへのお礼を表現したいのであれば、ひらがな表記の「いただきました」を使うほうが賢明でしょう。そのようにして 、周りの人が読みやすい文章を構成することができるはずです。

メールでの「頂きました」の使い方とは?

ビジネスの場面ではメールの書き方も非常に重要です。では、どのようにして「頂きました」という言葉をメールの中で使うことができるのでしょうか。ご紹介しましょう。 例えば「お送りいただいた資料を確認させていただきましたところ」という表現も使うことができます。この場合は文章が完成していませんので、後半に他の考えが含まれることになります。 文章を完結させたいのであれば「お送りいただいた資料を確認させて頂きました」という表現を用いることも可能です。自分の表したい考えに合わせて「頂きました」を上手に使い分けることが大切です。

「頂きました」と「頂けました」の違いとは?

「頂きました」と「頂けました」という表現の違いを見つけることができるでしょうか。表現としては一文字しか変わりませんが、それだけでも意味に違いが出てきます。 「頂けましたでしょうか」と相手に質問したとしましょう。この表現によって「頂きましたでしょうか」と、ほとんど同じ意味を伝えていることになります。 しかし、受ける印象がだいぶ異なります。「頂けましたでしょうか」の方が少しだけ優しく感じられるでしょう。それに、言われている側も上から目線で言われているように感じることのないフレーズということができます。

「頂きました」と「戴きました」の違いとは?

「頂きました」という言葉の意味と使い方については既に理解することができました。同じ発音をするものの、書き方の違う「戴きました」というフレーズにはどのような意味があるのでしょうか。 「戴きました」の場合は、何かのものをありがたく受け取る時に使うことができます。しかも、もらうときの謙譲語の意味も含まれています。つまり、ただものを機械的に受け取るのではなくて、相手に対するへりくだっと思いを示しながら受け取ることができるということです。 そのため「お土産を戴きました」という感じでプレゼントをもらったことを表現することが可能です。 この表現を用いることによって、お土産をくれた人のプレゼントに対する感謝の度合いが深いことを伝えることもできています。しかも、目上の人からお土産をもらったことにもなります。

「頂きました」と「下さいました」の違いとは?

「頂きました」と「下さいました」には、それぞれどのような意味があるのでしょうか。「頂きました」は「もらう」という言葉の敬語になります。そして「下さいました」は「くれる」の敬語になります。 どちらであったとしても、物の受け渡しについて表現しているのは事実です。しかし、視点に違いがあることがわかります。どういうことでしょうか。 例えば「もらう人とは」物を受け取る人でしょうか。それとも渡す人でしょうか。「もらう人」とは「物を受け取る側」になります。そして、逆に「くれる人」は物を渡す側に視点があることになります。 そのため「頂きました」と「くださいました」という表現のあいだには「視点」の違いがあることがわかるでしょう。

「頂きました」の謙譲語とは?

敬語の中でも深い敬意が示されている謙譲語は目上の人との会話で使用することができる便利な表現です。さて「頂きました」という言葉は謙譲語になるのでしょうか。 結論から言うと「頂きました」は謙譲語です。そのため、会話の相手が上司や取引先の人出会ったとしてもう迷うことなく使用することのできるフレーズであることがわかります。しかもこの表現によって、自分を下の立場にして相手を見上げるようなイメージを伝えることができます。 「頂きました」という言葉を使うのであれば、会話をしている相手の上司は自分に深い敬意が示されていることを嬉しく感じることでしょう。

志望動機での「頂きました」の使い方とは?

履歴書の志望動機のところに「ので、志望させて頂きました」というような文章を記入している人たちがいます。しかし、その表現は正確ではないので注意しましょう。面接官によっては、誤った文章を用いていることを不快に感じることもあります。 そうではなく「という理由で、御社を志望いたしました」というフレーズの方が正確ということができるでしょう。 もちろん「頂きました」という表現を使うことによって、必ずしも指摘を受けるわけではありませんが「という理由で、御社を志望いたしました」の方が間違いのない文章ということができます。

「頂きました」で言葉のバリエーションを増やす

いかがだったでしょうか。この記事をとおして「頂きました」という言葉が本当に便利な表現であることがわかりました。 そのため「頂きました」という漢字でも「戴きました」という別の漢字でも、さらには「いただきました」というひらがなでも、この表現をどんどん使っていきたいと感じるのではないでしょうか。 結局のところ、他の表現を使ったとしても「頂きました」と同じ意味は伝えることができます。しかし「頂きました」を上手に使うことによって自分の言葉のバリエーションを増やすことに成功することができます。

関連タグ

アクセスランキング