IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

指パッチンのやり方・大きな音を鳴らすコツ4つ・音階の作り方

更新日:2020年05月12日

言葉・雑学・歴史

「指パッチン」を上手くやるコツやポイントは、どのようなものなのでしょうか。このページでは、「指パッチンのコツ」をテーマにして、基本的なコツやポイント、やり方などをまとめています。また、より大きな音や音階を出すにはどうすれば良いのかについても考察しています。

指パッチンとは

ドラマやアニメ、マンガなどでは、ひらめいたり理解したりした際のリアクションとして、指をこすって「パチンッ」と鳴らす描写が度々描かれます。指を鳴らすことを「指パッチン」と呼びます。 しかし、「指パッチン」を上手く鳴らすことができない人も多いです。「指パッチン」を鳴らすには、コツがあります。指パッチンのコツやポイントについてご紹介していきます。

指パッチンの音が鳴る原理

「指パッチン」で音が出るのはどのような原理になっているのでしょうか。「指パッチン」は関節のポキポキとした音にも似ていますが、関節の音などではなく中指と親指に打ち当てる際の空気を弾く音となっています。 そのため、無理に関節を鳴らそうとしても、大きな音を出すことはできません。「指パッチン」で大きな音を出すには、空気を弾く音を大きくする必要があります。

指パッチンのやり方

「指パッチン」のやり方としては、親指と中指の腹をこすって、中指と薬指をてのひらの親指の付け根部分にぶつけることで音がでます。「指パッチン」の動画を見て、実際の動作を観察するのも良いでしょう。 「指パッチン」を上手く鳴らす方法やコツなどをご紹介していきます。「指パッチン」を上手く鳴らすことができないという方は、まずは基本的な「指パッチン」のコツを学びましょう。

指パッチンの手順

「指パッチン」の動作は早い動作ですので、どのような手順で行われているのか疑問に感じる人も多いです。「指パッチン」はどのような手順で行われているのでしょうか。 「指パッチン」の手順としては、まず中指を少し曲げて、親指を中指の第1関節の上あたりに置き、親指と中指をこすり、中指を振り下ろします。 親指を中指の第1関節の上あたりに置いた後は、薬指を親指の付け根あたりに付けるとより音が出やすくなります。

1「中指を少し曲げる」

「指パッチン」で音を出す際の基本の形として、中指は伸ばしておくのではなく、軽く曲げる程度の角度が良いと言われています。 中指を少し曲げる形は、大きな音を鳴らしたい場合にも共通することとなっています。そのため、「指パッチン」をする場合は、まずは中指を軽い角度で曲げることからスタートするようにしましょう。

2「親指を中指の第1関節の上あたりに置く」

「指パッチン」を行う際には、中指だけでなく親指の位置も重要です。「指パッチン」をする際の親指の位置は、中指の第1関節の上あたりに置くと良いと言われています。 親指の位置は、中指の位置によっても変わることがあります。大きな音の「指パッチン」を鳴らすには、中指を正しい位置や角度で準備した上で、親指を中指の第1関節付近に付ける形にすることが大切だと言えるでしょう。

3「薬指を親指の付け根あたりに付ける」

親指と中指をこすりつける際の空気の振動により、音が出る「指パッチン」ですが、親指とこすりつけて振り下ろした中指や薬指は、親指の付け根の方向に向かわせると、より大きな音が出やすいと言われています。 そのため、「指パッチン」をし終わった際の中指や薬指の位置は、親指の付け根付近にあるよう意識するのも、「指パッチン」で大きな音を鳴らすコツだと言えるでしょう。

初回公開日:2017年12月02日

記載されている内容は2017年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング