IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療機器メーカーの志望動機|書き方/例文(営業/事務/技術)

プログラミング

医療機器メーカーに就職を希望する方へ参考になる志望動機の書き方とポイントを例文を交えてご紹介します。医療機器メーカーの営業・事務・技術など職種別の志望動機のポイントも合わせてご紹介します。これから医療機器メーカーを希望するかたは参考にしてください。

更新日時:

就職活動においての志望動機の重要性

就職活動をする上で大切なものが志望動機です。志望動機を魅力あるモノに作りこみ、練り上げていくことで履歴書・職務経歴書や面接などでも自分自身をライバルよりもアピールすることが出来ます。就職戦線においては志望動機を作るさいに重要なことは ・絶対に嘘を書かない ・志望動機内容はダラダラと書かない ・実際の医療機器メーカー(自分が就職したい業種)の仕事がどんなものか理解しておく。 この三つは医療機器メーカーへの就職を志望するだけでなく就職活動をするすべてのケースに当てはめることが出来ます。特に「実際に自分が就職したい業界のことを知っておく」というのは文面で志望動機を書く履歴書や職務経歴書はもちろん、実際の企業で働いている人事と面接で顔を合わせた時に有効に作用してきます。

嘘を書くのはやめましょう

また志望動機に「嘘を書かない」というのは当たり前のことですが、しかし人間は少しでも自分をよく見せたい、と思う生き物です。多くのライバルがいる中で少しでも先に行きたい、というあせりから「話しを盛る」ということをしてしまいがちですが、それは人事側からすれば「嘘」ととられかねません。人事採用は年に何十人、場合によっては何百人の就職希望者の履歴書を選別し、面接しています。人間・人柄を視るエキスパートであるのが人事ですので大切な就職活動で嘘がばれてしまうような人物は採用の望みは薄くなります。 先にも紹介しましたが、実際の仕事がどんなものか理解しておく、というのは就職を希望する企業のことを調べるのは志望動機の内容の厚みにも関わってきます。自分が働きたい環境がどのようなものなのかよく理解しておきましょう。

知っておきたい医療機器メーカーとはなにか

医療機器メーカーと聞くとなんとなく医療に使う機会を扱う仕事というイメージがありがますが、実際の医療機器メーカーの仕事は注射器や包帯などの消耗品、ペースメーカー、電子体温計、放射線機器なあらゆる製品を販売・開発を行っている企業のことです。 日本の医療はこれら医療機器メーカーの高度で品質の良い製品にささえられており、医療業界の縁の下の力持ちのような役割を医療機器メーカーは担っています。 医療機器メーカーでは営業職はもちろん、医療機器を開発する技術の分野でも人材の確保に力を入れています。医療機器メーカーのどの職種を目指すのかによっても分野別の違いがあります。

国内医療機器メーカー

・オリンパス ・富士フイルムホールディングス ・東芝メディカルシステムズ ・ニプロ ・テルモ ・日立メディコ ・シスメックス ・日本光電工業 ・フクダ電子 ・島津製作所 ・オムロンヘルスケア 東証一部上場企業を含んだいづれも名前を耳にしたことがある企業ばかりです。それぞれの特色としてはオムロンヘルスケアは血圧計のシェアでトップに、フクダ電子呼吸器や循環器系に強い電子機器メーカーとなっています。

医療機器メーカーの平均年収

職業情報サイト「Career Garden」によると医療機器メーカーの社員の平均年収は550~650万円となっています。日本国内の平均年収がだいたい440万円前後ですから平均よりも高い水準となっています。

医療機器メーカーの志望動機で見られるポイント1

医療機器メーカーを希望するうえで志望動機のポイントとしては「なぜ医療機器メーカーに就職したいのか」という具体的な内容がポイントとなってきます。志望動機でよくありがちな「人の役に立ちたいから」「医療の仕事に関わりたい」といった抽象的なものでは数多いるライバルたちに埋もれてしまう志望動機となってしまいます。 医療機器メーカーは一つの製品の向上で多くの患者さんの生命を救うことが出来る非常にやりがいのある仕事です。志望動機にもやはり「人の命を救いたい」といった志の高いものが多いのですが、反面そういった志望動機は毎年多くの就職希望者が志望動機の口上として使用しているものでもあります。 「人の命を救いたい」仕事がしたいのならば直接の医療現場である看護や医学の道になぜ進まないのか?なぜあえて後方支援の医療機器メーカーに就職を希望しているのか、そういったある種の皮肉や難癖のような意地悪な問いにも受け答えできるような具体的な志望動機でなくては人事採用の目に留まることはできません。 なぜ医療機器メーカーで働きたいのか、あなたの明確な目標や熱意、説得力のある志望動機を作ることが採用のポイントとなります

医療機器メーカーの志望動機で見られるポイント2

医療機器メーカーへの就職を希望する場合、先にも書きましたが履歴書などの書面で志望動機を書く際は志望動機欄に空白が無くなるほどびっしりと書き込む、ということはあまりおすすめしません。一般的な書類や書面でもあることですが漢字を多用し文字がギュウギュウに詰まっている文章は読みづらく目が滑りがちになってしまいます。せっかくの志望動機ですから文章なども不必要な接続詞や不要な文脈などを削りすっきりと読みやすいものにしましょう。 その際、文章の段落や体裁をできる限り整えましょう。人事採用のなかには履歴書や職務経歴書で就職希望者に基本的な書類作成能力や文章能力が備わっているかを確認する人も存在します。ライバルに負けない渾身の履歴書を作りましょう。

医療機器メーカーへ出す履歴書の志望動機

医療機器メーカーへ出す履歴書の志望動機ですがなるべく人事採用に「このことを面接で聴いてみたい」と思わせるようなものにするのをおすすめします。就職活動において書類選考は玉石混合の戦いですがその中でも次のステップである面接につなげられる布石を履歴書の志望動機欄に潜ませておくと面接段階で有利となります。

