IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめのテスター|初心者/家庭用/整備士/バイク・メーカー別

初回公開日:2018年03月04日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年03月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車&バイク

電圧や電気の導通などの測定ができるテスターは、電気を使う現代の生活で非常に役立つ製品です。例えば、電池がまだ使えるかの判断だけでもおすすめです。しかし、専門的で使い方が難しい印象を持つ人も多いでしょう。そこで今回は、テスターの使い道とおすすめ製品を紹介します。

テスターの概要

皆さんはテスターをお持ちでしょうか。テスターは、電圧や電流、線が切れていないかなどを確認できる測定器です。 日常の生活で、電池が残っているかを確認したい時は良くあります。また、電気製品が動かなくなった場合に、電気が来ているのかを確認したい場合もあります。そのような時にテスターがあれば、確認ができるだけでなく、自分で問題の対処ができる場合もあるのでおすすめです。 便利なテスターですが、電気に詳しくないと使いこなせないと思っている人も多いでしょう。そこで今回は、テスターの使い道とおすすめ製品を紹介します。テスターで電気を測ってみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

テスターのおすすめな使い道

テスターのおすすめな使い道について、いくつか紹介します。

電池の残量チェック

テスターの一番身近な使い道は、電池の電圧確認です。乾電池もそうですが、ボタン電池の電圧確認にテスターは便利です。 電池を使う電気製品が動かなくなった時は、まず電池の電圧が十分かどうかを確認します。簡易的に測る装置もありますが、テスターで正確な電圧値を測ることがおすすめです。

電気製品の通電チェック

今の電気製品は精密にできているため、テスターで通電の確認が難しくなりました。しかし、ACアダプタを使う製品が多くありますから、動かなくなった時はACアダプタの端子に電気が来ているかどうかの確認に使うことができます。 その他にも使う場面はありますが、高電圧を扱う電気製品も多いですから、簡単な気持ちで測定はしないようにしてください。

電子工作におすすめ

電子工作をやってみたいという場合は、テスターをぜひ用意しましょう。電子工作ではハンダ付けがあり、うまく部品を接合できなかったり、繋がってはいけない部分が短絡してしまったりなど不具合を起こしてしまいがちです。 そこでテスターを使って、電気が来ているかを確認したり、正しい電圧になっているかなどを確認します。初心者のうちはキットを購入しても一発で動作させることは難しいので、テスターを使って動かない可能性のある場所を確認していくことがおすすめです。

車やバイクの電装品追加におすすめ

車やバイクに電装品を追加する場合、設置の作業料が高いことに頭を痛める人もいらっしゃるでしょう。そこで、自分で設置することも良いのですが、電気をどうやって取るかが問題です。 電気はヒューズボックスから取得しますが、常時電源とアクセサリ電源があります。アクセサリ電源はキーを回した時だけ電気が流れます。そして、追加する電装品はアクセサリ電源に接続する必要があります。それは、常時電源の方に繋ぐと、常に電気が消費されてバッテリーが上がってしまう危険があるからです。 そこで、テスターを使って、選んだヒューズボックスの端子が常時電源なのかアクセサリ電源なのかを確認します。テスターは、バッテリーの電圧確認などで役立つことが多いですから、持っておくことがおすすめです。

感電に注意

コンセントを使う電気製品は100Vを使っていますが、この電圧でも感電した条件によっては命を落とすことがあります。そして、電気製品の中には100Vを優に超える電圧を扱う製品もありますから、テスターの使用も十分注意する必要があります。 電気製品の調子が悪いからと言って安易にテスターを使用することは危険ですので注意しましょう。安全に十分注意しながらテスターを使用するようにしてください。

おすすめのテスターを紹介

用途別におすすめのテスターを紹介します。

関連タグ

アクセスランキング