IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ソリッド」の意味と使い方7例|英語の例・言いかえ|反対語

初回公開日:2017年11月15日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年11月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「ソリッド」という言葉は耳にしたことがあるでしょうか。日本語の中でも「ソリッド」とそのまま使われる場合があります。今一度意味を確認しましょう。その他にも、英語では「solid」がどういう意味で使われているか、たくさんご紹介しています。

「ソリッド」とは

「ソリッド」という言葉を皆さんはご存じですか。聞いたことがあるようなないような、そのような程度ではないでしょうか。日本人には、まだあまり馴染みのない言葉ですが、日本語の中では「ソリッド○○」や「ソリッドな○○」というように、「ソリッド」という言葉はそのまま使われていることが多いです。 実は、多くの意味を持つ「ソリッド」という言葉。今日は「ソリッド」が持つ意味や使い方を見ていきましょう。

「ソリッド」の意味

「ソリッド」には多くの意味があります。 1.固体。もしくは固体状。 2.堅固なさま。硬質であるさま。また、うつろでなく中まで密であるさま。 3.堅実なこと。 4.途中で途切れがない様子 5.(金属などが)一種類で構成されている 6.(物質などが)良質であるさま 7.しっかりしている・頼りになる人や物 8.経済的に安定しているさま 9.(意見が)一致した、全会一致の ソリッドな○○など、使い方によってさまざまな意味に変わります。

[名・形動] 1 固体。また、固体状であるさま。「ソリッドにした整髪料」 2 堅固なさま。硬質であるさま。また、うつろでなく中まで密であるさま。「シンセサイザーを多用したソリッドなサウンド」「プラスチックのソリッドモデル」

「ソリッド」のスペル

それでは、「ソリッド」の英語のスペルを見てみましょう。「ソリッド」は英語で「Solid」となります。音節はsol・idで2節です。複数形はSolidsとなります。

英語での意味は?

「ソリッド」の英語での意味は、先ほど述べたものとほとんど同じです。それら以外に、「色が同一の。無地のもの。」「確かな。信頼できる。」「(時間が)絶え間なく。まるまる。」「全会一致の。」など多くの意味を持っています。使い方によって意味が変わっていくので、英文の中に「Solid」という単語を見つけたら、文章全体の意味を考えながら訳してみるといいでしょう。

「ソリッド」の使い方

ここまで説明したとおり、「ソリッド」には多くの意味があることが分かりました。また、使い方によって意味やニュアンスも少し変わってきます。ここからは、「ソリッド○○」や「ソリッドな○○」など、特によく使われる言葉を紹介しながら、「ソリッド」の意味をひも解いていきましょう。

例1:ソリッド感

ここでは、「ソリッド感」について説明します。ここまでは「ソリッド」の意味は、「堅実な」や「硬質な」など、固さやしっかりしたという意味を持つイメージがありました。ただし、ファッションやデザインについて「ソリッド感」を使用する際には、「ソリッド=斬新な」という意味を持ってきます。 使い方は、「この車にはソリッド感が足りない」「今回の商品にはソリッド感がない」などです。

例2:ソリッドカメラ

「ソリッドカメラ(Solid Camera)」とは「ソリッド株式会社」が販売しているIPネットワークカメラのシリーズのことです。 家の中や外に設置し、いつでもどこでも簡単に視聴ができる特徴を持つIPカメラです。防犯や監視にとらわれない見守り介護や業務改善といった新しいシーンでも活躍しているカメラです。外出先から家の中をチェックできるので便利です。

例3:ソリッド音楽

関連タグ

アクセスランキング