IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベビーフットを失敗する原因と上手に使うコツ・使用後のケア

初回公開日:2017年12月15日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

何年も前から発売され、今でもを集めているベビーフットの商品についてご紹介します。足型のビニール袋に足を入れて、ジェルに足を浸すだけで長年かけて硬くなったかかとの角質を柔らかくしペロッと角質が自然と後日に剥け落ちる瞬間は少しワクワクします。

ベビーフットを失敗する原因は?

ベビーフットの商品を試したコトがある人が増えて来ています。 でも、なぜか上手にベビーフットを使っても「かかとの硬くなった角質が綺麗に取れない」と感じた人も多いはずです。綺麗になるコツは、一体なんなのでしょう。 一番多いベビーフットの失敗する原因は、ちゃんと説明書を読んで理解していないコトです。少し、使用方法が分かりにくい所があるので、もう一度説明書を読んでみましょう。 次に多い、ベビーフットの失敗する原因は、足に浸したローションの使用時間が理由でしょう。自分の足の角質の硬さに対して、どの程度の時間が適しているのか、説明書のとおりの時間浸していたか、思い返して見て下さい。

ベビーフットを上手に使うコツ

ベビーフット イージーパック SPT60分タイプ Mサイズ 35ml×2
ベビーフット イージーパック SPT60分タイプ Mサイズ 35ml×2

ベビーフットを上手に使うコツは、どうしたら良いのでしょうか。

パッチテスト

ベビーフットの商品の中には、小さなパッチテストが付属で入っています。 このパッチテストには、安全に使用してもらえるように、パッチテスト用のジェルが少し入っています。ベビーフットを使用したい2日前にパッチテストをすると、効果的です。 パッチテストの使い方は、とても簡単です。コツとしては、足の甲にジェルを10円玉程度の大きさに塗り60分放置します。その後、石鹸で綺麗サッパリ洗い流します。 洗い流したあとに、普段と違う様子がないかを確認します。

下準備・足湯やお風呂

ベビーフットを使用する時に、上手にかかとがツルツルになるコツの一つに、使用する前に下準備として、お風呂に入り足を温めておくコトです。お風呂に入るのは面倒だと感じる人は、足湯でも大丈夫です。 足湯の場合は、お湯に足を入れて5分、かかとが硬い人は10分ほど温めてあげると上手く角質が取れるコツになります。この後に、角質を削るとさらに効果的です。

硬い角質は削り取るコツ

アズマ商事の かかとキレイ
アズマ商事の かかとキレイ

男性と女性では、かかとの角質の硬さの差が、大きくなる場合がほとんです。 女性のかかとは、そんなに硬くなるコトがありません。硬くなっていても軽石などで軽く削ると取れる程度の角質の硬さです。 男性のかかとの角質の硬さは、個人差は大きいですが、ガチガチに硬くなり指で押しても凹むコトが無いぐらい硬い人がたくさんいます。それぐらい硬くなった角質は、ベビーフットを使っても写真のように角質が取れるコトは難しいです。 その場合は、上手く角質を取るコツとしては、ベビーフットを使う前に、軽石やかかと削りである程度取っておいてから、ベビーフットを使用すると、ローションが足に浸透するコトが可能になります。 二つ目のコツは、削り過ぎても足にローションを浸した時に、しみて痛みを感じる場合もあるので角質の様子を見ながら削りましょう。

パックをするタイミング

基本的にベビーフットを使用すると、かかとが綺麗に剥け終わるまで人によっては、3週間かかります。その間は、かかとがポロポロと剥け落ちて来るので、靴下を履くコトをしています。 足のかかとが、硬くなる理由は、乾燥と足裏への刺激が原因です。女性なら、夏にヒールを素足で履いたりすると、その刺激でかかとが硬くなります。 かかとの角質ケアをするタイミングのコツは、女性の場合、夏に向けて1度と、夏が終わり冬が始まる前に1度するコトがタイミングです。

ルームソックスを履く

ベビーフットを使用する方法は、アルミパックの中には、足型のビニール袋が2枚入っています。この足型ビニールの中にはジェルが入っているので、使う時にハサミで切ってから足を入れます。 この時のコツは、足を入れたら、付属のシールを貼って足にビニールを密着させ固定しましょう。 このジェルが足に浸透するためのコツとして、足型ビニールの上から、モコモコなどの少しゆったりとしたルームソックスを履いて固定してあげると、より効果的です。

外から揉んでジェルを浸透させるコツ

ベビーフットのジェルを、より浸透させるコツは、足型のビニールを足首に隙間なく密着させて止めてから、足をモミモミとしましょう。 そうすると、皮膚にジェルを擦り込む効果が上がり、より浸透して行きます。そうすると、早くかかとがポロポロと剥がれて来てくれるので、ツルツルになるのも早くなります。

アクセスランキング