医療機器メーカーへ就職するための面接の志望動機

履歴書やエントリーシートなどの書類選考を経て面接選考に進んだかたはすでに人事に基本的な志望動機を内容を見られていますので志望動機の中身は面接に進んだ段階で履歴書の内容をさらに発展させたものにしましょう、仮に面接時に履歴書に書いた志望動機そのままを言ってしまうと採用人事に「丸暗記してきただけ」という印象を持たれてしまいます。 履歴書の志望動機の内容をさらに広げるか、もしくは最初から履歴書の志望動機内容を少し抑えて書くと面接の際、志望動機をそのまま丸暗記しているだけ、という印象を持たれる事態は避けられます。

医療機器メーカーの志望動機例文

医療機器業界の志望動機例文1

「人々の健康向上に貢献する」という御社の理念や、ビジョンとして掲げているものに共感しました。また、世界随一の売上を誇るトータルヘルスカンパニーでありながらも、分社分権化というコンセプトのもと、一つ一つの単位を小さくすることで一人ひとりの担う仕事の裁量や責任を大きくし、個人のスキルを上げていく御社のスタイル・理念に大きな魅力を感じ志望しました。

医療機器業界の志望動機例文2

人の役に立ちたいという強い気持ちを持って就職活動を行っていて、そのなかで医療機器業界に興味を持ちました。 たくさんの医療機器業界の中で、私が御社を志望する理由は大きく3つです。 その一、製品の研究開発から生産・販売までが一貫している体制。 その二、医療業界全体の効率化や感染症・医療事故防止への取り組み。 その三、患者様第一主義という経営ビジョン・コンセプト。 御社では、上記3つの魅力があり、独自の技術力の高さと医療業界に対する大きな責任を背負っている事を感じます。 医療業界における無駄を排除し、効率を上げる事で患者様の負担を削減につながります。このような患者様第一主義という御社の経営ビジョンのもとで、私の思い出ある「人の役に立ちたい」という思いを仕事に生かせるのではないかと思い、志望しました。

医療機器業界の志望動機例文3

地域密着型医療情報連携システム、という御社独自の医療システムに興味があります。医療業界でイノベーションとなった「医療」と「システム」という2つの分野の並列。その概念がこれからの社会で、重要な要素を占めるという考えに共感し、将来的には消防署や官公庁などとも連携したシステムで、緊急時でも的確な搬送が行えるシステムを実現させたいと考え、志望しました。

医療機器メーカーの職種別の志望動機のポイント

医療機器メーカーの志望動機ポイント・営業職

医療機器メーカーだけでなくすべての会社企業に通じることですが営業職は会社の顔です。ましてや医療機器メーカーは人の命を預かる医師・看護師を支える大切な道具・機材を提供する会社ですからそれを販売提案する医療機器メーカーの営業にも製品同様の誠実さと商品知識が求められます。ですので営業職を志望する場合は自分がこれまでどのようにして人間関係を築き、問題を解決してきたのかをアピールしましょう。 また、医療業界と一緒に新しい技術に日々成長していくのが医療機器メーカーの役割です。トレンドのとらえ方、情報発信のやり方や伝え方を自分が希望する医療機器メーカーを調べ理解することでアピールしましょう。販売というお客様と密に接する職種だからこ求められる専門的知識なども必要であり、ノルマなどの達成なども課せられる医療機器メーカーの営業は他業種の営業と比べても過酷な仕事となっています。

医療機器メーカーの志望動機ポイント・事務

医療機器メーカーの事務職を希望する場合、なぜ医療機器メーカーの事務が良いのか、ということを志望動機に盛り込みましょう。事務職は様々な業種に必要な職種な分、専門的な分野となると志望動機が弱くなってしまう人がいます。事務職を選びながらも医療機器メーカーに興味を持った、医療機器メーカーで事務をやってみたいと思った興味や関心、熱意をアピールしましょう。

医療機器メーカーの志望動機ポイント・技術

医療機器メーカーの花形でもあるのが技術開発です。主に理工学系列出身者に有利な職種です。医療機器メーカーは国内だけでなく外資も有能な企業が揃っています。医療の世界はグローバルスタンダードですので海外勢が開発した商品もやはり強力なライバルとなってきます。 特にヘッドハンティングなどで外資は能力の高い人材を集めています、日本の医療機器市場は安定しながら成長をしている稀有で魅力的な市場なのでより品質の高い製品が集まってきます。そうしたライバル企業に勝つためにも、就活生は大学や大学院などで研究を学んだ経験や培った能力を医用機器の分野で活かすことをアピールしましょう。

医療機器メーカーで働こう

医療機器メーカーは医療業界の分野でも雇用が安定している業界です。また、医師や看護師など現場で必要な専門的な勉強を長年しなくても携われることから一般職からの転職も可能な業種であり、就労に安定雇用を求める人には人気の業界となっています。 反面、やはり就職をすると専門的知識も問われるので営業も技術職も常に勉強が必要となってきます。医療機器メーカーで活躍したい人は視野を広くし、フットワーク軽く様々なアンテナを広げる準備をしておくと後々の仕事にも活かせることが出来ます。 人の命を預かる医師や看護師を支え、時には生命そのものを預かる医療機器メーカーの仕事に何よりも大切なことはやる気と熱意です。ぜひ医療機器メーカーを最初に目指そうと思った志を志望動機に活かして就職活動を行ってください。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

中でも「リクルートエージェント」は相談も無料で、転職活動し始めた人が、まず最初に相談しています。 企業の生の情報を知りたい方は、相談してみるのをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング