IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「させてください」の意味と使い方・敬語・文法・ビジネスで

敬語

「させてください」は何かをしたいことを表す時に使用しますが、相手の許可を求める意味合いが含まれるため、使用時には注意が必要です。「させてください」の意味・「させていただく」との違い・「させていただく」の使い方などを解説します。

更新日時:

「させてください」の意味と使い方とは!

「させてください」という言葉は敬語を用いる状況でも使用されますが、どのような意味を持つ言葉かご存知ですか。「させてください」には「実行したい意思」が込められていますが、実行するために、自分の意思だけでなく相手の許可も必要な時に「させてください」と言います。 少し難しい意味合いがあるため「させてください」の使い時が明確になるように、意味と使い方をご紹介します。

意味

「させてください」は、簡易的に言うと「それをしてもいいですか?」の意味です。「させてください」=「それをする」という意味合いではなくて、「それをするためにはあなたの許可が必要です」といった意味合いが「させてください」にはあります。

使い方

「させてください」は「それを実行するために、相手に許可を求めている」言葉です。すなわち「させてください」は、自分の意思だけではなく、相手の許可も必要になる状況で使用します。「それをする」時は「させていただきます」であり、この言葉は「実行することが決定」しているため相手の許可は不要です。 たとえば「させてください」と言って、相手の許可の可否を聞かないまま実行に移すのは無礼なことになります。「事前に練習しますか?」と聞かれた時に「させてください」は間違った使い方で、この会話だと相手が「事前練習をするのか?」という実行の可否を問う内容に対して「実行を許可してくれる?」と同じく実行の可否を問う内容を返していることになります。 問いの内容と同じ内容を返すことは会話上おかしなことになるため、この会話では「事前に練習しますか?」「させていただきます」でOKです。「させてください」の使い時は相手が事前練習の可否を問いかけてこない、または問いかける前です。その時は「事前練習させてください」「良いですよ」といった会話の流れになります。

「ください」の印象について

「ください」の印象について

「ください」は基本的に命令形の口調として用いられる言葉です。特に「〜してください」は命令形で、聞いた側としても「命令されているようで不快」と言う意見もあります。そのため「ください」を目上の方へ使う時には注意が必要ですが、「させてください」ではそういった印象を持たれることはあまりないとされます。

意思を伝える言葉?

「させてください」は許可を求める言葉なので、「それをしたい」という意思が込められています。「させてください」は「することへの許可を貰いたい」といった意味があるため「それをしたいと思ったけど、実行するには相手の許可が必要」という時に「させてください」を用います。 「○○させてください。お願いします。」と心を込めて言うことで、相手に「それをしたい」という意思が伝わりやすくなるでしょう。低姿勢ながらもしっかりと意思を伝える言葉として、口調・声色・姿勢も大事にすると「それをしたい」ことへの真面目さ・情熱・必死さなどが相手にちゃんと伝わります。

「させていただく」との違いおよび使い分け

意思を伝える言葉としては、「させてください」の他に「させていただく」もあります。「いただく」は「貰う」の謙譲語ですので、「させていただきます」は「させてもらいますよ」という意味合いになります。すなわち、相手の許可を要さず、すでに「する」ことが決まっている状態です。 「させてください」は「する(行うこと)」に対する許可を相手に求める言葉であり、「させていただく」および「させていただきます」は「する(行うこと)」の実行を伝える言葉になります。相手の許可を得て実行すべきなのか、すでに実行することが決まっていることを伝えるのか、各状況に合わせて「させてください」と「させていただく」を使い分けましょう。

「させてください」は正しい敬語?

まず「させてください」は敬語なのか、という話からお伝えします。「させて」は「させる」が変化した言葉で、「させていただく」や「させてもらう」という使い方をすることで「敬意を込めて、行動に対する相手の許可を求める」意味になります。「ください」は要求および命令形の「くれ」を尊敬語にした言葉なので、「させてください」は尊敬語として扱われます。 「自分が相手の許可を求める」時には相手を上にする尊敬語ではなく、自分を下にする謙譲語を用いる方が正しいとも考えられますが、「させてください」は「相手からの許可を求める」=「相手が許可の可否を考える」ことなので「させてください」を尊敬語として使用しても問題ありません。そのことから、「させてください」は正しい敬語と言えます。

「させてください」の各使い方!文法上正しい?

「させてください」は、さまざな言葉を付け足して使用することができます。各表現の意味を踏まえながら、文法上問題ないのかについてをご紹介します。

させてくださいませ

「ください」は「くださいませ」を省略した言葉と言われているので、「させてください」と同義と考えても良いでしょう。「させてくださいませんか」という言い方にする方が言葉の並びは整いますが、基本的に「させてください」だけでも問題ありません。

どうかさせてください

「どうか」にはいろんな意味がありますが、ここで使用する「どうか」には「心から丁寧に頼み込む」意味を持ちます。「許可を求める」ことを表す「させてください」にも「ください」による尊敬語の要素や「させて」の敬意が含まれていますが、敬意の伝わり具合としては足りない気もします。 そこで、心から丁寧に頼み込むという「敬意を含む熱心なお願い」の姿勢を示す「どうか」を「させてください」に付け足すことで、「それをしたい」気持ちがしっかりと伝わるようになります。また「ください」には命令形の意味合いもあるため、頼み込む意味の「どうか」を付けると意思の伝わり具合がとても強くなります。

是非させてください

「是非」にもさまざな意味が存在しますが、「させてください」に付け足す時には「心を込めて強く願う」の意味があります。「させてください」に対する「許可が欲しい」という思いが強く込められる言葉遣いになりますが、「どうか」と比べると丁寧さには欠けます。 「是非」は「心から強く願う」という精神的な意思を伝える意味合いが強くなり、「どうか」は「頼み込む」なので精神的な意思に加えて「見たからに分かる必死さ」がある印象になります。また「どうか」では「丁寧さ」を込めることができますが、「是非」には丁寧さおよび敬意を強める意味はありません。

ビジネスシーンではどう使う?

ビジネスシーンでは「させてください」を用います。「させてくださいませ」でも言葉遣いとしては問題はありませんが、相手側の聞き受けとしては「させてください」で止めておいた方が言葉のまとまりが良くなります。 実行するために相手の許可を求める状況で使用する言葉なので、許可を求めなくても良い場合は「させてください」ではなく「させていただく」を用いましょう。また「させてください」は尊敬語なので、基本的には目上の方に対して使用します。同等や目下に対しては、「しても良いですか」などの言葉遣いになります。

「させてください」の意味合いを理解して正しく使おう!

「させてください」と意味合いが混合されやすいのは「させていただく」ですが「させてください」は「実行するために相手からの許可を求める」、「いただく」は「実行します」の意味合いを持ちます。 「させていただく」と違って「させてください」は「相手の許可を要することを行う前に許可を求める」状況で使用する言葉なので、「させていただく」との使い分けを意識しながら、正しく使用しましょう。また、意思を強く伝えたい時には「どうか」や「ぜひ」も状況に応じて用いると良いです。

関連タグ

アクセスランキング