IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アクセントの意味と用例|音楽/発音/ファッション/料理・記号

更新日:2022年11月14日

言葉の意味・例文

「アクセント」とは、どのような意味を持つのか。「アクセント」は音楽だけで使われるものではありません。言語学・ファッション・料理においても「アクセント」は使われます。それぞれの場面でのアクセントは、どのような意味なのか。その使い方について例を挙げて説明します。

アクセントの意味とは?

「アクセント」には、言語学においての「アクセント」と「音の強弱」「音の高低」においての「アクセント」の意味があります。言語学においての「アクセント」とは、単語や前後の単語が結びついた時に、習慣として一定している音の高低を意味しています。また、音楽の上での「アクセント」とは、音の強弱の付き方を意味しています。

音楽用語のアクセントの意味

音楽用語の「アクセント」には、「その音を特に強く」「その音を強調する」と言う意味があります。しかし、「その音を特に強く」と言う意味を持つ記号は、一つではありません。アクセント記号には「>」「 ∧ 」「∨」があります。しかし、「その音を特に強く」と言う意味を持つ音楽用語は、他にも「スフォルツァンド(sfz)」があります。

楽譜のアクセント記号が付けられた音符を特に強調する?

音符の上もしくは下に、「アクセント記号」が付いていたら、その音を特に強調して演奏する、と言うのが、音楽上のアクセントの意味です。しかし、「特に強調する」からと言って、アクセント記号が付けられた音を、とにかく「強く弾く」とは、限りません。 「強く」の意味も、一つではないからです。ただ強く演奏していると、石を投げたような音になり兼ねません。では、「特に強調する」とは、どんな意味を持つのでしょうか?

>と言う記号の意味

このアクセント記号が、一番多く使われています。一般的に、音楽上でアクセントと言えば、この記号を思い浮かべる人が多いでしょう。「その音を特に強く」ですが、音の流れの前後関係を見る必要があります。強すぎると、音楽的ではなくなりますので、注意が必要です。 「強く」と言うより「強調する」と言う意味で捉えると、「その音を大事に、丁寧に」と考えた方が相応しい場合もあります。

∧と言う記号の意味

このアクセント記号は、「>」よりも強い、鋭いと言う意味を持っています。短い音符に付けられている場合は、スタッカート(短く切る)とアクセント(>)を合わせたような弾き方になります。

∨と言う記号の意味

このアクセント記号は、上の「∧」と同じ意味です。違いは、音符の上に付けるか下に付けるかで、向きが変わります。

吹奏楽においてのアクセントとは?

吹奏楽においての「アクセント」も、その音を強調するという意味です。実際にどのようにアクセントを付けるのか? 管楽器の場合は、息を吹くスピード或いはタンギングするスピードを速くすると、アタックが強くなります。打楽器の場合は、マレットを振るスピードを速くします。 管楽器でも打楽器でも、スピードを速くするのがポイントですが、あくまで「その音がキツくならない」よう、つまり、やり過ぎないようにする事が大事です。そのためには、自分が出す音を、自分の耳でよく聴く事が肝心です。

発音のアクセントの意味とは?

話し方の調子について

次のページ:語調とは?
初回公開日:2018年01月22日

記載されている内容は2018年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング