IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し訳ございませんが」の類語/使い方・ビジネスメールの例文

更新日:2022年06月22日

言葉の使い方

「申し訳ありませんが」は、相手に面倒ごとや迷惑をかけた時に使用するお詫びのクッション言葉です。「申し訳ありませんが」はあらゆるビジネスシーンで使われる言葉であり、相手とのコミュニケーションにおいても大事な言葉です。TPOに合わせて適切なフレーズを使いましょう。

「申し訳ございませんが」はどんな時に使う?

「申し訳ございませんが」は、謝罪やお詫びの意味を込めた言葉です。相手に何かを頼みたい時などに、伝えたいことの前に添えて使います。「申し訳ございませんが」の使用頻度が多い場面は、面倒ごとなど相手に手間をかけさせてしまう場面です。

クッション言葉って何?

みなさんは、「クッション言葉」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。クッション言葉は、何かを相手に伝えたいけどストレートに伝えられない時に伝えたいことの前に添える言葉のことです。

「申し訳ございませんが」の類語を知ろう

「申し訳ありませんが」と「申し訳ございませんが」

「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」は、どちらも目にしたり使用する頻度が多い言葉です。どちらも敬語表現であり、目上の方に対して使う言葉です。では、明確に違いはあるのでしょうか。 「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」の違いは、丁寧さの違いです。「申し訳ありませんが」をさらに丁寧に言った言葉が、「申し訳ございませんが」です。どちらの言葉で表現しても間違いではありません。 「申し訳ございませんが」と「申し訳ありませんが」のどちらを使えば良いのか迷ってしまった時は、より丁寧な言い方である「申し訳ございませんが」を使用すれば問題ないでしょう。

「恐縮ですが」と「申し訳ございませんが」

「恐縮」の言葉の意味は、相手からの厚意に対して申し訳なく思うことや、相手に迷惑をかけたことに対して申し訳なく思うことです。感謝の意味を含んでいると言えるでしょう。 「恐縮ですが」のかたちになると、相手に対して申し訳ないという気持ちが強くなります。謝罪の意味を含んでいないところが、「申し訳ございませんが」との違いです。

「申し訳ございませんが」と「恐れ入りますが」の違い

「申し訳ございませんが」と「恐れ入りますが」の意味の違いは、謝罪の意味を含んでいるかいないかです。 「申し訳ございませんが」には謝罪の意味が含まれていますので、相手に対して謝罪の気持ちを伝えたい時に使います。相手に失礼になってしまった時や面倒をかけてしまう時に使いましょう。 「恐れ入りますが」は、目上の人に対して頼み事やお願い事をする時に使います。ただストレートに、~をしてくださいなどと伝えると、強引な印象や失礼な印象を与えてしまいます。頼み事などをしたい時に、伝えたいことの前に添えて表現しましょう。

「申し訳ございませんが」と結びつけて使えるフレーズ

では、具体的に「申し訳ございませんが」はどのように、どのような場面で使われているのでしょうか。ここでは、「申し訳ございませんが」と結びつくフレーズをいくつか紹介します。それぞれどのような場面なのか、イメージを膨らませながら見ていきましょう。

お忙しい中

まず「お忙しい中」ですが、この言葉は相手の立場や状況を配慮して使う言葉です。相手に仕事などを頼みたい時に使います。「申し訳ございませんが」と一緒に使われることも多いでしょう。 ・お忙しい中申し訳ございませんが、〇〇をお願いしてもよろしいでしょうか。 ・お忙しい中申し訳ございませんが、添付した資料をご確認ください。 このように、やり取りをしている相手に頼み事などをしたい時に相手に配慮して使います。「お忙しい中」と類似の言葉で、「お忙しいところ」や「ご多忙のところ」などがあります。 これらはほぼ同じ意味であり、「申し訳ございませんが」と結びつけられるフレーズです。状況などによって使い分けると良いでしょう。

次のページ:「申し訳ございませんが」をビジネスメールの例文で学ぶ
初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング