IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車での通勤時間の平均時間・通勤車におすすめの軽自動車

車&バイク

毎日行う通勤はなるべく快適であることが望ましいです。特に自ら運転するとなれば、より良いものを選びたいと思う気持ちは強くあるでしょう。通勤車は仕事に生活に、重要なファクターとなります。通勤車について知識を深め、利便性を高めていきましょう。

更新日時:

車での通勤に関して

車で通勤する理由

車で通勤する方は多くいます。しかし、それぞれに理由があって車で通勤しているのでしょう。一体、通勤車を利用する人はどのような理由があるのか、そこを見ていきましょう。 第一に挙げられるのは距離的な理由です。自宅が各種交通機関の駅から離れている場合、または会社が駅から離れている場合は、通勤の手段に車を利用するケースがあります。利用できる交通機関がない場合もあり、通勤車での移動が前提として考えられるケースもあるでしょう。 時間的な理由もあります。交通機関の動いていない時間帯に出社・退社するため、車を利用するといったケースです。これも通勤車がなくては成り立ちません。車を手段として用いる場合に、通勤車を利用するケースもあります。仕事で車を使うため自宅から乗っていく、または車で荷物を運ぶ、人を乗せるため車を使うという場合です。 あと、車に乗ることが好きだから通勤車を使っているという方もいらっしゃいます。そのために車での通勤が認められた職場を選んだという方も珍しくはありません。

車での通勤時間の平均

通勤車を利用している大抵の方が、片道30分から1時間の間と答えています。それ以下だと、交通機関の利用や自転車や徒歩も選択肢に入り、またそれ以上だと、通勤が困難になることから転職を考える方が多いそうです。 多くの方は片道1時間を限度として考えているようです。それ以上ともなると、時間効率が悪く、仕事や普段の生活に影響することから条件としては厳しいとされます。同時に危険性も増し、疲弊した状態で長時間の運転をしなければならないことからも、通勤車を使うのは1時間が限界ラインと考えられている一因です。 逆に理想的な通勤時間としては、片道15分から30分以内と考えられています。むしろこれは、世間的には少数派である通勤時間のようで、多くの人がそれ以上の時間で通勤しているということが理想的な時間に表れているのでしょう。通勤車を使う方にはこの時間帯の方も少なくありませんが、やはり多いのはそれ以上の時間、通勤車を利用している方です。

車通勤のメリット・デメリット

通勤車を使うメリット

まず、「一人の時間が取れる」ということが大きなメリットでしょう。朝の時間帯や帰宅の時間帯となる、どうしても交通機関の混雑は避けられません。それがストレスとなって、生活に大きな影を落とす人もいるでしょう。しかし、通勤車には人と人が込み合うといった混雑はなく、しかも必ず座ることができます。これは大きな違いでしょう。 荷物の持ち運びが楽という意見もあります。仕事柄どうしても大荷物となってしまう方もいらっしゃるでしょう。そんな時も車であれば、混雑した電車内で迷惑がられるといった心配もありません。また、スリや置き忘れといったアクシデントも起こりません。 ダイヤを気にする必要もないでしょう。また乗り換えが複雑で、何本も乗り継がなければいけないという面倒臭さからも解消されます。乗り過ごして遠い場所まで連れていかれる、といった恐怖もありません。 軽食やたばこを吸うことも可能です。交通機関であれば、特に通勤の時間帯は飲食は周りの目もあり難しいですが、自分の通勤車であれば問題ありません。電車が止まったり、他人とのトラブルに巻き込まれるといった自分ではどうしようもないことも車の方がリスクは少ないでしょう。また、雨が降っていても濡れることなく会社に行くことができるのも利点となります。

通勤車を使うデメリット

大きなリスクとして「交通事故」があります。自分が被害者にも加害者にもなり兼ねないことからも一番大きなデメリットでしょう。通勤は毎日行うものなので、そのリスクは常についてまわり、油断はできません。 「金銭面での負担」も大きいです。社用車が使えるのであればいいのですが、自家用車となると前提として車を買わなくてはなりません。そして維持費や燃料代、壊れてしまったら修理費もかかります。公共交通機関への代金はなくなりますが、代わりに車に対する費用が発生します。 自ら運転しなければならないこともデメリットでしょう。交通機関利用ならば、合間合間に仕事の確認や本を読んだり、寝ることも可能ですが、車通勤だと満足に連絡も取ることも叶わないはずです。そして、一たび渋滞に巻き込まれてしまえば、遅刻する可能性もあります。 通勤車だとお酒を飲むことができないこともデメリットに含まれるでしょう。また、少なからず交通違反をしてしまう可能性もあることから、電車に乗るよりも気を張る時間が多くなります。

おすすめの通勤車

通勤車を利用する方にとって、車種の違いは大きな違いです。一般的には、軽自動車の維持費が安く、通勤車として毎日使うとしても便利であるとされていますが、しかし、走行距離が長くなるにつれ性能や乗り心地という点で、普通乗用車にもメリットは生まれます。 上記で確認した走行時間を参照して、自分の走行距離や趣味に見合った通勤車を見つけてみましょう。

通勤車におすすめの軽自動車

通勤車に軽自動車を選ぶメリットは、維持費です。他の車種と比べても、軽自動車はダントツに安上がりです。主な要因は、税金とガソリン代です。また、ホイールベースが小さいことからタイヤも安くなっており、保険料や整備費も安価に済んでしまうのが軽自動車です。 この利点を活かした車種にすることで、通勤時間を快適な時間にしましょう。

スズキ/アルト

スズキのアルトは、新車が「84万円~140万円」台で、しかも中古車になるともっと安く買えてしまう比較的手に入りやすい車です。燃費も「24~37km/L」とグレードによって差はありますが、エネチャージによって循環されるおかげで少ない燃料でも良く走る車であることは間違いないでしょう。 アルトの最大の特徴は、運転のし易さです。女性ドライバーも多く乗られているこの車は、運転性能が高く、よく小回りが利き、運転に慣れていない人でも安心して運転できるといった利点があります。 外観からは狭く思われがちですが、中に座ってみると意外と広いという声も多く、十分な車内の広さを有しています。通勤用に運転するのであれば、問題なく使用できるでしょう。 ただ、男性4人乗るとなると若干の狭さは感じます。また、加速性能には優れていないため、高速道路を運転したり、山道を毎日通勤するのであれば別の車種にすべきでしょう。

ダイハツ/タント

アルトがちょっと狭そうだな、と感じたらダイハツのタントがおすすめです。タントの相場は「122万円~165万円」台とちょっと高めですが、燃費が「20.8~25km/L」なので維持費で抑えることができます。また中古車なら、以前はモデルが新しくで出回っていなかったことからも高めの値段設定だったのですが、中古車が出回り始めることで古いモデルも大分安く買えるようになりました。 実際に乗ってみるとわかるのですが、フロントガラスからの視野が広く、車内も開放感を感じれることから広々と使うことができます。ダイレクトに伝わってくる操作性は、その広い視野によって活かされ落ち着いたドライブを可能とします。 パワースライドドアが採用されているため、お手軽に使うことができ、乗りこんだり荷物を積み込む時も非常に楽です。よく人を乗せることがある方や大きい荷物を職場に持っていく方にはぴったりの車種ではないでしょうか。

ホンダ/N-ONE

良く走る軽自動車といえば、ホンダのN-ONEは外せないでしょう。新車は「118万円~189万円」と高めの値段設定ですが、オプションが充実しており馬力が高く性能も優れていることから、損はしない価格となってます。古いモデルを探していけば、かなり値段設定を低くして買うこともできるはずですので根気よく探すのもいいかもしれません。 燃費は「20.8~28.4km/L」と高い効率の性能で、あまりガソリン代を気にする必要はなくなることでしょう。シートの座り心地もよく、運転時間が長くなっても従来の車よりは疲れにくい設計となっています。 ワンボタンでエンジンが始動するため、走り出しの時もストレスを感じることなくスムーズに出発できます。バックモニターもあるので、車庫入れの時も安心して入庫できます。 高速道路でも、踏むと良く走るので毎日長距離を走るが、軽自動車を購入したいという方は是非乗って欲しい車です。

通勤車におすすめのコンパクトカー

通勤車にコンパクトカーを選ぶ理由は、馬力やトルクといった運動性能です。軽自動車だと回転数が上がってもなかなか進まない坂道を、コンパクトカーだと苦なく走れるところに違いがあります。 価格帯も大きく変わることはなく、燃費も明確な違いは見られないことから、維持費の面で軽自動車を考えていた方はコンパクトカーも選択肢に入れて考えてみてはいかがでしょうか。しかし、車そのものは大差なくとも、税金の違いがありますので、とことんまで維持費を抑えたい方には向きません。

ホンダ/フィット

フィットの新車は「129万円~192万円」で購入できます。この価格帯は軽自動車を新車で買うのと大差はありません。「19~36.4km/L」と燃費性能も軽自動車に劣ることなく、加速や操作性を加味すると、高速帯では軽よりも燃費は良くなる可能性さえあります。 コンパクトな外観とは裏腹に、車内は広々としていて、ちょっとしたところからも開放感を感じることができるでしょう。ストップ&ゴーの多い街中でも、可視範囲が高いため運転しやすく、若いドライバーから年配のドライバーにまで信頼されている車です。

マツダ/デミオ

デミオは洗練されたフォルムから見た目の人気も高い車です。新車の相場は「135万円~222万円」と現行タイプになればなるほど値段が上がっていますが、中古車でもまだまだ現役で走れる車ですので、気になったら探してみましょう。 ガソリン車での燃費は「20.6~24.6km/L」、ディーゼル車での燃費は「22.8~30.0km/L」と運動性能と燃費性能を兼ね備えたデミオは、通勤車としても、ツーリストの乗る車好きの車種としても愛されています。通勤に山道を通らなければならない、坂の多い道を通らなければならない、という方は、よく走り、更に燃費もいいデミオを乗ってみませんか。

よくある社用車での通勤規定

社用車は、会社の持ち物であることから一般的には通勤車とは分けて考えられます。しかし、直行や直帰のため、自宅まで社用車を使うこともあるでしょう。また普段から社用車を通勤車として利用している方もいると思います。 通勤規定は会社によって違い、そこには明確なルールはありません。ですが職務の関係上、様々な社内ルールが存在し、自分の思うような通勤が出来ない方もいらっしゃいます。

社用車による通勤が許される場合とは

社用車は、仕事上必要なため従業員に貸与するという形で使用されます。ですので、仕事に影響をない範囲でなら自由に貸し出しを行っているところもあります。 しかし、交通機関を利用している従業員との公平性もあることから、細かなルールが設けられ、社用車による通勤は許可されない場合もあります。交通費に関しても、交通機関利用だとほぼ固定の額ですが、社用車による通勤はどこまでが交通費の範囲になるのかわからないところもあり、独自の社内ルールによって運営しているところが多いです。 法律によって決められているわけではないので、社用車の利用は会社の裁量によるところが大きく、従って通勤も許されている場合と禁止されている場合があります。もし、社用車での通勤を行いたければ会社と公平性について話し合いましょう。全体的なバランスがとれるルールによって運営されるのならば、社用車での通勤も許されるはずです。

通勤車が社用車になってしまう場合も

仕事上、車を使う方は自家用車が仕事の道具として必要な場合もあります。その場合、自家用車は社用車として扱われるべきでしょう。職務においてなくても問題ないのであれば社用車とみなす必要はなくなってきますが、必須となると会社への責任も生じます。 また、交通機関がなくてやむなく通勤に自家用車を使っている場合でも、会社に責任が生じるケースがあります。通勤車としての自家用車は、仕事にとって不可欠であるのならば、そのことは事前に会社と理解を深めておかなくてはなりません。

レジャー車と通勤車の保険に関して

利用目的が、「レジャー利用」と「通勤・通学利用」では保険料に大きく差があります。「レジャー利用」の場合、「通勤・通学利用」よりも安く保険料が見積もられます。また保険会社によっては、「業務用」「通勤・通学用」「レジャー利用」と3つの区分で分けているところもあります。 これらの明確な違いは、利用日数によって区別されることが多いそうです。2区分の例としては、月に15日以上の使用で「通勤・通学用」、それ以下だと「レジャー用」となるケースもあります。 使用目的を誤魔化して、「レジャー用」といった保険料の安い区分で通勤車を使っていると、事故を起こしてしまった時、保険が適用されない場合があるので、利用目的は明確にして保険契約を結びましょう。

自分の通勤を見直して、より理想的な生活へ

通勤車を中心に、様々なトピックスを知って、通勤に対する考えを見直してみましょう。通勤は一日の仕事の始まりです。しかし、通勤車が快適ではなかったり、無駄と思われる行程だったりすると、その後の業務に影響してしまうでしょう。通勤車を業務で使用することも多々あるでしょう。だからこそ車に対しては知識を深めておかなくてはなりません。まずは環境を整えて快適な通勤をすることで、理想的な生活に近づいていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング